唐辛子の赤と青の違いは?どっちが辛い?今さら聞けない辛さの真実。

食べ物

ピリ辛で料理のアクセントになる唐辛子。好きな人も多いですよね。そんな唐辛子ですが、赤い唐辛子と青い唐辛子がありますよね。

激辛料理などは、赤い色をしたものが多いので、何となく赤=唐辛子というイメージがなくもないですが、赤と青の唐辛子はどっちが辛いか気になったことはありませんか?ありますよね~。

「何となく赤の方が辛そう…」
「いや、実は青い唐辛子の方が辛いらしい…」

イマイチ本当のところってよくわからないですよね。

そこで今回は、赤唐辛子と青唐辛子の違いや、どっちが辛いのかについて詳しく説明しちゃいます。唐辛子の保存方法についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

赤唐辛子と青唐辛子の違い、どちらが辛いのか

唐辛子とは

「唐辛子」と一口に言っても、その種類は様々なのをご存知でしょうか。鷹の爪、ハバネロ、パラペーニョなどなど、この他にも多くの種類が存在し、味や辛さも種類によって違いがあります。

唐辛子とは、ナス科トウガラシ属の植物の実のことをいいます。唐辛子には、辛味種と甘味種の2種類があり、一般的に「唐辛子」を言うときは、辛味種のことを指します。

辛味種の日本での代表的なものと言えば、鷹の爪です。他にもハバネロなんかも知っている人が多いのではないでしょうか。甘味種の代表的なもので言うと、ピーマンやパプリカがあげられます。

赤唐辛子と青唐辛子の違い

では、赤唐辛子と青唐辛子の違いって何なのでしょうか?一般的に果実は、青いものが未成熟で、完熟すると赤く色付きますよね。トマトやリンゴなどが分かりやすい例ですね。

唐辛子も同じです。青唐辛子とは、まだ未成熟な唐辛子のことで、これを実らせたまま成熟させると赤唐辛子になります。種類によっては、赤色以外にも、黄色やオレンジ色などの唐辛子があります。

結局どっちが辛いの?

では、赤唐辛子と青唐辛子、一体どっちが辛いのでしょうか?まず前提に、赤唐辛子と青唐辛子には辛さの特徴に違いがあります。赤唐辛子は加熱すると辛味が増し、青唐辛子は加熱すると辛味が和らぎます。

辛さについては、唐辛子の種類によって青い唐辛子の方が辛かったり、赤い唐辛子の方が辛かったりします。

激辛料理によく使われるハバネロは赤唐辛子ですし、同じくめちゃめちゃ辛いことで有名なパラペーニョは青唐辛子です。

このように、品種によって辛さが異なるので一概に赤青どちらの唐辛子が辛いとは言えないのです。

唐辛子の最適な保存方法について

そんな唐辛子ですが、スーパーなどで購入した後はどのように保存しておくのが正しいのでしょうか。唐辛子は、料理などであまりたくさん使うものではないですよね。残った唐辛子の保存方法が気になりませんか?

何となく辛味の強い唐辛子って、日持ちがしそうな感じがしますが生の唐辛子はあまり保存がききません。
ここでは、唐辛子の正しい保存方法についてみていきましょう。

唐辛子の保存方法①冷蔵保存

唐辛子の保存方法の1つ目は、冷蔵庫で保存する方法です。ラップをしたり、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておけば、1週間程度は保存がききます。

水分が付いていると傷みが早まりますので、ペーパータオルなどで水分をしっかりふき取ってから保存するようにしましょう。

唐辛子の保存方法②オイル漬けにする

唐辛子の保存方法の2つ目は、オイル漬けにして保存する方法です。冷蔵庫で保存するより長く持たせることができます。

オリーブオイルなどの瓶に直接入れて保存します。オイルに唐辛子の香りや辛味がついて、パスタや炒め物、ドレッシングなどの利用にぴったりです。

唐辛子の保存方法③乾燥させる

唐辛子の保存方法の3つ目は、乾燥して保存しておく方法です。入手したものが枝付きの場合は、そのまま実を下にして風通しの良いとこに吊るしておきます。

スポンサーリンク

実だけの場合は、ざるなどに重ならないようにして並べ、直射日光の当たらない風通しの良いところに置いておきましょう。しっかり中まで乾燥させるため、裏表をかえしながら数日間しっかり乾燥させましょう。

その後は湿気を避け、ガラス瓶や保存容器に乾燥剤を入れて保存しておくと良いですよ。

唐辛子の保存方法④冷凍させる

唐辛子の保存方法の4つ目は、冷凍して保存する方法です。生の唐辛子は、冷凍することができます。

空気に触れないよう、1つずつラップでくるみジップロックなどに入れて冷凍庫で保存しましょう。使用するときは、そのまま解凍せずにハサミや包丁でカットすればOKです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、赤唐辛子と青唐辛子の違いや辛さについて詳しくご説明させていただきました。
青唐辛子が熟すと、赤唐辛子になるんですね!

種類によって辛さや味に違いがある唐辛子。用途によって上手く使い分け、お料理を楽しみたいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク