引越しの挨拶で困らない!相手が喜ぶ手土産ベスト3

マナー

引越しの準備っていろいろと大変ですよね。荷造り屋や片づけ、掃除の他にいろいろな手続きなどなど。

そういえば引越しの挨拶はどんなものをあげたらいいのか、マナーってあるのかな、と思っているあなた。第一印象ってとても大事です!これから長いお付き合いになるかもしれないご近所さんともうまくやっていきたいですよね。

ここでは引越しでご近所の方に挨拶するときにおすすめの手土産とマナーをを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

引越しの挨拶にぴったりな手土産ベスト3

引越しの挨拶の手土産はせっかくなら相手に喜んでもらえる物の方がいいですよね。ポイントは、かさばらない、使える、ちょっとしたもの。

そして相場は大体500円~1000円くらいにしましょう。もらった人が気を使わなくてもいいくらいの値段で選ぶといいです。

それではおすすめの手土産を順番にご紹介します。

1位 … タオル

実際に私がもらったことがあるのはやっぱりタオルが多いです。タオルは何枚あっても困らないですからね。

2位 … キッチン用品

ラップ、スポンジ、洗剤、保存袋などのキッチン用品がセットになったものもおすすめです。

必ず使うものですし、消耗品なのでもらったら助かりますよね。主婦の方には特に喜ばれるんじゃないでしょうか。

3位 … 菓子折り

クッキーやおかきなど個包装になっていて日持ちするものがいいです。時間が合わなくて手土産をすぐに渡せるとは限らないですからね。

これらはデパートやインターネットのショッピングサイトなどで注文できるので、まとめてギフトとして購入しましょう。

包装ものしも全部出来上がってから手元に来るので間違いありません。

そして購入する数は何軒分必要か?一軒家の場合、昔から「向こう三軒両隣」という言葉があります。

お向かいさんの並び3軒と自宅の左右お隣2軒ということになります。また、裏にも家がある場合はそちらにも挨拶したほうがいいですよ。

アパート、マンションの場合は上下左右が基本です。管理する人が常駐している所は挨拶しておいた方がいいです。

ちなみに私は、ラップや保存袋などが入ったキッチンセットをインターネットで注文しました。もしもの時のために少し多めに用意しておくと安心ですよ。

手土産の渡し方マナーって?のし紙や紙袋は必要?

なるべく引越しした当日に挨拶に行きましょう。でも朝の早い時間や夕食時で忙しい時間帯は避けた方がいいです。

一般的には午前10時~午後5時くらいがベストと言われています。あんまり時間が遅くなってしまったときは次の日でも構いません。

のしは必ずつけてもらいましょう。紅白の蝶結びの、のしの上段に「ご挨拶」といれ、下段に自分の名字をいれて外のしにします。

名字は入れたほうが早く名前を覚えてもらえることにもなるのでいいですよ。

本当は直接会って渡すのがベストなんですが、相手の人が留守にしがちでなかなか顔を合わすことができない場合もありますよね。

スポンサーリンク

渡すものが飲食物でなければ玄関先に掛けられるように取っ手のついた袋に入れておくと便利です。またポストに入るものなら入れておくこともできます。どちらの場合も一言手紙を添えておくといいですね。

直接手渡しするときはあらかじめ紙袋から出したものを渡すようにしましょう。

まとめ

これからご近所さんとの関係をスムーズにしていくためには、最初の挨拶がとても大事です。ぜひこの記事でご紹介したおすすめの手土産やマナーなどを参考にして、活用してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク