風邪でお風呂に入るときの温度の適温は?お風呂の代わりもご紹介。

からだ

昔、小さい頃は「風邪のときはお風呂には入らないですぐに寝なさい」と、よく夜に言われた記憶があります。子供の頃は具合が悪ければ病院に行くくらいしか外出はなく、体が汚くなったという感覚もほとんどありませんでした。

しかし大人になった今は風邪をひいていても、熱があっても、仕事に行かないといけない場合もありますよね。そうなると帰宅後はお風呂に入りたい!

そこで、どのくらいの温度やどんな入浴方法が適しているのかをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

風邪になった時のお風呂、入るなら適温は何度くらい?

そもそも、大人が具合の悪い時にお風呂に入らないほうが良いのは、38度以上の熱がある場合、おう吐や下痢の症状がある場合です。
お風呂に入って汗をかくことで、体内の水分が失われてしまい脱水状態を進行させてしまう危険があるからです。

頭痛がするときも、お風呂はやめておいたほうが安心です。体があたたまって頭蓋骨内の血管が広がると、痛みを悪化させてしまう恐れがあります。
それ以外の場合なら、お風呂に入って体をあたためればウイルスへの抗力を高めることができます。回復への近道ですね。

でも、ちょっと待って!
どんな入り方でも体に良いというわけではありません。必ず次のポイントを守ってくださいね。

「40度前後のぬるめのお湯に5分ほど入る程度にすませること」

高温のお風呂に入ったり、長湯してしまうとクラクラしてしまい、逆に体に悪影響です。

そして、一緒にお風呂上がりの過ごし方にも気をつけてください。
湯冷めしないように水分はしっかりふき取り、髪の毛もすぐに乾かす。せっかくあたたまった体を冷やさないためにも、あたたかい服装に着替えるようにしてください。

あわせて、じゅうぶんな水分補給も大切です。言うまでもなく、キンキンに冷えた飲み物はダメですよ。

合わせて読みたい

風邪の時のコンビニの食べ物!元コンビニ店員のおすすめ10選!
風邪を引いた時、食材の買い出しへ行くのはとても大変ですよね。そんな時に便利なのが「コンビニ」です!今回は、風邪を引いた時におすすめの「コンビニで買える、風邪を早く治すことを意識した食材」と、体力が回復するまで「ストック」でやりくりするための、「ストックしやすいおすすめの食材」をご紹介します。

お風呂に入るのは大変!お風呂に変わる対処法は?

ギリギリお風呂に入る体力が残っているなら、シャンプーなどの石鹸類をあきらめてシャワーを浴びる(水で洗い流す)だけでも少しスッキリしますよね。

それすらできない、もしくは先ほどあげたお風呂に入らないほうが良い状態にある場合はどうしたら良いのか?世の中にはあの手この手で、さっぱりを手に入れている人たちがいました。

ドラッグストアなどに行くと、ドライシャンプーという水のいらないシャンプーが売っています。使い方は、ドライシャンプーを髪全体になじませ、乾いたタオルでふき取るだけです。
髪の長い人は結構大変なんじゃないかと感じますが、やらないよりはやった方がさっぱりですよね。

次は、災害時にも役に立つ、ふき取り化粧水を使う方法。
ヘアブラシを覆えるくらいの大きさのガーゼにふき取り化粧水をしみ込ませ、ブラシにかぶせて全体をブラッシングしていきます。汚れをガーゼに拭きとらせるために、ゆっくりブラッシングすると良いです。

ふき取り仲間として、介護にも使われているウエットティッシュのようなふき取りシャンプーシートもあります。これも災害を見越してという意味もこめて買っておくのもアリかもしれません。

なかには、自力でお風呂に入れないときは美容院でシャンプーだけしてもらうというつわものも…!
お財布にダメージを受けますが、こんな時はシャンプーの労力をお金で買っても良い時なのかもしれません。

スポンサーリンク

一番簡単でシンプルなのは、熱いタオルで拭くことでしょうか。一緒に体も拭いて全身きれいさっぱりです。
タオルにお湯をかけて絞るのはやけどしてしまうので、水で濡らしたタオルを電子レンジでチンして用意してくださいね。

まとめ

風邪をひいた時にお風呂に入っても良い、というのはちょっと驚きでしたね。
私自身、年に何回も風邪をひいてしまいますが、確かに具合が悪くてもお風呂に入ると体がホカホカと楽になる感じがしたような気がします。

お風呂に入れない場合でも清潔をキープする方法がたくさんあるので、体を冷やさず早く体調を回復させちゃいましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク