ダイエットは筋トレだけじゃダメ?有酸素運動が必要な理由とは

ダイエット、スポーツ

「筋トレを頑張ってだんだん筋肉もついてきたのに、なんで体重は落ちないの?」とお悩みのあなた!
そのやり方、間違っているかもしれませんよ。
実は筋トレだけを頑張っても、それほど脂肪は燃焼されないんです。ダイエットのためには筋トレに有酸素運動を組み合わせることで効果がアップするんですよ。

この記事では、なぜダイエットのためには筋トレだけじゃなく有酸素運動も必要なのかを説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

筋トレだけじゃ脂肪は落ちない!有酸素運動をするべき理由

そもそも筋トレは短時間で筋肉に強い負荷をかけて筋肉の量を増やし、基礎代謝を上げるための運動です。筋トレで強い負荷をかけられた筋肉は、トレーニング後に回復・修復しようとします。

その時「ノルアドレナリン」というホルモンが分泌されます。それによって代謝があがり、脂肪を分解してくれるんです。

さらにノルアドレナリンより少し遅れて、「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンは、ノルアドレナリンよりも長い時間脂肪を分解する働きがあります。
この脂肪分解は筋トレをした後から行われるため、運動をしていない間も脂肪が燃焼しやすい体になっているのです。

「だったら筋トレだけ続けていればダイエットになるんじゃない?」と思われがちですが、脂肪を分解しただけではダイエットの効果としてはあまり感じられません。
確かに筋肉はつきますが、脂肪が減らなければ体重も変わりませんよね。

そこで、分解された脂肪を燃焼するために必要なのが有酸素運動なんです!有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳など長時間の運動をする中で、体の中に酸素を取り込んで脂肪を燃焼する運動です。

筋トレの後に有酸素運動をすることが、ダイエットのために最も効率的で大事なことなんです。

筋トレに有酸素運動を足すだけでダイエット効果アップ?

まず先に筋トレで血行をよくして、基礎代謝をあげてから有酸素運動をすると、効率的に脂肪を燃焼できるのでダイエットにより効果的です。

体が温まっていないうちから長時間必死に有酸素運動をしても、燃焼するための脂肪が少ないのでなかなか効果が得られずただただ疲れただけ、となってしまいます。
しっかりと効果を得るためには、筋トレの後に有酸素運動をするという順番に気を付けましょうね。

有酸素運動は20分経ったくらいから脂肪が燃焼し始めるので、最低でも30分は続けたいですね。やりすぎもよくないので、だいたい30分~1時間くらいがベストです。

どのくらいの頻度でやればいいの?

筋トレによって分泌された「成長ホルモン」の効果は、最大48時間くらい続くといわれています。
そのため、無理せずダイエットをするなら2日に1回のペースで、筋トレ+有酸素運動を続けても十分効果はあります。

もっと早くダイエットの効果を得たいなら、毎日、筋トレ+有酸素運動を続けましょう。
その場合は筋トレをする部位を毎日変えることで、筋肉を休ませながら成長ホルモンの分泌を促し脂肪を燃焼させることができます。

どちらにしても筋肉を休ませるということが、大事なポイントになってきます。使った筋肉の回復・修復を早くさせることで、脂肪燃焼の効果は高まります。
筋肉痛になったら、その部位はしばらく休ませるようにしましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットをより効率的にするためには、筋トレと有酸素運動の両方が必要だということが分かりましたね。ただやみくもに筋トレだけをしてもダイエットにはつながりません。

逆に有酸素運動だけをがんばっても効果が得られません。大事なのはそれらの運動をする順番です。
ぜひここで紹介した方法を実践して、ダイエットを頑張ってくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク