ひまわり畑が絶景!観光農園花ひろばに行ってきました。

お出かけ

ずっとずっと行きたいと思っていた観光農園花ひろばに、週末を利用してでかけてきました。のんびり過ごすにはもってこいのところだったので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

観光農園花ひろばへのアクセス、営業時間、駐車場

営業時間は午前8時~午後5時。年始の三が日以外は基本的に営業しているようです。

場所はここです。

観光農園 花ひろば
〒470-3411
愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48
農園HP→http://www.hana-hiroba.net/

知多半島道路をひたすら走ったら到着したっていう感じでした。

 

この看板が見えれば到着です。

駐車場は無料でした。ここだけでなく、奥にも駐車スペースがあったので、駐車場は広めです。

観光農園花ひろばの入場料金は?

大きな看板の後ろにある建物の中に受付があります。

【入場料金】
・大人(中学生以上)650円
・小学生 300円
未就学児は無料です。

お花摘みができる!

入口でお金を払うと、花摘み用のはさみを貸してくれます。そう。お花摘みがついてくるんですよ~~。

季節やお花によって変わってきますが、目安として一人5本~10本程度摘むことができます。「〇〇は5本まで」みたいな感じで受付にも書かれているので確認してくださいね。

受付のある建物から出ると、いきなりきれいなお花がお出迎え!

観光地ならではの顔だしパネルもあります。

顔だしパネルの隣にはハート型のかわいい椅子もありますよ~。カップルでどうぞ~。

大型犬も入場できる!

そしてなんと!犬もつれて入場できます。小型犬のみとかそんな小さいことは言いません。大きさの制限はありません。しかも、ペットは無料です。

私の時は言われなかったのですが、犬連れで行かれる場合は念のため混合ワクチンと狂犬病ワクチンの証明書を持って行っておきましょうね。

ひまわり畑が絶景!

そして今回の目的である・・・

ひまわり畑です!!ここに行きたかったのです。以前住んでいた関西だと、ひまわり畑といえば兵庫県小野市が有名だったのですが、愛知に来て、「このあたりでひまわり畑はないのだろうか?」と調べて見つけたのがこちらだったのです。

受付で「台風の影響を受けております。ご了承ください」と言われましたがなんのその。力強く咲いていました。ここでひまわりの花を5本ほど摘みました。

咲いているものよりも、これから咲くだろうつぼみを摘むと長く楽しめるとのことで、施設側も推奨しておりました。時期をずらして咲かせるためか、これから咲くんだなーっていうひまわり畑もたくさんありました。

コスモスも咲いています

コスモスも咲き始めていました。ほかにもケイトウも見ごろでした。季節によって咲く花がいろいろあるので、一年中どの季節に行っても楽しめますよ。ひまわりは12月上旬まで楽しめます。

いちご狩りについて

また、12月からいちご狩りも始まるようです(要予約)いちご狩りはペット同伴できませんので注意してくださいね。また、入場料も季節によって違っているので、予約の際施設に確認してくださいね。

いちご狩りと花ひろばの入場料は別になっています。ここもご注意ください。農園に入らずとも、いちご狩りだけ楽しんで帰るということも可能ですよ。

私が行ったときは昼前だったので、あまりなかったのですが受付の隣で、地元のお野菜も販売していましたよ。有料エリアの外なので、入場料はいりません。

観光所要時間は1時間ほどでOK

農園は本当に広くて、あちこちでいろんなお花が咲いていて楽しく過ごせました。1時間ほど滞在しましたが、写真を撮りながら園内を見て回れました。この日は見かけませんでしたが、コスプレ撮影もできるとのことです。

合わせて読みたい

有松町並み保存地区の歴史と見どころ。有松絞りとまり木綿の情報も。
名古屋の「有松町並み保存地区」は江戸時代には絞り染めの産地として栄えました。現在も当時の町並みが残っていて歴史を感じられます。「まり木綿」はかわいくて若い女性から人気があり私も買いました。さっそく見どころをご紹介します。

まとめ

摘み取ったお花は、帰りに受付で係の人に渡すと持ち帰り用に包んでくれますよ。新聞でくるんだ後、お水も含ませてくれます。

帰宅してから、水切りをしてしばらく水につけてから花瓶に移せばOKです。(説明書配布されてました)
参考までに、つぼみで摘んできたひまわりですが、二日目の夜にはきれいに咲きました。

聞くところによると、この花ひろばは知多地域に住んでいる人たちのデートスポットだそうです。
駐車場も広くて無料ですし、入場料自体もあまり高くないのでカップルだけでなくご家族で遊びに行くのにもオススメです。また違う季節に行きたいなと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク