今すぐ正月太りを解消したい!緊急対応したい時の対策5選。

ダイエット、スポーツ

「ついお正月に美味しいものを食べ過ぎてしまった・・・。」
お正月はおせち料理などもあって、普段の食事とは違い豪華なので、つい食べ過ぎてしまいますよね。

「だけどお正月太りを今すぐなんとかしたい!」と思っているあなた!この記事では、お正月太りをすぐに解消するための方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

美味しいものを食べたから、あとはガマン!食事制限編

お正月太りの一番の原因は、美味しいからといってつい食べ過ぎてしまうことです。普段なら我慢できるのに、「お正月だから」といって食べ過ぎていませんか?

確かにお正月は1年に1回しかないので、「美味しいものをたくさん食べたい」という気持ちは分かります。ですが、お正月が明けて久々に体重計に乗ってみるとすごく後悔しますよね。
今回は、そんな時に効果的な食事制限の方法をご紹介します。

炭水化物を控える

炭水化物を控えることで、脂肪の蓄積を防ぐことができます。
ポイントは、いつもの量の半分にすることです。完全に炭水化物抜きをしてしまうと集中力がなくなったり、頭がぼーっとしてしまうので、いつもの量の半分はちゃんと食べてくださいね。

炭水化物を少量取ることで満腹感も得ることができるので、間食も減りリバウンドもしにくくなります。
食べる時はよく噛んで、ゆっくり食べてくださいね。

タンパク質をきちんと摂取する

タンパク質をきちんと摂取することで、筋肉がつきやすく脂肪が燃えやすい体になります。

ゆで卵はタンパク質が手軽に摂れる上に、調理も簡単にできるのでオススメです。ですが、食べる時はマヨネーズなどと一緒に食べると太ってしまうので、注意してください。
また、ささみや鶏胸肉も、手軽にタンパク質を摂ることができますよ。

カリウムを多く含んだものを食べる

カリウムを多く含んだものを食べることで、むくみや血液の流れを良くしてくれます。

アボカドや納豆、果物にはカリウムが多く含まれているので食べてみてくださいね。アボカドにはカリウムも多く含まれていますが、良質の油も含まれています。
良質の油は便秘解消にもなりますので、便秘の方にはオススメです。女性は特にむくみやすいので、カリウムを多く含んだものを食べて、むくみ知らずになりましょう!

合わせて読みたい

食べ過ぎをリセットする食事の方法とおすすめ食材
「美味しいものをつい、食べ過ぎてしましった・・・。」私もそうです。誰しもそんな経験ありますよね。この記事ではそんなあなたのために、食べ過ぎをリセットする正しい方法をご紹介します。ぜひ食べ過ぎてしまった時に挑戦してみてくださいね。

帰省先でもOK。場所を選ばずにできる運動編

お正月は帰省して、ジムに行く時間がないですよね。そんな時でも場所を選ばずできる、運動方法をご紹介します。

スクワット

スクワットは体の中で一番大きな筋肉を使うため、脂肪が燃えやすくカロリー消費も高いです。
1セット30回を目安にして、2〜3セット行ってください。スクワットは正しい方法で行わないと意味がないので、注意してくださいね。

プランク

プランクは、腹筋や背筋などいろんな箇所を一度に鍛えることができます。プランクは代謝が良くなるので、ダイエットにはオススメです。

またプランクは体感も鍛えることができるので、姿勢も良くなります。初めは30秒からはじめて、だんだんと時間を延ばしていってくださいね。

お風呂上がりのストレッチ

お風呂上がりは体が温まっているので、ストレッチをすることで血流も良くなります。ストレッチにはダイエット効果もあるので、毎日お風呂上がりにしてみてくださいね。

その時にボディークリームを使って軽くマッサージをすると、足のだるさやむくみもとれ、美脚に近づくことができます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

お正月太りは早めに対処することで、すぐに元の体重に戻すことができます。
お正月を楽しんだら少しの間だけ、普段の生活に食事制限と運動を取り入れて、お正月太りを解消してくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク