女性のオフィスカジュアルの基本!知っておきたいその定義とは。

最近気になること

仕事場で「オフィスカジュアルな格好で」と言われたことはありませんか?何となくイメージはできますが、正しいオフィスカジュアルの定義って意外と知らないですよね。

この記事ではオフィスカジュアルの定義などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

女性のオフィスカジュアルの基本的な考えの定義はこれ!

女性のオフィスカジュアルの服装の定義はご存知ですか?オフィスカジュアルの定義とは、きちんとまとまった服装のことを言います。会社によってオフィスカジュアルの定義の違いはありますが、綺麗にまとまっていて清潔感のある服装がオススメです。

仕事場では取引先の方とも会うこともあるので、その際に失礼に当たらない服装が望ましいです。実際何を着ればオフィスカジュアルになるのかわからないですよね。

オフィスカジュアルの服装のポイントをご紹介しますね。

オフィスカジュアルのポイント

オフィスカジュアルではきちんとまとまった服装が求められます。ブラウスにジャケット、パンツや膝丈程の短すぎないスカートなどを合わせると女性らしく綺麗にまとまった服装ができるのでオススメです。

その際にブラウスの色が派手すぎたり、胸元が開いていたり、スカートの丈が短すぎるもの、ダメージのジーンズはだらしない印象を与えてしまうので避けてくださいね。白いブラウスや色が薄い色の服を着る時は、下着が透けないようにきちんとキャミソールなどを着てくださいね。

白いブラウスに派手な色のキャミソールなどを着てしまうと、色が透けだらしなさを感じさせてしまうので注意してください。

オフィスカジュアルの注意点

服装ばかりに目が行きがちですが靴選びも注意が必要です。靴はシンプルなデザインのヒールやシンプルなフラットシューズがオススメです。服装はきちんとまとまっているのに靴がスニーカーや派手なヒール、サンダル、厚底な靴などを履いてしまうとだらしなく見えてしまいます。

オフィスカジュアルではスニーカーは意外と禁止されている会社もあるので注意してください。小物使いも派手すぎるものやダメージ加工されているものは避けましょう。

オフィスカジュアルでは全体を見たときのバランスが大切になります。

服装は綺麗にまとまっているのに小物や靴でだらしなさを感じさせてしまわないようにしてくださいね。服装で相手に与える印象が大きく左右されますので、慎重に服を選んでください。

オフィスカジュアルとはいえ仕事場での格好ですので、仕事場にふさわしい格好を心がけて下さいね。

女性のオフィスカジュアルで選んだら間違いない色は?

女性のオフィスカジュアルでオススメの色使いは、白、黒、ベージュ、薄いピンクなどのパステルカラーです。優しい色を使ってあげることで女性らしく着こなすこともでき、硬くなりすぎない印象を与えてくれます。ベージュを使うことで優しい雰囲気を出すことができますよ。

スポンサーリンク

ジャケットは黒や紺などを取り入れて、シンプルに着こなすのがオススメです。黒や紺の暗い色を取り入れることできちんと感も出すことができます。全体的に暗い色でまとめてしまうと暗すぎる印象を与えてしまうので注意してください。

先ほども言ったように服装で相手に与える印象は大きいです。インナーは白、ジャケットは黒などを使うことで、きちんとまとまりのある服装をすることができます。

合わせて読みたい

ラーメンの健康な食べ方って?噂のヘルシー麺ってなに?
あなたはラーメンはお好きですか?私は大好きです。ラーメンって美味しいですよねぇ~。でも、気になるのがカロリーや塩分ですよね。でも、ラーメンって食べたら太るって思われがちですが、食べ方に気をつけたら大丈夫って知っていますか?しかも、もっとヘルシーに食べられる麺もあります!今日は、ラーメンで太らない食べ方とヘルシーな麺について紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか?オフィスカジュアルの定義は様々ですが大体はきちんと感やまとまった服装を大切にしています。オフィスカジュアルな服装でも女性らしさを出すことはできるので、自分なりに色々なコーディネートを考え楽しんでみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク