ジェルネイルをセルフで簡単に!そのやり方を徹底解説!【保存版】

美容・髪型

プクッと可愛いジェルネイルですが、サロンへ行くと高く、通うのも面倒ですよね。
「セルフでジェルネイルをやってみたいけど、自分でするのは難しそう」と思っているあなた。そんなことないんです!

今回は、簡単に出来ちゃうセルフジェルネイルのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

セルフジェルネイルに挑戦!〜下準備に必要なアイテム〜

ジェルネイルを塗る前に、土台となるベースを作らなくてはいけません。その下準備に必要なアイテムをご紹介します。

キューティクルリムーバー

甘皮(キューティクル)処理をする前に甘皮に塗ることで、柔らかくして処理しやすくなります。

プレプライマー

爪の表面に付着した油分除去に使います。エタノールでも代用可能です。
※ジェルネイルを塗った後の未硬化ジェルの拭き取り、筆などの消毒としても使います。

コットン

爪表面の油分除去をするときに、コットンに液を染み込ませて使います。
※ジェルを落とすときにも使います。

ファイル(やすり)

爪の長さや形を整えるときに使います。ファイルの目の粗さ(単位:G)によって使用用途が変わります。

  • 長さや形を整えるとき→180~240G
  • ジェルネイルを落とすとき→150G

バッファー(スポンジタイプ)

爪の表面に傷を付けて、ジェルの定着度を高める為に使います。ファイルよりも柔らかいスポンジタイプの180Gがおすすめです。

プッシャー(セラミックプッシャー、メタルプッシャー)

甘皮(キューティクル)処理をするときに使います。セラミックとメタルの2種類の素材があります。
※ジェルを落とすときにも使います。

ニッパー

ささくれや甘皮(キューティクル)をカットするときに使います。

セルフジェルネイルに挑戦!〜塗るときに必要なアイテム〜

下準備に必要なアイテムが用意出来たら、次は塗る作業に必要なアイテムを揃えていきましょう!基本のアイテムをご紹介します。

ライト(UVライト、LEDライト)

  • UVライト
  • LEDライト

の2種類があります。ジェルネイルを硬化させる(固める)ときに使います。
5本指全てを入れられる大きめタイプがおすすめです。LEDライトのほうが硬化時間が早く、UVライトは、W(ワット)数が大きいほど硬化時間が早くなるので、36Wのものがオススメです。

カラージェルの種類によって、UVライト対応・LEDライト対応・両方対応かが変わってきます。購入する際は注意しましょう。

ブラシ(筆)

ジェルネイルを塗る時に使用します。

  • 平筆
  • 斜め筆
  • 細筆

があれば、大体のデザインは可能です。

ブラシホルダー(筆置き)

ジェルネイル施術中に筆を置いておくものです。無くても他の物で代用は出来ますが、ブラシの持ち手はほとんどが丸く転がりやすいので、あると便利です。

プレプライマー

ジェルを塗った後の未硬化ジェルの拭き取り、筆などの消毒として使います。エタノールでも代用可能です。
※下準備の時に、爪の表面に付着した油分除去にも使います。

ベースコート(下地)

カラージェルなどを塗る前の下地として使います。ベースコートを塗ることで、よりジェルネイルが長持ちします。

クリアジェル

そのままのクリアカラーとしても使えますし、他のカラーと混ぜて色を薄めたり、ラメやストーンを付けるときにも使えるので、1個は持っておきたいアイテムです。
種類によっては、ベースコートやトップコートの代用としても使えます。

カラージェル

単色やラメ入りなど、デザインやアートに使います。

パーツ

ストーン、パール、ラメ、グリッター、スタッズ、ホログラムなどネイルパーツにはたくさんの種類があります。使う場合は、好みのパーツを用意しておきましょう。

ワイプ

ジェルを塗った後、ワイプにプレプライマーを染み込ませて未硬化ジェルを拭き取ります。コットンでも代用可能ですが、毛羽立ちしないコットンがおすすめです。

トップコート

カラージェルを塗ったあと、プクっとツヤのあるジェルネイルにする為の、1番最後の仕上げとして使います。

キューティクルオイル

爪の根元部分の保湿の為に使います。

スポンサーリンク

セルフジェルネイルに挑戦!〜下準備から完成までの手順〜

必要なアイテムが全て揃ったところで、いよいよセルフジェルネイルに挑戦してみましょう!
慣れるまでは時間がかかってしまいますが、焦って爪を傷つけないようにゆっくり作業しましょうね。

  1. 180~240Gのファイルで、爪の長さ・形を整えます。
  2. キューティクルリムーバーを爪の下部に塗り、プッシャーとニッパーで甘皮とささくれを処理します。
  3. 180Gのバッファーで、爪の表面を優しく削ります。
  4. プレプライマーをコットンに染み込ませて、油分除去します。
  5. ベースコートを塗り、硬化します。
  6. カラージェルを塗っていきます。カラージェルは、「塗る→硬化する」この作業を2回繰り返しましょう。
  7. ストーンなどのネイルパーツを付けたい場合は、付けたい箇所にクリアジェルを少量塗り、ストーンを置き、硬化します。
  8. トップコートを塗り、硬化します。
  9. プレプライマーをワイプに染み込ませて、未硬化ジェルを拭き取ります。
  10. キューティクルオイルを爪や指先に塗って保湿をすれば、完成です。

合わせて読みたい

セルフでできるジェルネイルのデザイン!初心者でも簡単なおすすめ10選
だんだんと肌寒くなってきましたね。そんな寒い冬を可愛いジェルネイルで乗り切りましょう!セルフネイルでも、サロンで施術してもらったような素敵なデザインが出来ちゃうんです。初心者でも簡単に出来る、冬らしく可愛いジェルネイルをご紹介していきます!

セルフネイル初心者さんは簡単でシンプルなデザインを♪

初めは凝ったデザインに挑戦してみたくなりますが、まずはシンプルなデザインから挑戦していきましょう。シンプルなデザインでもカラーを変えたり、ほんの少しパーツを付けるだけで、可愛いネイルになりますよ。
初心者でも簡単に出来るデザインをご紹介します。

スモーキーベージュの大人デザイン

ワインレッドのワンカラーデザイン

ストーンを付けるだけ!パステルピンクのキュートなデザイン

ラメ入りネイルでゴージャスデザイン

交互にカラーチェンジで簡単オシャレデザイン

まとめ

いかがだったでしょうか?基本さえ覚えてしまえば、簡単にセルフネイルが出来ますよね。
サロンへ毎月通うのは大変で値段も高いので、自宅でセルフネイルが出来れば節約にもなり、100%自分好みに仕上げることが出来ます。
是非挑戦してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク