おせちの食材の意味!昔からの伝統を知ってデキた奥さんになる!

イベント・行事

もう~いーくつねーるーと~おーしょーうーがーつ~!クリスマスを過ぎるとあっという間にお正月がやってきますね。
子供にとってはプレゼントにお年玉と楽しいことの連続ですが、大人になってからは何かと忙しくて出費も続くし、ちょっと面倒な時期でもあります。

そんななか、1年のうちで家族みんなで過ごす数少ない貴重な時間でもあるお正月。毎年おせち料理を囲む家庭も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、ちょっとした話題をご提供。「おせち料理の食材の意味」についてお伝えしたいと思います。
たくさんの食材には、それぞれ意味があって作られているんですよ!「そうだったのか!」と会話も楽しみながら、おせち料理をお楽しみください。

スポンサーリンク

おせちの重箱に詰められた定番の食材にはどんな意味がある?

海老や栗きんとん、紅白なますに伊達巻。全部思い出せないくらいたくさんの食材が詰まっていますよね!わざわざ数多くの食材を揃えて食べるのには、意味があることは知られていると思います。

でもその意味まではあまり聞いたことはないですよね?

おせち料理に使われている食材は、その名前や形に由来して選ばれています。地域によっても使う食材が若干変わるので、代表的なものをピックアップしてその意味をまとめました。

黒豆

「まめ」に働けるように、健康に暮らせますように、という願いをこめて。黒い色が魔除けの役目にもなっています。

数の子

ぎゅうぎゅうに詰まった卵のように、たくさんの子孫に恵まれますようにとの意味がこめられています。ちなみに、数の子はニシンの卵です。

田作り

五穀豊穣をお祈りする意味があります。これは昔、小魚を肥料として畑にまいていたことからきています。

かまぼこ

半円形の日の出をイメージする形から、おめでたい食材とされています。紅白用意されているのでよりおめでたいですね。

伊達巻

ぐるぐると巻かれた形が巻物に似ていることから、知識が増えるようにとの願いが込められています。

栗きんとん

目に鮮やかな黄金色の縁起物です。「勝ち栗」という言葉があり、日本中どこでもとれて縁起の良い食べ物とされています。

昆布巻き

ダジャレみたいですが、よろこんぶ、よろこぶ、と語呂が似ていて縁起が良い食材です。

海老

お年寄りのように腰が曲がっている姿から、長生きできるようにという意味があります。

紅白なます

ご祝儀袋に付いている水引をイメージした一品です。人参の紅と大根の白でおめでたい色を表現しています。

おせちの食材の意味が出来たのはどんな理由があるのか?

おせち料理はもともと、季節の節目に豊作を感謝して神様に御供えしていた食べ物で、古くは弥生時代までさかのぼります。
その後、神様への感謝のお祭りが宮中行事として行われるようになり、おせち料理はそこで用意される高級料理になりました。

再び庶民になじみ深い食べ物になり、ひとつひとつの食材に意味が込められるようになったのは江戸時代後期。この頃から新年を祝うために食べられるようになりました。

年末は大掃除などとても忙しいので、お正月はゆっくり過ごせるようにと重箱にたくさんのお料理が詰められるようになりました。

保存がきくお料理がほとんどのため、三が日は食事の準備のために女性が台所に立たずにゆっくりできるようにという目的もあるのですが…。
大量の仕込みが必要になるので、大晦日の夜ギリギリまで台所でせっせとお料理をするお母さん、そんな姿が昔は見られましたね。

スポンサーリンク

 

幸い最近では自分たちでおせち料理を作るよりも、お正月は豪華にいこうと立派なおせち料理の販売が多く目立ってきました。和食に限らず、洋食や中華料理を取り入れたものもあって、カタログを見るとよだれがとまらなくなってしまいます。

どのパターンでも、おせち料理の由来を引き継いだり、おめでたい食材を使う工夫がされていたりして、注文せずともそんなところに注目してみるのも面白いですよ!

まとめ

おせち料理の意味を知って、昔の人がそれぞれ願いを込めて生み出された料理なんだと思うと、食べる時のありがたみも変わってきませんか?
これまでなんとなく手をつけていなかった食材も、そんな願いが叶うなら!とご利益を期待して食べてみたくなった欲深い私です。

お正月だからこそ、日本の伝統文化を学ぶ良い機会ではないでしょうか。食文化が変化しつつありますが、なくさないように伝えていけると良いですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク