食べ過ぎをリセットする食事の方法とおすすめ食材

からだ

「美味しいものをつい、食べ過ぎてしましった・・・。」私もそうです。誰しもそんな経験ありますよね。この記事ではそんなあなたのために、食べ過ぎをリセットする正しい方法をご紹介します。

ぜひ食べ過ぎてしまった時に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

食べ過ぎをリセットしたい・・・まずは食べ方から食事を見直そう!

食べ過ぎをリセットする大切なポイントは炭水化物や脂質が多いものは控え、消化のいいものや野菜、果物などを積極的にとることです。

食べ過ぎてしまった日は体には負担がかかっており、うまく消化してくれません。その為、炭水化物や脂質の多い食事をしてしまうと更に負担がかかってしまいます。

そこでサラダや果物などを取り入れることで消化の手助けをし、食べ過ぎをリセットすることができます。ここで大事なのが食べ方です。正しい食べ方はまず温かいお味噌汁やスープから食べることです。

温かいものから食べることにより体も暖まり胃にも優しいのでオススメです。野菜のたっぷり入ったお味噌汁やスープを食べてくださいね。

次にサラダ、おかず、ご飯という順番で食べましょう。消化しにくいものを後で食べることにより、体に負担をかけることなく食事をすることができます。

また食べるときはゆっくりと噛んで食べることで早食い防止や、いつもの食事より少量でも満腹感を得ることができます。

食べ過ぎをリセットする時は体にとって負担のないものを食べましょうね。

食事が改善できたらこだわり食べ物でより一層しっかりリセット!

食べ過ぎをリセットする時にオススメの食材があるのは知っていますか?オススメの食材を食べることでより一層リセットすることができるんです!

そこでオススメ食材を2つご紹介します。

食べ過ぎをリセットするのにオススメ食事1.納豆

食べ過ぎた日の体の中はバランスが崩れています。そこで納豆を食べることによりバランスを保ってくれるんです。

納豆にはカリウムが多く含まれており、カリウムが多く含まれている食べ物をとることでむくみづらくなり、体の老廃物をしっかりと排出する手助けをしてくれます。

納豆を食べる際に、キムチやオリーブオイルを入れて食べるのもオススメです。キムチには代謝を良くする効果があるので代謝が良くなり、脂肪が燃えやすくなるので太りにくくなります。

オリーブオイルにも脂肪を燃焼する働きがあり、更に便秘解消にも効果的です。私も食べ過ぎた翌日の食事に、納豆にオリーブオイルを入れて実際に食べてみました。

オリーブオイルを入れて食べたことがなかったので、「美味しいのかな?」と思いましたが癖がなく食べやすかったです。

オリーブオイルを入れる量は納豆1パックにつき小さじ1より少し多めくらいがオススメです。オリーブオイルを入れることでマイルドになりいつもとは違う感じを楽しむこともできます。

ぜひ試してみてくださいね。

食べ過ぎをリセットするのにオススメ食材2.アボカド

もう一つオススメしたい食材はアボカドです。アボカドは森のバターと言われるくらい栄養価が高いんです。アボカドを食べることで良質な脂質を取ることができます。

良質な脂質をとることで消化をよくし腸内環境も整えることができますよ。サラダに入れて塩コショウで食べても美味しいですし、そのまま切ってお醤油をかけて食べるだけでも美味しく食べれます。

料理の時短にもなるのが嬉しいですよね。食べる時は塩コショウ、お醤油のかけすぎには注意して食べてくださいね。

合わせて読みたい

【栄養士が伝授】ダイエット中でもコンビニの食事で済ませるコツ!
ダイエットをしたいけど忙しくて自炊ができないなんて時には、栄養バランスの3つのポイントをおさえておくことで、色んな種類の食品が売られているコンビニが、強い味方になります。では、実際にはどんなものを選べばよいのでしょう。ご紹介していきます。

まとめ

食べ過ぎをリセットする正しい方法を知っていれば食べ過ぎた時も安心です。だからと言って食べ過ぎのではなく、毎日バランスの良い食事を心がけてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク