喪中で年末年始を迎える家庭。初詣は行ってもいいもの?

マナー

喪中で年末年始を迎える場合、いつもの年末年始と同じように過ごしてはいけないのかな?

年賀状は出せないから、喪中はがきを出すとして。初詣は行ってもいいものなのか???いけないとしたら、お守りはどうしたらいいの?

考えだしたらキリがないですね。そんなあなたのために喪中の時の初詣についてまとめてみました。

スポンサーリンク

喪中での初詣。神社は×でお寺は○?

実は、喪中の間中、ずっと初詣ができないわけじゃないんです。家族が亡くなり、喪に服している間を忌中(きちゅう)と言いますが、その間を控えましょうということなんです。

この期間は亡くなった方との関係によって違ってきます。

  • 両親、配偶者 → 50日
  • 子、祖父母 → 30日
  • 兄弟、姉妹 → 20日

というようになっています。一番長くて50日ですね。喪中期間は1年間ですが、初詣を控えるべき期間はその中でも、忌中といわれる期間だけなんですよ。

喪中と忌中ってどうちがうの?

似ているようで意味が違います。喪中は、故人をしのび、哀悼の気持ちを表す期間で忌中は、故人の冥福を祈って、喪に服す期間なんです。

ね、似ているようで違うでしょう?

なぜいけないの?

神道では、死を「穢れ(けがれ)」とし、忌中の間に参拝すると、神社に穢れ(けがれ)を持ち込むことになってしまうんですね。

神聖な場所である鳥居をくぐることができないので、初詣の期間が忌中に重なってしまった場合は神社への立ち入りができないからなんです。

じゃあ初詣はどうしたらいいの?

喪中であっても、忌中といわれる期間を過ぎれば神社への初詣は可能です。また宗派によっては、そもそも忌中や喪中という考え方がない場合もあります。

それでも、一般的には周りに合わせておいたほうがいいですよね。

ではお寺はどうでしょう。仏教では死を穢れ(けがれ)とは考えないので、喪中や忌中といった考えもないんです。むしろ、ご先祖や故人への挨拶という点でお寺へ参拝するのはよいことだと言われているんですよ。

これが、喪中の初詣で神社はダメでお寺が良いといわれている理由なんですね。でも、よく考えたら、神社に参ってるつもりで実はお寺だったということもありますよね。

初詣で人気の成田山新勝寺や浅草寺なんかはお寺ですもんね。

喪中で初詣に行かない場合、昨年のお守り処分はどうする?

一年間のお役目を終えて、毎年初詣でお返ししているお守り。初詣にいけない場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的に神社で購入したお守りは神社に返します。キリがいいので、お正月の初詣で古いものをお返しして新しいものを授かる、というパターンになっていますが、古いお守りの返納については年中受け付けているんですよ。

ですので、忌明けしてからお返ししても大丈夫です。買った神社にお返しするのが一番いいのですが、ほかの神社でも返納できますよ。

場所がわからなければ、「古いお守りを持ってきたんですが」と神社の方に尋ねれば教えてくれるでしょう。

郵送でもいいの?

郵送で受け付けてくれるところもあります。事前に問い合わせをして確認しておきましょうね。とはいえ、忌明けすれば神社へはいけますから、持参するのがいいですね。

スポンサーリンク

お寺のものはお寺に返そう

お寺のお守りは、神社ではなくお寺にお返ししましょう。神社で仏様は納められませんからね。

まとめ

喪中の時、初詣はどうしたらいいの?っていう疑問は解消しましたか?なんとなく行ったらいけないんだろうなって思っていたけど、ダメなのは忌中の期間だけだったんですね。

でも、周りからみたら細かいことなんかわからないから「あら?喪中なのに初詣してる?」なんて言われたくないから、周りに合わせておくのが無難ですよね。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク