確定申告でマイナンバーカードが紛失!再発行せずに申告した方法とは。

イベント・行事

確定申告の季節になりましたね、いかがお過ごしですか?(なんて挨拶だ)

この時期は役所や税務署に行くと必ずと言っていいほど【確定申告にはマイナンバーが必要です】と書いてあるポスターが貼られています。

『私も行かなきゃな〜』なんて重い腰を上げて申告の準備をしていたら…マイナンバーが無い!!!とっても焦りますよね。

紛失ってだけでも焦るのに、個人情報系が紛失なんて、まさに顔面蒼白ってやつです。うちの旦那がそうでした(幸い見つかりましたが)。

『無いってことは申告できないの?』 『もしかしてすっごく面倒な手続きが必要??』と不安げなあなた。 そう、あなたです。

実際マイナンバーが無いと確定申告にどんな影響が起きてしまうか気になりますよね?でも大丈夫!この記事でそんな不安は吹っ飛ばしちゃいましょ〜

スポンサーリンク

マイナンバーの通知カードを紛失。確定申告での対処法とは

罰金はあるの?

まず、あまり知られていませんが確定申告の際のマイナンバーの記入は義務です。未記入で提出しても罰則も不利益になることも何もありません。

内閣府・厚生労働省・国税庁のホームページにもマイナンバーの記入がなくても受理できる旨が書いてあるんです。

しかし、実際に未記入で申告をしに行ったら受理してもらえずに後日再提出しに行った方もいるようなので、二度手間を恐れるのであればきちんと記入をして行ったほうが良いでしょう。

役所で教えてもらえる?

例え役所に電話をしたり、直接窓口で相談をしても、個人情報の更にワンランク上である【特定個人情報】なので本人だろうが、免許証を見せようが、スラスラと住所や生年月日を言えようが絶対に教えてくれません。なのでダメ元で…と行くのはムダ足確定なのでやめましょう。

再発行はできるの?

はい、出来ます。ただ役所で再発行手続きをし、手元に届くまでには3週間程度かかるので、確定申告に行かなくちゃいけない→通知カードが無い。とわかったらすぐに手続きをしに行きましょう。

もし届くまで待つ余裕があるのなら、今後また必要になる時が来るかもしれないので、再発行しておくと次回から楽ですね。ちなみに再発行手数料は500円です。

通知カードを紛失。再発行しなくてもマイナンバーを確認する方法

再発行の手続きをする時間が無かったり、手続きした通知カードが手に入る前に申告期間が終わっちゃうよ〜っと凹んでいるあなた…まだ打つ手はあります! 最終手段はこちら!

確定申告書の場合

なんと、マイナンバーを記載している住民票があれば申告できるんです。住民票なら即日発行、しかもお値段300円!(通販みたい)再発行より早く、安くゲットできるんです。

それでも平日や日中役所に取りに行く暇がない人は【同一世帯の人】なら住民票を受け取ることができるので、ぜひ身分証明を持った状態で受け取りに行ってもらいましょう。

ただし、世帯が別なら委任状が必要ですのでご注意を。

住民票の申請をする時は、マイナンバーを記載するという項目があるので、必ずチェックを付けてくださいね。 じゃないとただの住民票が発行されてしまいます。

このマイナンバー記載の住民票があれば通知カードの代わりを果たしてくれるので二度手間にならずに済みますよ。

スポンサーリンク

e-Taxの場合

残念ですが現段階ではマイナンバーは必須です。

というのも、このまま順調に進めば平成31年1月から一時的ですが、マイナンバーがなくてもIDとパスワードがあればe-TAXで申告できるようになります。

ただし、事前に税務署で直接本人確認を済ませていないとIDとパスワードは発行してもらえないので、日にちに余裕を持って行きましょう。

まとめ

時間に余裕がある人は未記入のまま受理されるかドキドキしながら行くよりも、ひと手間掛かりますがマイナンバー記載の住民票を取りに行ったほうが安心できますね。

税務署が近所ならまだしも、車や公共機関を使うようであれば負担の塊でしかありません。

紛失がわかったのが年末前ならじっくり準備する時間はあるので、自分に合った方法で確定申告に臨みましょう。

もっと詳しく知りたい、これ以外で分からない事がある場合はマイナンバーダイヤル(0120-95-0178)に電話して聞いてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク