スーツの洗濯の頻度とは?長持ちさせる保管方法もご紹介!

生活全般

社会人の正装とも言えるスーツ。これから社会に出ようとしているフレッシャーズの方々は、そのスーツを身にまとい、社会の荒波にもまれながら日々成長していくことと思われます。

さて、そんな、これから毎日着ることになるであろうスーツですが、そのお手入れ方法については正しく理解していますか?

毎日着るものなので、いつも清潔に着たいのはもちろんですが、普段着と違って毎日洗濯するものでもないですよね?

「毎日洗濯できないスーツは、汚れや臭いが蓄積されないか心配」
「そもそも洗濯なんてできないし…」
「クリーニングに出すとしてもどのくらいの頻度で出せばいいの?クリーニングのしすぎもスーツをいためてしまいそう」

そうですよね。これまで着る機会なんてほとんどなかったスーツの洗濯の頻度やお手入れの仕方って、改めて考えてみるとわからないことが多いですよね。

でも、これから社会人になって毎日スーツを着ないといけないのに、わからないままでは困りますよね。

そんなスーツのお手入れについてお困りのあなたのために、今回はスーツの洗濯の頻度や正しいお手入れ方法について詳しく解説いたします。

これを読んで、入社するまでの間にスーツのお手入れ方法について、しっかりマスターしておきましょう!それでは早速いってみましょう♪

スポンサーリンク

新社会人必見!スーツを清潔に保つベストな洗濯の頻度とは

では、スーツを清潔に保つのにはどのくらいの頻度で洗濯に出せばいいのでしょうか?これは、一概にどのくらいとするのが難しいです。

デスクワーク中心の人と、外回り中心の人では、スーツの汚れ具合や汗の量なんかが違ってきますよね。ここでは、一般的にスーツをクリーニングに出す頻度についてご紹介させていただきます。

一般的に、スーツをクリーニングに出すベストな頻度としては

・夏場は最低でも2週間に1回
・冬場は1シーズンに1回

をおすすめします。

ここで言う「一般的」とは、

・毎日スーツを着用するが、数着あるスーツを着まわしている。
・デスクワークが主で、普通にしている分にはあまりスーツを汚すことがない。

です。

上記を参考にしていただき、外回り中心のお仕事の人や、汗をよくかくという人は、汗や汚れが蓄積され黄ばみやニオイの原因になりますので、必要に応じてもう少しこまめにクリーニングを検討する方がいいでしょう。

ただし、クリーニングの出しすぎはスーツを傷めてします原因にもなりますので注意してください。

ほとんどのスーツがウールといって羊毛でできているのですが、羊毛には油分が含まれています。この油分が生地に適度なハリを与えてくれているのですが、頻繁にクリーニングすることによってこの油分が損なわれてしまい、生地にハリがなくなり、クタ~っとしたスーツになってしまいます。

清潔なスーツにこだわる方は、「洗えるスーツ」という自宅の洗濯機で洗濯できるスーツも最近では売られていますので、こちらを普段着用するスーツとして使用するのもおすすめです。

大事なスーツを長持ちさせるために!おすすめの保管方法とは

次に、大事なスーツを長持ちさせるための保管方法をお手入れの方法と合わせてご紹介します。

保管する前にはまずブラッシングを

スーツの保管方法で、まず基本となるのが「ブラッシング」です。スーツ着用後は、まず洋服ブラシでブラッシングし、ホコリを落とします。

スーツの素材は天然のウールで、生地も呼吸しています。ホコリをそのままにしておくと、生地の回復が遅れて傷みが早くなってしまいます。

縦方向に優しくなでるようにブラシを動かしましょう。このひと手間で、スーツはぐんと長持ちしますよ。はじめは面倒でも、慣れてしまえばそれほど手間と思わなくなります。ぜひ習慣にしてください。

スポンサーリンク

着用後は一晩干しておく

帰宅してスーツを脱いだら、すぐにクローゼットにしまうのではなく、一晩干すようにしましょう。1日着用していたスーツは知らず知らずのうちに汗などたくさんの水分を含んでいます。

風通しのよい場所に干しておくことでスーツの湿気を逃がしてあげるのです。臭いやカビ予防にも効果的です。

専用のハンガーで保管しよう

スーツを保管する際、自然にシワが伸びるようにして型崩れを防ぐことが重要です。

ジャケットやパンツ、スカートなどそれぞれ専用のハンガーを用意しましょう。ジャケットは、肩の部分にきちんとフィットするような太めのハンガーにかけ、型崩れを防ぎます。

プラスチック製のハンガーよりは、木製のハンガーの方が吸湿性に優れているのでおすすめです。

パンツやスカートはクリップのついたハンガーに吊るしましょう。パンツは裾を上にして吊るすことで、自身の重みで自然とひざのシワが伸びやすくなりますよ。

間違っても、一つのハンガーに全てまとめてかける、なんてことはやめてくださいね!

正しく保管することで型崩れを防ぎ、スーツを長持ちさせることができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?スーツはお手入れ次第で、ずっと長く着ることができるんです。

これから社会にでる方にとって、初めてのスーツってとても思い入れがあるものですよね。ぜひ正しいお手入れで、長く大切に着用してくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク