こたつ布団の完璧すぎる収納方法!ずぼら主婦でもこれで安心!

家事、料理

寒い冬をぬくぬくと過ごさせてくれたこたつも、春を迎える頃にはお別れですね。次の冬もまたちゃんと使えるように、しっかりと保管をしておきたいところです。

テーブルはそのまま使うなり、折りたたんで家具の隙間にしまっておくなり、その後のやり場に困らないのですが、

「あの、かさばるこたつ布団はどうやって収納したら良いのか?」
「自分の考えている収納のやり方で良いのか?」

ちょっと不安になること、ありますよね。

押入れでの保管や圧縮袋をつかったこたつ布団の収納方法を、基本のやり方から「えっそうなの?」と気づきにくいポイントまで、収納マスターが伝授したいと思います!

スポンサーリンク

こたつ布団を収納する前に準備するものって何かある?

さっそく、こたつ布団を収納するのに必要なものをご紹介していきましょう。

収納用袋

通気性の良い、不織布でできたものを選びましょう。こたつ布団をそのままのサイズで収納できるスペースがある人はこちら。

また、圧縮袋でギュッとやってこたつ布団を傷めてしまわないか心配な人もこちらのつぶさないタイプの袋のほうが安心ですね。

防虫剤

こたつ布団は半年ほど収納しておくことになるので、効果の期間が長いものを準備しましょう。

圧縮袋

「こたつ布団を収納するのにそんなスペース余ってない!」という人はこちら。我が家もこっちです。最近は100円ショップでもこたつ布団が収納できるような大型の圧縮袋が売っていたりしますね。

値段のせいかわかりませんが、だんだん月日がたつうちに空気が入って膨らんできてしまうこともあるので、袋選びも重要ですね。ガムテープなどでしっかり口をふさいでしまうという作戦も効果的だとか。

圧縮袋用の脱酸素剤やシリカゲル

圧縮袋の中に残っている酸素や湿気がなくなり、ダニやカビの発生を抑えることができます。

用具の準備も大切ですが、保管状態をより良くするためにも、収納前にはきちんとこたつ布団を洗濯して汚れなどを落としておきましょう。ゴミや汚れは虫を呼びますよ!

また、こたつ布団を収納袋や圧縮袋に入れる前に天日干ししておくと湿気を減らせてカビ対策になります。

洋服などでもやってしまいがちなのが、クリーニングに出したあとでクリーニングのビニール袋に入れたままにしてしまうこと。ビニール袋は通気性が悪いので、必ず収納袋に移してこたつ布団を保管しましょう。

実際に収納したあとにも気を付けたほうがいいことは?

こたつ布団をきれいに洗濯してしっかり収納したからもうこれでオッケー!いえいえ、実はそうでもないんです。

収納袋に入れたこたつ布団を多くの人が押入れなどの収納スペースに入れっぱなしにしてしまいがちなんですが、収納部は空気の流れがなく湿気が溜まりやすい場所です。

月に1~2回、収納した押入れなどを開放して換気をするとこたつ布団の周りの空気がリフレッシュされ、保管状態が良くなります。我が家でも、湿度計を置いて様子をみていましたが、換気をするのとしないのとでは明らかに数字に違いが出ました!

それでも出した時のカビ臭さが気になる場合は、手間と体力的な負担がかかりますが、ときどきこたつ布団を収納袋から出して天日干しをするのが効果的です。

スポンサーリンク

さらに、こたつ布団を圧縮袋で圧縮した場合も、袋への湿気の出入りはあるんです!お天気が良いな~と思ったら、少し気合いをいれて天日干ししてあげるのがベターです。

まとめ

こたつ布団の収納の方法についてまとめてみました。来シーズンも気持ちよく使うためには、湿気のコントロールがポイントになりそうですね。

  • 通気性の良い収納袋を使い、圧縮袋の場合は脱酸素剤やシリカゲルも併用する。
  • しまいっぱなしにはせずに、こまめな換気やできれば天日干しもして湿気対策をする。

この2つのポイントをおさえれば大丈夫です。あなたもこたつ布団の収納マスターになってくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク