おみくじを神社で結ぶ理由とは?持ち帰るのはどんな場合?

お出かけ

初詣にはもう行きましたか~?わたしはまだなので、これから急いで行ってきます(笑)

ところで、初詣に行ったら、おみくじを引きたくなりますよね!?今年最初の運試し!わたしは、大吉~中吉が出たら持って帰って、小吉~凶が出たら結んで帰るようにしています。

いつも何気なく結んでいるおみくじですが、「なんで結んで帰るのかな?」と疑問に思いませんか?

この記事では、そんな疑問をもつあなたのために、おみくじを結ぶ理由についてご紹介します☆合わせて、「おみくじの結果によっては持ち帰った方が良いのか?」ということについても、ご紹介していますので、要チェックです!

今後、もし人に聞かれた時に、さらっと答えられたらかっこいいですよね♪ぜひこの記事を読んで、あなたの知識にしちゃってください!

スポンサーリンク

おみくじは何故神社で結ぶの?その理由は意外なものだった

実は、おみくじを神社に結ぶようになったことに、明確な理由はないんです!でもいくつか、こんな理由では?と言われているものがありますので、ご紹介します。

神様と縁を結ぶため

現在はおみくじを結ぶための、みくじ掛けと呼ばれるところに結びますが、昔は木におみくじを結んでいました。

木におみくじを結ぶことで、木の神様(精霊など)との縁を結び、運気が上がる。と考えられていたんですよ~。

木の力をお借りするため

木の持つ高い生命力やパワーをお借りして、願い事が結ばれるように。という願いをこめて木におみくじを結んでいた。という説もあります!

凶や大凶などの悪い運気を持って帰らないようにするため

おみくじ自体に悪い運気が宿っているというわけではないんですが、悪い結果のおみくじを持って帰るのは、なんとなく気が引けますよね…。

なので、神様のご加護がありますようにという願いをこめて、悪い結果のおみくじは結んで帰るようになったようです。

また、神社によっては、「おみくじは結ばずに、持って帰ってください。」と指示されている場所もありますので、おみくじを引いた場所の指示に従い、マナーを守るようにしましょう!

神社で結ぶのは悪い結果だけ?種類別にまとめてみました!

良い結果の場合は持って帰り、悪い結果の場合は結んで帰る。と聞いたことはないですか?

「それって本当に正しいの?色々聞くから良く分からないなー。」なんてお悩みを解決するべく、詳しくご紹介していきますね!

良い結果の場合

大吉などの良い結果が出たら持って帰って、お守りのように大切に扱うのが良いですよ!たまに読み返して、自分が正しい方向に進めるように判断する材料にしましょう☆

悪い結果の場合

おみくじが凶や大凶などの悪い結果の場合、利き手と逆の方の手でおみくじを結ぶことで、1つ困難を乗り越えられ、凶が吉に変わると言われています。

片手で、しかも利き手と逆の方の手で結ぶなんて、すごく難しそうですよね!また、このように言われていることもあります。

良い結果、悪い結果、関係なく持ち帰る

おみくじというのは、ただ運勢を占うだけのものではなく、神様から頂くメッセージと考えられているんです。なので、良い悪いどんな結果であれ持ち帰り、たまに書いてあることを見直すようにするのが良いとされています。

スポンサーリンク

また、おみくじは大事に保管するか、お財布などに入れて持ち歩いたりして、粗末に扱うことのないように!

まとめ

おみくじを結ぶ、結ばないにしても、色々な説があるんです。最後まで読んでいただいたあなたは、「あれ?結局何が正しいの?」って思いますよね?

そう、実はおみくじを結ぶか、持って帰るかに正解はないのです!!色々な説を紹介してきましたが、この中で自分に合う、好きな方法を選ぶのが1番良いというわけです。

ぜひ、この記事を参考に、自分にとってのベストな方法を選んでみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク