桜(ソメイヨシノ)の花言葉は何?英語ではなんて言うの?

生活全般

日本で春を象徴するものといえば、桜がすぐ思いつくのではないでしょうか?
日本人は古くから桜に慣れ親しんできました。

お花見の時期は桜の花を見ながら飲んだり食べたり、楽しいですよね。そして桜といえば代表的なのがソメイヨシノです。実は日本に植えられている桜のほとんどが、ソメイヨシノの品種なんですよ。

街路樹、公園、学校など身近なところでよく見かける桜はほとんどソメイヨシノなんです。ここでは意外と知らない桜、ソメイヨシノの花言葉とその意味をご紹介します。

スポンサーリンク

ソメイヨシノの花言葉とその意味…実はこうだった!

桜全般を指す花言葉は、「精神の美」と「優美な女性」です。

「精神の美」の由来については、有名な逸話がありますよね。
アメリカの初代大統領であるジョージ・ワシントンが子供の頃、父親が大切にしていた桜の木を誤って切ってしまいますが、すぐにそのことを正直に告白したため、その正直さを褒められたという話です。

そこから「嘘はついてはいけない」という教訓の元、堂々と咲き誇り一斉に散る潔さがある桜の花言葉になったと言われています。

「優美な女性」については、その見た目から桜の持つ控えめで上品な美しさを女性に例えて付けられた花言葉です。

そして桜の種類は600以上あると言われていますが、その種類によってもそれぞれ花言葉があるんです。
その中でも、代表的なソメイヨシノの2つの花言葉をご紹介します。

純潔

淡いピンク色の5枚のはなびらからできた花は、満開に近づくごとに薄紅色から白色になっていきます。その見た目の風情からつけられた、花言葉だと言われています。

優れた美人

ソメイヨシノは葉よりもまず花が一斉に咲き始めます。満開に咲いたとき、一重の花が枝を覆い隠すように咲き誇ります。
ですが、風に吹かれて散る際の桜吹雪は、なんとも美しく儚いものがありますよね。その様子から、おしとやかで美しい女性に例えてこの花言葉がつけられました。

淡いピンク色から白色へ、満開に咲いた時の華やかな美しさと散り際の儚さを併せ持つソメイヨシノにピッタリの花言葉ですね。

桜の花言葉を外国の人にも教えたい!英語では何て言うの?

桜を英語にすると、「cherry blossom」が日本では一般的ですよね。でもそれを直訳すると、実のなる”さくらんぼの木”になってしまいます。

なので、実のなるものとならないものとを区別するために、「cherry blossom tree」という言い方をします。

「tree」を付けることで実のならない桜の木ということが、外国の人に理解してもらいやすいんです。「sakura」そのままでも通じることがありますよ。

そしてこの桜の花言葉を、ぜひ外国の人にも教えてあげたいですよね。
桜の花言葉を英語で表そうとすると、ワシントンの逸話からきていることから「精神の美」と「優れた教育」になります。
精神の美は「spiritual beauty」、優れた教育は「a good education」になります。

お花見のシーズンは、観光客の中に外国の人も多く見かけますよね。もしかしたら、桜の花言葉を教えてあげられる機会があるかもしれません。
その時のために覚えておいてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

昔から桜は俳句や短歌に使われたり、現代でも様々なところでモチーフにされたり名前に使われたり、日本に深く浸透していますよね。
それだけ当たり前のように身近にある桜にも素敵な花言葉があるということを知っていただけたでしょうか。

花言葉の意味を知ることで、さらに桜に親しみと誇りをもってこれからも大切にしてきたいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク