結婚式に参列する兄弟の服装マナー!これでもう恥ずかしくない!

マナー

幼い頃からさまざまな思い出を積み重ねてきた兄弟や姉妹の結婚式。友人の結婚式とは違った緊張感や特別感がありますよね。

そのような兄弟や姉妹の結婚式に、家族側・親族側として出席する場合、どのような服装で出席することが正しいのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚式に参列する兄弟の服装は「準礼装」がオススメ

兄弟や姉妹の結婚式では、家族・親族側として出席するため、招待客としてではなく、招待客を迎える立場となります。

結婚式当日の服装や、振る舞いなども、招待客の方々から注目されることになります。そのため、新郎新婦の家族や親族として恥ずかしくない服装やマナーを心掛けていきましょう。

新郎新婦の兄弟の服装は?

男性の場合、スーツスタイルの洋装が一般的となります。フォーマルな装いには、「正礼装」「準礼装」「略礼装」と呼ばれる3つの装いがあります。着用する時間やマナーによって、どれを選んで着ていくかを判断します。

この3つの装いの中で、新郎新婦の兄弟は「準礼装」と呼ばれる装いがおすすめです。「準礼装」は「セミフォーマル」と呼ばれ、昼の時間帯は「ディレクターズスーツ」を、夜の時間帯は「ブラックスーツ」を着ることが多くなっています。

ディレクターズスーツとは?

ジャケット…黒のシングルブレスト、ダブルブレストの背広型
ボトム…黒とグレーの縞柄の折り返しの無いズボン
ベスト…黒、グレー、淡黄色
一般的なディレクターズスーツ

848207_R

created by Rinker

ブラックスーツとは?

ジャケット…濃いブラック
ボトム…ジャケットと同じカラー
ベスト…ブラック、紺、グレー
一般的なブラックスーツ

1062178_R

created by Rinker

結婚式に参列する兄弟の服装で気を付けるポイント

新郎新婦より控えめな服装を選びましょう

結婚式のマナーとして当然のことながら、主役は新郎新婦となります。ですので、兄弟(姉妹)だからと言って目立つ服装は避けましょう。奇抜なデザインの服装や、派手な色合いは避けて、控えめな服装にしましょう。

両親を立てる服装を選びましょう

主役は新郎新婦ですが、両親よりも控えめな服装をしましょう。特に、洋装で出席する場合は、両親より格下の装いにすることがマナーとなります。

例として、父親がモーニングコートを着る場合、兄弟はモーニングコートではなく、ディレクターズスーツまたはブラックスーツの着用がおすすめです。

結婚式に参列する兄弟のネクタイとシャツの選び方

ネクタイの選び方

ネクタイは、着用するスーツスタイルに合ったものを選びましょう。

ディレクターズスーツの場合は、グレー系(縞柄、無地)の結び下げネクタイが基本となります。ブラックスーツの場合は、白またはシルバー系のネクタイが基本となります。

着用する方の年齢によっては、パステルカラー、淡色のネクタイが最近は増えています。

一般的なネクタイ

851148_R

created by Rinker

585961_R

created by Rinker

906740_R

created by Rinker

シャツの選び方

シャツも、ネクタイと同様に、着用するスーツスタイルに合ったものを選びましょう。

ディレクターズスーツの場合は、レギュラーカラーの白シャツが基本となります。ブラックスーツの場合も同様に、レギュラーカラーの白シャツが基本となります。

一般的なシャツ

1191513-320x320_R

created by Rinker

014732_R

created by Rinker

1087266_R

created by Rinker

まとめ

いかがだったでしょうか?友人の結婚式に招待客として出席する場合と違い、招待する側の立場として恥ずかしくないよう、マナーのある服装を心掛けていきましょう。是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク