チョコレートのテンパリングに失敗!捨てずに救済する方法とは?

家事、掃除、料理

バレンタインデーには、やっぱり手作りチョコレートを渡したい。レシピを見ながら、「チョコレートも買って、ラッピングも考えて~」なんてウキウキしていたのに、作ってみたら「あれ、なんかレシピの写真と違う。失敗?どうしよう!!」

そんなチョコレートのテンパリングに失敗してしまったあなたに、失敗したとは言わせない。おいしく生まれ変わらせる方法をお教えします。

ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

チョコレートのテンパリングに失敗したら。おいしい救済レシピ3選

「チョコレートのテンパリングに失敗してしちゃった。」
残念ですが、失敗してしまったチョコレートは、そのままレシピ通り作っても固まらなかったり、固まってもガチガチに硬いものができてしまったり、とてもおいしい状態とは言えません。

でも大丈夫。チョコレートのテンパリングに失敗しても、チョコレートがもう使えないわけではありません。

もうひと手間必要ですが、きちんと美味しく、プレゼントできるチョコレートに生まれ変わらせることができるんです。

チョコレートケーキに変身させる

チョコレートケーキはもともと、溶かしたチョコレートを使って作ります。なのでテンパリングの失敗なんて、ケーキ作りには全く関係なし。

比較的簡単で作りやすいカップケーキの作り方

マドレーヌカップ(Sサイズ)12個分

材料

  • 溶かしたチョコレート 80g
  • バター 80g
  • 砂糖 60g
  • 卵 2個
  • 薄力粉 70g
  • ココアパウダー 15g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

作り方

  1. ボウルにバターを入れ20秒程度レンジにかけて柔らかくして、砂糖を入れすり混ぜる。
  2. (1)に溶かしたチョコレートを加え、さらに混ぜる。
  3. (2)のボウルに卵を少しずつ加えながら泡だて器でよく混ぜる。
  4. ふるった粉類を加え、ゴムベラでサックリと切り混ぜる。
  5. マドレーヌ型に生地を流しいれ、170度で温めたオーブンで12~15分焼いたら完成。

このレシピで、失敗チョコレートも美味しいケーキに早変わり。「でもオーブンなんて持ってないよ!」そんなあなたにはコチラ

とっても簡単!ロックチョコレート

テンパリングに失敗しても、シリアルやナッツとあわせるだけで、簡単に作れちゃう。食べておいしい、お手軽簡単レシピ

材料

  • 溶かしたチョコレート 70g
  • お好きなシリアルやナッツ 140g

作り方

  1. ナッツはザクザクと刻んで、溶かしたチョコレートの中に入れる。
  2. シリアルも入れて、スプーンなどを使って全体にチョコレートをからめる。
  3. チョコ用アルミカップに入れて、冷やし固めれば出来上がりです。

オーブンシートを引いたバットなどに薄めに広げて固め、細長い形に仕上げたり、キャンディのように包んでも可愛い。玄米パフや、グラノーラなどを色々組合わせると、食感が良くなっておいしくなります。

それでも余ったら ホットチョコレートでほっこり

温めた牛乳とチョコレートを合わせたり、カフェオレに入れたりと甘くて幸せな気分になれますよ。

次は絶対成功させる!失敗しないチョコレートのテンパリング方法

テンパリングとは、チョコレート内の色々な成分を安定させて、口溶けのよさや、艶をだし、美味しい状態にすることをいいます。

材料

  • クーベルチュールチョコレート

道具

  • ボウル
  • ゴムベラ
  • 温度計
  • ボウルより一回り小さい鍋

手順

  1. チョコレートは刻み、ボウルに入れる。
  2. お湯を張った鍋に(1)をのせて溶かしていく。(40度すぎでチョコレートが完全に溶けます)
  3. 溶けたチョコのボウルを氷水を当てて練り混ぜながら、温度を下げていく。(徐々に固まって重たくなってくる、ここで27度以下まで温度を下げる)
  4. 再び湯煎に当てて、29〜31度にすれば完成です。
スポンサーリンク

注意点

  • テンパリングに、油分や水分は大敵。使うボウルやヘラに、汚れがないかチェック
  • 湯煎や、氷水にボウルを当てる時にも水分や湯気が入らないように、鍋のサイズはやや小さめを選ぶ
  • 高温になりすぎるとチョコの成分が変質してしまうので、直火にかけないこと

こちらもオススメ♪

勘違いしてない?チョコレート保存の最適な温度と場所!
様々な場面で食べる機会の多いチョコレート。作ったときや貰ったとき、すぐには全部食べ切れないから保存をしますよね。意外と、正しい保存方法を知らない方が多いんです!今回は、勘違いしているかもしれない?チョコレートの正しい保存の仕方、適切な保存温度や保存環境をご紹介していきます。

まとめ

チョコレートのテンパリング。少し難しいですが一度の失敗であきらめないで。失敗しても救済レシピを使って、簡単に美味しく食べられます。

美味しいチョコレートを作って、楽しいバレンタインにしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました