ダイエット中のお酒!太りやすいお酒と太りにくいお酒はコレだ!

ダイエット、スポーツ

体型が気になりだしたらまず始めるのはダイエット。でもダイエットって我慢することが多くて辛いですよね〜。

特にお酒は太る事で有名ですから「我慢するのが一番!」…と頭ではわかっていても、仕事上での付き合いもありますし、年末年始には飲む機会が増えてしまいます。それに普段からちょっとしたストレス解消で飲んでいる人もいるでしょう。

確かにアルコールには脂肪の代謝を抑制してしまう働きがあるので、基本的にはどんなお酒でも太りやすいものです。

しかし!同じお酒でも太りやすい種類と太りにくいお酒があるのをあなたはご存知ですか?飲むお酒を意識する事で、ダイエット中でもお酒を諦める必要は無いのです。

では、ダイエット中はどんなお酒がOKでどれがNGなのかを見てみましょう!

スポンサーリンク

ダイエット中のあなたにおすすめの「太りにくいお酒」はコレ!

まず、お酒には醸造酒と蒸留酒があり、蒸留酒には他のお酒に含まれている糖質・タンパク質が含まれていません。なので同じお酒でも太りにくいお酒なのです。

《蒸留酒とは…》

醸造酒を蒸留させて作ったお酒のことで、作る過程で酵母をアルコール発酵させることで出来るお酒で、蒸留する時にお酒に含まれる糖分が飛んでいくので自然とダイエット向きなお酒になってくれるのです。

それでは、ダイエット中でも飲める太りにくいお酒とはどんなものなのでしょうか。

ウイスキー

お酒の中でもカロリー・糖質・プリン体が低いので健康面を気にする方達に人気です。

ウイスキーの飲み方の中でもソーダで割るハイボールは、甘くない炭酸を使うのでダイエット中に最適な飲み方です。他にも水やお湯割りも同じ効果なのでオススメですよ。

ブランデー

ブランデーは甘く芳醇な香りがしますが、この香りには脂肪燃焼を促進するホルモンを増やしてくれる効果があります。

本来じっくり味わうお酒なので、がぶ飲みしない分飲む量が抑えられるのもあり、他のお酒と比べて太りにくいと言えます。

しかし、数あるブランデーの中には香りや味のために糖分を加えているものもあるので、ダイエットを意識している時はよくチェックしてから飲みましょう。

そしてブランデーのおつまみとして代表的な物にはチョコやドライフルーツがありますが、どちらも糖分・糖質が多いのでしっかり食べてしまうとブランデーの脂肪燃焼効果が無駄になります。

おつまみには相性もあるので、少量に留めておくかナッツに変えると良いでしょう。

ウォッカ・ジン・テキーラ

蒸留酒の中ではカロリーは高いですが、エンプティーカロリーと言ってほとんどが体内で優先的に消費されるものなので、直接体重の増加には関係があるわけではありません。

それにアルコール度数がかなり高いので飲む量が少なく済みます。なので摂取量という点でも太りにくいと言えるのですが、カロリーが0なわけではないので大量に飲むのは逆効果。

カクテルの中でトニックウォーターで割るものがありますが、トニックウォーターには糖分が含まれているので甘みのないソーダ割りを選べば問題ないでしょう。

焼酎

焼酎はプリン体が少ないので男性を中心に人気のお酒です。焼酎には甲類・乙類とありますが、乙類に比べ甲類の方がカロリーが高いので、ダイエット中に飲むには乙類がオススメ。

その代わり甘いもので割ると糖質や糖分が増えてしまうのでやめましょう。逆に利尿作用がある緑茶や烏龍茶で割ると体のむくみに効果的ですし、梅干しを入れれば脂肪燃焼効果も追加されるのでダイエット中に飲むには最適です。

ダイエット中の人は控えよう!「太りやすいお酒」はコレ!

「お酒はエンプティカロリーだから大丈夫」と思っているあなた!アルコールで太りやすい本当の原因は、お酒に含まれている糖質…つまり糖質が高ければ高いほどダイエットには悪影響を及ぼします。その糖質が高いお酒のほとんどが醸造酒なのです。

《醸造酒とは…》

お酒を作る工程の中で酵母を加えて発酵させます。そうするとお酒の原料に含まれている糖質がしっかりそのままお酒に残ってしまうので、太りやすいお酒となるのです。

では、ダイエットの天敵とも言える太りやすいお酒にはどんなものが当てはまるのでしょうか。あなたの大好きなお酒が入っているかもしれませんよ〜

ビール

ビール腹という言葉もあるように、太るお酒として代表的なお酒です。

糖質とタンパク質が含まれている他、ビールの炭酸ガスとホップの成分には食欲を増進させる効果がありますし、ビールと相性が抜群な揚げ物は当然カロリーが高いので余計に太りやすくなってしまいます。

どうしても飲みたい時は最初の1杯だけにするか、おつまみを枝豆・豆腐・刺身などに変えて、上手くコントロールをしましょう。

スポンサーリンク

日本酒

日本酒は美容効果が高いとされており、最近では女性にも人気が出てきていますが、原料はお米ということもあって糖質の高さはお酒の中でNO,1です。

冷たくして飲むと代謝が下がるので、どうしても飲みたい時は熱燗にすると代謝は上がり、むくみ対策にも繋がりますよ。

ワイン

ワインが太りやすい原因の一つはブドウの糖質です。甘口になればなるほど糖質は高くなっていくので、好みはあると思いますがデザートワインや貴腐ワインは避け、できる限り辛口を飲みましょう。

更にワインには食欲増進効果があります。ワインのお供にはチーズやパスタが合うのですが、糖質&脂質がたっぷり含まれているのでこれでは余計に太りやすくなってしまいます。ダイエット中はオリーブオイルやビネガーで和えたサラダが向いているでしょう。

カクテル

カクテルには沢山の種類がありますが、甘くて飲みやすい物には糖分がたっぷり。甘い原液をジュースで割っていれば太るのも当然です。種類が多くて飲み飽きないのも、摂取量が増える原因です。。

ベースが甘いものがお好みであれば、お茶やソーダ割りにすれば太る原因は少し減らせそうですね。

果実酒

そのまま飲んでも甘くて美味しい果実酒は、漬ける時に大量の氷砂糖使っています。それにプラスして果実の糖分も含まれるので太りやすいお酒なのです。カクテルと同様にソーダ割りを選択しましょう。

おまけ

お酒で太りにくくする為には、真っ先にお酒を飲むのではなく、しっかりと食事を摂ってからお酒を飲む【食後酒】に変えるのもオススメ。食後酒は1〜2杯程度に抑えておけば消化を助けてくれるので、飲むタイミングを意識するのも大事なんですね。

まとめ

あなたが好きなお酒は、太りやすいお酒と太りにくいお酒のどちらでしたか?私は年に数回程度しか飲みませんが、大好きなお酒はみんな糖質が高いチームでした(笑)

太りにくいお酒でも毎日飲んだり、量が多いとダイエットにならないどころか健康面でも心配です。

それにお酒には気をつけていてもおつまみは高カロリーだと意味がないので、低脂肪・低糖質ものをチョイスするように注意してお酒を楽しみながらダイエットに励みましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク