お墓参りで供える花の種類は?定番の花、選んではいけないNG花

マナー

お盆が近づいてきて、ますます暑くなってきましたね!この暑さ、夏バテしちゃいそうです…。お互いに夏バテには気を付けましょうね~!

そうそう、お盆と言えば、お墓参りの準備はできていますか?地域差はありますが、準備するものが多くて、バタバタしちゃいますよね。

特に、お墓参りでお供えするお花って、どんな種類のお花を選べば良いのか悩みませんか?知らずに、お供えしたらいけないお花を選んでいたら大変…!!

この記事では、お墓参りでお供えするお花の種類について、詳しくご紹介しております!どんなお花をお供えしたら良いのか悩んでいるそこのあなた!必見ですよ~☆

スポンサーリンク

失敗しない、お墓に供えるのにおすすめな花は?種類とその理由

まずは、お墓にお供えするのにおすすめなお花を紹介しますね!

菊はお供えするお花の代表とも言えるくらいポピュラーですよね。

菊は日持ちが良く、長い間キレイに咲き、お墓を華やかに見せてくれるので、昔からお供えされるお花として使用されてきました。

色のバリエーションも豊富で、黄色や白色のほかにも、赤色や薄いピンク色などがありますので、故人の好きだった色を選んでお供えするのがおすすめです!

カーネーション

赤い色のお花のカーネーションは母の日のプレゼントとして有名ですね。

昔はお墓にお供えするカーネーションの色は、白が一般的とされてきましたが、最近では、赤色やピンク色のカーネーションを、お供えする方が増えてきているそうです。

なので、他のお花の色とのバランスを見て、カーネーションの色を選び、より華やかになるようにしましょう!

ユリ

ユリは、上品で気品のあるお花のイメージがありますよね。そんなユリは入っていると、すごく華やかになるので、お供えするのにおすすめです!

また、ユリの花粉は洋服や墓石につくと取りづらいので、ユリをお供えする際には、花粉を取ってお供えするようにしてくださいね。

りんどう

りんどうは、淡い青色がとてもキレイなお花です。

ピンク色や赤色、黄色など明るい色の花が多いので、りんどうを差し色にすると、花束の色合いにメリハリがつくので、豪華な花束を作ることができますよ!

トルコキキョウ

トルコキキョウも日持ちの良いお花なので、お墓にお供えするお花におすすめ!白色が多く使われていますが、薄いピンク色や、紫色、グリーンなど、色の種類も豊富です。

グラジオラス

濃いめのピンク、薄い黄色、赤色、紫色など、色の種類が豊富なお花です。故人の好きだった色や、イメージに合った色を選んでみると良いですよ!

また、縦にいくつか花をつけるのでボリュームが出やすく、豪華な花束を作ることができます。

合わせて読みたい

お墓参りは仏滅に行ってもいいの?友引はダメってほんと?
お墓参りに行くのに、仏滅や友引は避けた方がいいのでしょうか?そう言えばお葬式は友引は避けますよね?「行っちゃいけない日はあるの?」と気になるあなたへ、六曜の言い伝えと、お墓参りの常識をお伝えします。

知っておかないとマナー違反!お墓参りにふさわしくない花の種類

お墓にお供えするお花としては適さない種類のお花もあります。それを知らずに、花束を作ってしまうと大変!以下のお花たちは使わないようにしましょう。

バラ、あざみ

バラやあざみにはトゲがあるので、お墓にお供えするのには向いていません。ただし、「故人はバラが好きだったので、お供えしたいなぁ。」という場合には、トゲを切ったものならお供えしても良いとされることがあります。

スポンサーリンク

スイセン、ヒガンバナ、すずらん

これらは毒のあるお花なので、お墓にお供えするのはタブーとされています。すずらんは見た目がかわいいので、混ぜて花束を作ってしまいそうになりますが、注意しましょう。

クレマチス、朝顔

クレマチスや朝顔は、ツルのあるお花です。ツルのあるお花は、うまく花束にできないほか、切り花にするとすぐにしおれてしまうので、お墓にお供えするのには向いていません。

まとめ

最後にはなりますが、お花をお供えする際は、

  • 左右対称に2対
  • 一束の本数は3・5・7本、奇数になるように
  • 故人が亡くなって四十九日が過ぎるまでは白色を基調とした花束を作る

ということに気を付けて下さいね。

また、一番大切なのは、故人を偲ぶ気持ちです。故人のことを思いながら、お花を選んでいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク