これならできる!エアコン洗浄スプレーの使い方をわかりやすく解説

生活全般

少しずつ肌寒くなってきましたね。これからの季節本格的に出番を迎えるエアコン。

でも何年も掃除していなかったり、つけるたびにイヤ~なニオイがしてきたりすると『この空気吸ってて平気?』『このまま使っていて体に害はないのかな?』と色々心配になってきますよね。

『でもエアコンクリーニングは高そうだし、機械の音が近所迷惑にならないかしら?』何年も掃除らしい掃除をしていなかった私もそう思っていました。

それに手続きやスケジュールを合わせるのも大変。お仕事をしていたり小さいお子様がいらっしゃるとその苦労はなおさらです。

この記事ではそんな不安を解消できる簡単な方法を紹介します!

スポンサーリンク

 エアコン洗浄スプレーを使った掃除のやり方

エアコンのプラグを抜きましょう

お掃除中はエアコンの使用はできないのでつけなくてもいい気温の時に始めましょう。換気も必要なので、寒い日に行うと風邪をひくかもしれません(笑)

エアコンのふたを開けてフィルターを外す

本格的な掃除をする人は【グリル】と呼ばれる部分を外すようですが、私が使ったスプレーは本体のカバーを開けるだけで良かったので簡単でした。

購入したスプレーによって違うかもしれないので使い方を確認してくださいね。

こまめに掃除していない場合はホコリが溜まっている事が多いので舞ったホコリを吸い込まないようゆっくり外しましょう。心配な方はマスクをつけるのがオススメです。(私も念の為マスク着用でやりました)

もし溜まっているようであれば、掃除機で吸うか水で洗い流すだけでも綺麗になるので、ついでにピカピカにしちゃいましょう!ほんの数分で終了しますよ。

スプレーで洗浄

【冷却フィン】と呼ばれるシルバーの部分がむき出しになったらOK。ここでスプレーの出番です。後はスプレー本体記載の使い方に沿って安全に洗浄スプレーを使用してください。

エアコン洗浄スプレーを使う時の大事な注意点

窓を開ける

ニオイが充満する事もそうですが、換気を行っていないと体調が悪くなる可能性があるので、窓を開けてから行いましょう。

養生シートを敷いておく

私が使用した時は問題ありませんでしたが液垂れが起きることも考えられるので、もしエアコン周辺の壁や床が汚れてしまう、濡れてしまうのが心配でしたら広げたビニール袋やレジャーシートを敷いておくと安心です。

プラグを抜いておく

スプレー中や待機中に稼働してしまうと故障や洗浄液が吹き出すこともあるかもしれないので、電源を切ってプラグもしっかり抜いておきましょう。

椅子や脚立、踏み台に注意

高いところの掃除には必要不可欠ですが、スプレー使用中は常に上を向いて作業しているのでうっかり足を踏み外したり滑らないように気をつけてください。私は危うく足を滑らせるところでした…

電装部分は要注意

パッと見ただけではよくわかりませんが、フィンの近くに電装部分があり、ここにスプレーしてしまうとエアコンが故障してしまうこともあるのだとか。

そうするとお手軽でお安く済むはずだったお掃除が逆効果になってしまい、クリーニングを頼む以上の出費になってしまうので十分チェックしてから慎重にスプレーしましょう。 

スポンサーリンク

これらのことに気をつければ短時間でエアコンが綺麗になり、出てくる空気やニオイも気にせず安心して使うことができます。私の場合はスプレー後10分放置しただけですぐに使えました。

まとめ

ドラッグストアや通販で千円以下で簡単に手に入る洗浄スプレー。

手頃な値段の物も多いですし、少しお高めのものは環境保護を考えて作られていたり、抗菌効果や消臭効果、香りが選べるものもあるようなので自分にあった用途の物を選んで冬本番に備えましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク