インフルエンザの予防接種!当日に飲酒をしても大丈夫?

最近気になること

秋も深まり空気が乾燥してくると、毎年流行るもの。な~んだ!

ピンポーン。それはインフルエンザです。
この時期必ずニュースにもなって、インフルエンザになりたくないと予防接種を受ける方も多いですよね。

「インフルエンザの予防接種当日ってどう過ごしたらいいんだったかな?」
な~んて思っていませんか。

この記事では、そんなインフルエンザの予防接種を受けようとしているあなたに、どう過ごしたらいいのかをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種の当日に飲酒はOK? 答えはズバリ・・・

インフルエンザの予防接種当日も、普段通りの生活でかまいません。飲酒も、少量ならば問題ないとされています。ですが、大量に飲むのはNG。

では少量の飲酒はよくて、なぜ大量に飲んではいけないのでしょうか?

それは

  • 血液の循環が、いつも以上に活発な状態になる
  • 飲酒することで、体に負担がかかり、免疫力が低下してしまう

という2点が主な理由です。

お酒の適量は、人によって、そして体調によっても違ってきます。体調がすぐれないと思ったときや、後で述べる副反応が体に出た場合などは、飲酒はやめておきましょう。

インフルエンザの流行するシーズンは、忘年会や新年会などお酒の席が多い季節とも重なりますよね。スケジュールを確認しながら、羽目を外してしまいそうなときには、インフルエンザの予防接種をするのは避けた方が安心ですね。

インフルエンザの予防接種当日 お酒以外に気を付けた方がいいこと

予防接種を受けた当日は、お酒以外にも気を付けた方がいい点を合わせて説明します。

当日の運動は大丈夫かな?

激しい運動は、大量のアルコール摂取と同じ理由で控えましょう。
さらに、激しい運動で体が疲れることで、頭痛や発熱、体のだるさなどが現れる場合があります。ランニングやジムなどでの運動が日課になっている場合も、接種当日は運動をお休みする方が無難です。

予防接種後のお風呂は

「インフルエンザの予防接種当日、入浴をしてはいけない」と指導されていた時代もありました。でも今はそんなことはなく、普通にお風呂に入ることができます。

ただし、以下の点には注意しておきましょう。

  • 接種部位をゴシゴシ洗うなど、刺激を与えないように注意する
  • 予防接種後、すぐの入浴は避ける
  • 長風呂は控え、お湯の温度もぬるめに

インフルエンザの予防接種後、体調がすぐれないときには入浴は控えましょう。どうしても入浴しなければならないときには、シャワーを使い短時間に済ませ、安静にしておくようにしましょう。

合わせて知りたい!インフルエンザの予防接種の副作用とは?

インフルエンザの予防接種にも、副反応はあります。副反応のほとんどは、接種後24時間以内に現れると言われています。

副反応で一番多いのは、接種した部位が赤く腫れたり、痛みやかゆみが出ること。そのほかに熱が出たり、寒気や頭痛などの症状が出る場合もあります。確率は全体の10~20パーセントとも言われていますが、2~3日のうちに治ることがほとんどです。

スポンサーリンク

しかしごくまれに、アナフィラキシーショックやじんましん、呼吸困難が現れることも。
放っておくと症状が重くなる場合もあるので、こんな症状が現れた場合はすぐに医療機関へ連絡して、医師の診察を受けるようにしてくださいね。

まとめ

インフルエンザの予防接種当日の飲酒についてや、そのほかに気を付けた方がいい点についてまとめてみました。不必要に怖がることはありませんが、普段より少し気を付けて、ゆったりと過ごした方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク