ウォーキングを夜にする時の服装。防犯防寒におすすめ8選

ダイエット、スポーツ

「ちょっと体重落としたいな」

わかります。私もそうです。ジムに行くのもいいけど、手軽にできるもののほうが長続きしますよね。
そんなときはウォーキングです。

でも、仕事をしているとどうしても昼間ではなく、夜にウォーキングすることになりますよね。暗くなってからのウォーキングの時、明るい時よりも服装に気を使わないといけません。

季節柄、どんどん寒くなってきますので、防寒対策。それと夜道を歩くのですから、防犯対策も必要です。夜のウォーキングにオススメの服装と防犯グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

寒い日でも安心!夜のウォーキングに最適なあったかウェア4選

ウォーキングをし始めたら体が温まってきますけど、防寒はしっかりしないといけません。美容と健康のために始めたウォーキングで風を引いては本末転倒ですからね。
昼は暖かくても、夜はぐっと冷え込みます。

ダウンジャケット

アウターはこれを選びましょう。軽くて暖かいので、ウォーキングにぴったりです。

マウンテンパーカー

防水防風などの機能性の高いものがオススメです。予想外に雨が降ってきても、大丈夫。

ボアフリースパーカー

本格的に寒くなってきたらこちら。ちょっと高くてもスポーツブランドのものを買えば、長く使えます。風を防いでくれる上に、保温もしてくれるので、寒い季節にはピッタリです。

これらのアウターの下には、長袖のシャツとヒートテックを着ましょう。汗をそのままにすると体が冷えてしまうので、吸水性と速乾性の高いインナーを選ぶといいですよ。

ランニングタイツ

足元はランニングタイツを履くことをオススメします。ボトムスの下に履いておくと、暖かいですし、ウォーキング初心者にはタイツがオススメです。
負荷を軽減してくれるので、筋肉痛になりにくいです。タイツの上に、スカートはハーフパンツなどを履きましょう。

夜のウォーキングを安全に行うために!防犯おすすめグッズ4選

防寒も大切ですが、同じくらい大切なのが防犯対策。長くウォーキングを続けるためにも、防犯にも気を配りましょう。
オススメグッズがこちら。

蛍光タスキ

100円ショップでも買えますし、リストバンドタイプのものでも大丈夫です。これを身につけましょう。
車の光で反射するタイプのものや、バンド自身が光るタイプもあります。好みに合わせて選びましょう。相手から視認されやすいので、そこに人がいるということが周りにもわかるので安心ですね。

防犯ブザーもしくはホイッスル

いろいろなタイプのものが売られているので、ひとつ持っておきましょう。最近は、防犯ブザーに見えないようなかわいいものも売られていますので、取り入れやすいでしょう。
とっさに声が出ないこともあるので、大きな音が鳴る防犯ブザーかホイッスルは必ず持っておきましょうね。

懐中電灯

住宅街など少し暗いところを歩く場合あると便利です。自分の存在を主張することもそうですし、悪いことをしようとする人は光が嫌いです。
ウォーキングの時、明るい懐中電灯を持っていれば、悪い人との接触の可能性が下がりますね。

携帯電話

これも立派な防犯対策です。何かあったときに助けを呼べますね。ポケットに入れておきましょう。

スポンサーリンク

 

防犯グッズをご紹介しましたが、ウォーキングコースは大通りや人通りの多いコースにするなどの自衛策も当然必要です。
特に公園の中などは夜はやめておきましょう。

合わせて読みたい

時間を有効活用!ウォーキングダイエットを夜にやるメリット
なんだか最近体が重たい…。体重が気になる…。運動不足だよなぁ…。ウォーキングを始めてみようかな~。と思っても、なかなか昼間に歩くのは難しいですよね。 この記事では夜にウォーキングをするメリットデメリットについてご紹介します。

まとめ

本当は暗くなってからよりも、明るい間にウォーキングをするほうが安全だし、日が出ている分暖かいのですが、仕事の都合などでどうしても夜になる場合は、今回ご紹介した防寒ウェアや防犯グッズをそろえて安全にウォーキングを楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク