静電気防止スプレーは本当に効くの?その使い方と使ってみた感想。

生活全般

空気が乾燥してくるこの季節。乾燥だけじゃなくて、バチバチっとくる痛~いあの静電気にも悩まされますよね。

わたしは電気を溜めやすい体質なのか、この静電気が起きやすい季節になると、ドアノブを触ってはバチバチ、セーターなどの服を脱いでもバチバチ、痛い思いばっかりしていました(泣)

スカートを履いた日には、静電気でスカートが足にまとわりつくことも…。本当にいやですよね~。

そんな静電気の対策で、まず思いつくのが、静電気防止スプレー!よくドラッグストアなどのお店で見かけますよね~。このスプレーを使っただけで、静電気のバチバチが無くなるのかな?

それならお手軽だし、試してみたいな~。なんて気になっちゃいますよね!

静電気防止スプレーが気になるそんなあなたのために、この記事では、静電気防止スプレーを使うことで得られる効果を、わたしの実体験を元にご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

正直使ったほうがいい?なくても困らない?

結論から言うと、使ったほうがいいです!!

静電気防止スプレーをかけるのと、かけないのとだとやっぱり違います。スプレーをかけるだけで静電気が抑えられるので、1回使うともう使わなかった頃には戻れなくなります(笑)

大げさかもしれないですが、それくらい感動しました!バチバチくる痛みや恐怖心、ストレスからも解放されるので、本当にオススメです☆

合わせて読みたい

静電気防止ブレスレットのおすすめ3選。使用上の注意もご紹介。
冬になると手の先などが急にビリビリ~!!ってくることありませんか?そう、静電気です。ドアノブに触った時やちょっと他の人と手先がぶつかった時にやってくる静電気は私も大の苦手なので、静電気を防止してくれるブレスレットを身に付けるようにしています。今回は、静電気が起きる原因とおすすめの静電気防止ブレスレットを3つ紹介します。

静電気防止スプレーの仕組みについて

でも、「どうしてスプレーをかけるだけで良いんだろう?」と疑問に思いませんか?

静電気防止スプレーの中には、界面活性剤という成分が含まれています。界面活性剤は、水とくっつきやすいという性質を持っているので、空気中の水分を引き寄せます。

その引き寄せられた水分によって、電気の逃げ道ができるので、静電気が起きづらくなるのです!

ちなみに、界面活性剤は

  • 柔軟剤
  • トリートメント

などにも含まれているので、それらを水で薄めてよく混ぜて使用することで、同じように静電気防止の効果を得ることができます。自分のお気に入りの香りの柔軟剤やトリートメントで作れるので、好きな香りに包まれて良さそうですよね♪

ただし、手作りした場合のスプレーを使う際には注意点もあります。

・シミになる可能性があるので近くからスプレーしない。
・早めに使い切るようにする。

これらのことに気を付けてくださいね!

静電気防止スプレーの使い方や対処できる場面って?

それでは、静電気防止スプレーの使い方をご紹介していきますね♪

衣類の場合

使い方はとっても簡単☆お出かけの前にお洋服にスプレーをかけるだけ!ただ、お肌が敏感な方は直接スプレーが皮膚にかからないように注意してくださいね。

お洋服の表と裏の両方にスプレーをかけることで、より静電気防止の効果が高まります。

また、衣類に使えるものはカーテンやソファーのカバーなどにも使用することができるので、こちらにも合わせて使って、おうちの中の静電気も防止しちゃいましょう!

髪の毛の場合

静電気防止スプレーは、衣類だけのものじゃないんです!

スポンサーリンク

ストールやマフラーを使っていると、髪の毛の静電気も気になりますよね。静電気で髪の毛が広がったり、マフラーなどを外す時にパチパチしたり…。そんな静電気によって、髪の毛もダメージを受けてしまいます。

ダメージを防ぐためにも、髪の毛にも静電気防止スプレーを使うことをおすすめします!ただし、髪の毛には髪の毛専用の静電気防止スプレーを使ってくださいね!

上記に記載した、トリートメントを水で薄めたものを使うのも良いですよ♪

まとめ

いや~な静電気も、スプレーをかけるだけというお手軽な方法で、防止することができるんです!静電気防止スプレーには、香り付きのものもあるので、お好きな香りのものを探して使ってみてくださいね!これでもう、静電気のお悩みとはサヨナラです☆

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました