佐渡島の春日崎で見る夕日は息をのむほどの絶景だった!

お出かけ

夕日の沈んでいく様子って、ずっと見ていられますよね!ぼーっと眺めているだけで、心が洗われるような気もします。

新潟県の佐渡島にも、そんな夕日が見られる絶景スポットがあるのはご存知ですか?この記事では、わたしのおすすめする、佐渡島の絶景夕日スポットのうちのひとつ「春日崎」のことを、写真を交えながらご紹介します☆

スポンサーリンク

春日崎ってどんなところ?

春日崎からは、海に沈む夕日の他にも、有名な佐渡金山の「道遊の割戸」や相川の町並みを見ることができます。

佐渡島の春日崎の風景

また、春日崎には石灯籠が設置されているのですが、なんとこの石灯籠、江戸時代からあるんです!

佐渡島の春日崎の石灯籠

今は使われていませんが、当時は暗くなると火を灯し、海を渡る船の安全を守っていたそうです。そんな昔から、佐渡の海を見守ってきたのですね!

春日崎へのアクセス

春日崎
〒952-1583
新潟県佐渡市相川鹿伏

車でのアクセス

両津港より車で約40分ほどで到着します。駐車場は乗用車5台分あり、駐車料金は無料です!

バスでのアクセス

最寄りのバス停は「春日崎」です。バス停を降りたら、すぐ目の前なので、迷うことはありませんよ~!近くに公衆トイレもありますので、急にお手洗いに行きたくなった時も安心です。

春日崎の夕日写真

わたしが撮ってきた写真を載せますね!「春日崎ではこんな写真が撮れるんだ~!」と思いながら見てくれると嬉しいです☆

石灯籠と夕日のコラボレーション

佐渡島の春日崎の石灯籠と夕日

今はもう使われていない石灯籠に夕日を灯した1枚。

佐渡島の春日崎の石灯籠と夕日

タイミングや写真を撮る角度を合わせると、こんな感じで、石灯籠と夕日をコラボレーションさせて写真を撮ることができますよ☆

まさにインスタ映え!?

佐渡島の春日崎の夕日

佐渡島の春日崎の夕日

佐渡島の春日崎の夕日

手で作ったハートの中に夕日を入れてみたり、遠近法を使って夕日を持っているように撮ったりすると、こんな風におもしろい写真を撮ることができるんですよ~!インスタ映えを狙った写真も撮れちゃいます☆

こちらもオススメ♪

ぜ~んぶ体験談!きっとお出かけしたくなる、神社仏閣・観光スポット情報まとめ
お出かけするなら、事前にその場所の雰囲気や情報を仕入れておきたいですよね。このページでは、そんな観光スポットの情報ばかりを集めてみました。ガイドブックから抜き出したものではなく、すべて生の体験談ですので、きっとお役に立てていただけると思います。

春日崎周辺。温泉に入れるホテル情報

夕日を見終わったあと、そのまま帰るなんてもったいない!春日崎のすぐそばには「ホテル大佐渡」という温泉のあるホテルがあります。

ここの温泉は日帰り入浴できるんですよ~!帰る前に温泉に入って、まったりするのはいかがですか?

大浴場(春日の湯)の窓からは、先ほどまで見ていた春日崎の海を眺めることができます!温泉にゆっくり浸かりながら見る景色も、また良い思い出になるのではないでしょうか?

また、温泉に浸かりながら、沈んでいく夕日を見るという楽しみ方もできるので、別日にもう一度来るっていうのも良いですよね。

ホテル大佐渡
〒952-1583
新潟県佐渡市相川鹿伏288−2

日帰り入浴の場合の入浴時間:15:00~21:00料金:大人756円 子ども378円

「せっかく行ったのに休みだった!」なんてことがないように、事前に問い合わせてから行くのがおすすめです。

合わせて読みたい

佐渡島の大野亀のトビシマカンゾウに癒されてきました!
トビシマカンゾウという花を知っていますか?この花は国内で2箇所しか見ることができないレアな花なんですが、その内の1箇所が新潟県の佐渡島にあります。実際に、私が見てきましたのでトビシマカンゾウや観光の見どころスポットの写真を交えながらご紹介します。初めて行く人でも安心できるように、アクセス方法もお話しますね。

まとめ

夕日が沈んでいく様子を眺めるのもよし、写真を撮るのもよし!な春日崎の夕日。ぜひ、見に行ってみてくださいね☆

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました