ランニングマシーンはダイエットに効果あり?外を走るのとどう違う?

ダイエット、スポーツ

「軽く運動を始めたいなぁ」と思った時、ランニングが浮かぶ人は多いのではないでしょうか?中でも通販やジムでもよく見かけるランニングマシーンなら簡単そう!

ランニングが人気の理由は、始めやすく続けやすい、そして美容や健康を気にする人に最適な有酸素運動だから!

効率よく脂肪を燃焼することが出来ますし、正しい姿勢で行えば全身を綺麗にバランスよくシェイプアップできます。

「でもマシーンに頼るって事は効果も薄くなっちゃうのかな?」そう思っているあなたへ、外のランニングとの違いからメリットデメリットまでお教えいたします!

スポンサーリンク

ランニングマシーンでも外で走るのと同じ効果はあるの?

マシーンに乗っている人も外で走っている人も、見た感じ汗もかいているし、終わった後は少し疲れていますよね。

という事は効果は一緒??と思いますが、じつは同じ動きに見えても足の運びが違うので、走る場所や形状によって消費カロリーは変わってくるんです。

では、ランニングマシーンを使った場合と外で走った場合、どちらが効果的なのかを比べてみましょう。

ランニングマシーンの場合

よく見るマシーンでは走るベルト部分が平らな物が多いですが、これでは体への負担が少ない分、消費カロリーも少ないです。

その代わり、ベルト部分が斜面になっている(もしくは変えられる)のであれば外で平坦な道を走るよりも消費カロリーは大きくなります。

もし実際店頭やジムで軽く走ってみて足に負担を感じないようなら傾斜しているのがおすすめ。

外でのランニングの場合

平坦な道で比べれば足の運びが少し大きい分、外で走ったほうが消費カロリーは多くなります。ただし、傾斜しているマシーンと外の平坦な道ではマシーンの方が効果的。

道路の状態が凸凹していて(ランニングで凸凹道は選ばないと思いますが)不規則だったり、軽い上り坂があるような変化があればあるほど消費カロリーは増えていきます。

ランニングマシーンを使うメリット・デメリットをまとめ

何か始めようとする時に必ずと言っていいほど気になるのがメリット・デメリットですよね。自分にはどちらが向いているのか、ゆっくりじっくりご覧ください。

天候や気温に左右されない

室内で使うものなので、外を気にせず走れますよね。そのため三日坊主になりにくく継続しやすいんです。外が強風でも雪が積もっていても真夏に熱中症の心配をしながら走る必要もありません。

服装自由

自宅ならパジャマでも部屋着でも何も気にせず走れます。(ただロングスカートは巻き込まれやすいので避けてくださいね)

ジムでパジャマは無理ですが、本格的なウェアでなくても大丈夫。上下合っていなくてもお気に入りのキャラクターだったりバンドの物販Tシャツでも気にする人はいません。

身に付けるものが少なくて楽

外で走るためにはドリンク・ウォッチ・シューズや天候によってはキャップ・サングラスなど、必要最低限の荷物を準備し、身につけなくてはなりません。

その点マシーンを使うだけならドリンクは近くに置いておけばいいし、キャップもサングラスも必要なし。ウォッチはマシーンに内蔵されているので準備の必要はないのです。

ひと目でわかる

マシーンでは自分のプロフィールを設定して、消費カロリーや必要走行距離が表示されます。カロリーや距離は気になる項目なので、目の前ですぐに確認できるのは便利です。

事故に遭わない

室内のその場で走っているだけなので、車や歩行者を気にすることなくただひたすらに走れます。安全第一という言葉がある通り、健康に気遣っていても事故に遭ってしまっては本末転倒。

安心して走れるのは最大のメリットではないでしょうか。

いつも同じ景色

外で走ればわずかな季節の変化を感じたり、その日すれ違う人たちを見て何か思いながら走ったり…と毎日景色は変わります。

しかし、室内では基本的に見える景色は変わらないので気分転換はしづらいです。

スポンサーリンク

初期費用が掛かる

ジムで始めるなら会費やロッカー代などが掛かりますよね。自宅用に購入であれば大体数万〜数十万円します。

外で走るのに必要な物を揃えても、こだわり過ぎなければそこまでしないので金額面ではデメリットと言えるでしょう。運良く誰かから貰えると良いのですが…

合わせて読みたい

永遠のテーマ!「ダイエット」関連記事まとめ
ダイエットは女性にとって永遠のテーマですよね。ウォーキングやプールなど、気になりませんか?そんな気になるテーマを集めてみました。どうぞゆっくりご覧ください^^

邪魔になる

自宅限定ですが、小さめのサイズでも一畳分はあるのでコンパクトなお部屋ならかなり存在感が出ます。置き場所がないからとバッグやジャケットを掛ける人も…もはやクローゼット的存在(メリット?)

そして使わなくなった、壊れた…が一番厄介です。始める時は楽ですが、いざ処分する時にはデメリットになります。完全なる粗大ごみです。

今流行りのフリマアプリでも送料を考えたら即完売とはいかないでしょう。

まとめ

色々書きましたが、初期費用はそれなりに掛かるものの公道を走らないで済むというメリットはかなり大きい気がします。

ジムが良いけど高いし…と悩んでいるなら市や区の公共施設にジムが入っているところもあるので、こちらも検討してみてはどうでしょうか。

私の市では運動に適した格好でないと使えませんが、1時間300円でした。ぜひこれらを参考に、快適なランニング生活を始めてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク