社会人が資格を取得するならコレ!人気5選と合格のための勉強方法!

生活全般

資格取得というと、学生や就職活動中の人たちがメインで活動している思いますが、実は今社会人になってからも資格を取得する人が増えているんです。

「学生時代に十分勉強したからもういいよ〜」「今は仕事で手一杯!」と言う人もいる中でなぜ、仕事で忙しい中更に時間を削ってまで勉強し資格を取るのでしょうか?

この記事では、今!特に社会人に人気の高い資格と、その理由をご紹介します。中にはあなたのキャリアアップが狙える資格があるかもしれませんよ!?

スポンサーリンク

みんな勉強している人気の資格5選!その理由は?

世の中にはありとあらゆる資格が年々増えていっています。
その中でも社会人に人気の資格は、取得することで作業効率や月収がアップしたり、独立・開業を目指せる資格が人気のようです。

それではじっくり見てみましょう。

MOS

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストの略で、パソコン業務において必須とも言えるExcel・ Word・ Powerpoint・Access ・ Outlookの5科目の中から選択、受験が出来ます。

さらにExcelとWordは一般レベルのスペシャリストと、上級レベルのエキスパートというランクがあるのですが、特に人気なのはやはりExcelとWordなんです。

パソコンが必要なこの時代では取得しておくことで一生使えますし、資格の中でも珍しい国際資格なので、全世界レベルで活用できます。社会人として持っておきたい資格NO,1と言っても過言ではありません。
取得すれば作業効率は格段にアップしますし、企業によって積極的に取得して欲しい所もあるようです。

社会保険労務士

企業においての社会保障の制度をスムーズに活用させる仕事です。
確定申告などの提出する書類を代行で作成したり、労働者の社会保障に関する手続きを行うなど、社会保険労務士の資格があるからこそ任せられる独自の仕事があります。

法律の幅広い知識が必要ですが、資格取得後は通常勤務も出来ますし、独立をして開業も出来るので新たな道が開けるのも魅力。社会保障は仕事をする上でも重要なので、長く活用できる資格です。

日商簿記2級

企業の財政状況を明確に把握することができ、会社の経営管理に携わるのに必要な資格です。
事務系(特に経理担当)の仕事で必要とされる資格で、最近では採用条件にも記載されることも多くなっています。

お金を扱わない会社はないので、取得後は仕事の幅がかなり広がりますし、企業でも持っていて欲しいと言う声が多い人気資格の一つなのです。
経理面に強くどんな企業でも使えるので転職にも有利。

手当が付く事も多いので、月収アップやキャリアアップも狙える自分にも企業にも嬉しい資格ですね。

ファイナンシャルプランナー

金融関係の仕事には必要不可欠な資格でお金のプロフェッショナル。主に資金運用・計画に関しての仕事なので、会社はもちろん家計管理にも役立つ事から、最近では主婦でもこの資格を取得する人が増えてきていて、かなり注目されています。

テキストを読むだけでも効率よく勉強できるので、隙間時間でも学習できるのは社会人にとってありがたいですよね。
お金とのお付き合いは一生物なので、取っておいて損はない資格だと言えます。

宅地建物取引主任者

不動産取引や契約に必要な資格で、お客様に販売する物件の詳細を伝えたり、取引に必要な書類の手続きを法律に基づいた状態で行います。

不動産の事務所では5人に一人配置しなければならないという義務がありますし、不動産取引が活発化しているのでこれからも人気が続く資格の一つです。

国家資格の中では比較的取りやすいですし、会社によって資格手当が月5千円〜3万ほど付くので月収アップにもつながります。

一発合格するには?資格取得のための下準備、勉強法

せっかく取るなら一発合格したいと思うのは当然ですよね。では毎日忙しい中、どう勉強に取り組む事で資格取得に近づくのか、その方法をご紹介します。

なぜ取得をするのか目的を明確にする

取る意味や目標がぼやけていると、それに向かっての勉強もぼやけた気持ちでしか出来ません。

よほど自信があるのであれば別ですが、どうしても取りたい!と明確な意志があるならその資格をなぜ必要としているのか、取得すると自分にとってどんなメリットがあるのかをハッキリさせておくことで、モチベーションが上がったり、目標に向かって勉強しやすくなります。

受験日から逆算する

自分が取る資格の受験日から勉強を始める日までを逆算して学習計画を練ることで、一日どの程度のペースで取り組めばいいのかがハッキリわかります。

一日の内で最低限やらなくてはいけない勉強量がわかっていれば、受験日近くになって焦り始めることもないですね。

勉強のポイントを絞る

資格によって色々な勉強法があると思いますが、主にテキストでの学習する時は、自分が苦手なカテゴリーや出題確率が高い部分など、集中的に勉強すべき部分を絞ることで合格の道のりは近くなります。

一通りテキストを解くのも大事ですが、過去問を元に受験に必要なポイントはしっかり抑えておきましょう。

スポンサーリンク

小さな目標を立ててコツコツと勉強する

最終目標は合格ですが、大きな目標だけでは案外道のりが遠く感じるものです。
自分の中で小さな目標を少しずつ決めておくことで、ちょっとずつ達成する度にモチベーションが上がりやすくなります。「今月中に〇〇を完璧に覚える」など目標を立てると進めやすいですよ。

その代わり目標が簡単すぎると達成感も味わえませんし、モチベーションもこれと言って上がらないので、少しハードルが高めくらい設定しておきましょう。

疲れていても、とりあえず勉強する

いつにも増して忙しかったり残業が合った日は、早く帰ってゆっくり休みたいですよね。でもそこで休んでしまうと、その先もダラダラと何か理由を付けて休みがちになります。

それが繰り返されると、必然的に合格への道のりは厳しくなってしまうので、疲れていてもせめてテキスト1ページだけでも勉強する。

ちょっと子供っぽいかもしれませんが、勉強をした日をカレンダーにチェックしておくことで、自分の日々の努力が目に見えて更に頑張れます。

息抜きを忘れない

追い込むことも大事ですが、適度な休憩をしないと勉強に対してストレスや疲労が徐々に蓄積されていき、最後にはやる気も起きなくなってしまいます。

これでは今までの苦労と努力が水の泡…そうなる前に週に一度や、毎日勉強する人でも一時間くらいは自分の好きなことをしてみましょう。ただし、息抜きに時間をかけ過ぎないように気をつけてくださいね。

体調管理をしっかりと

毎日勉強を頑張っても、体調を崩して何日も寝込んでしまったり、勉強の内容が頭に入らなければ逆効果です。

今まで以上に大変だからこそ、学生の頃のようにがむしゃらに勉強に集中するのではなく、しっかり睡眠を取ることも体調管理も、適当にならないように気を使いましょう。

まとめ

いかがでしたか?色々な職業が増えていく中で、資格の種類やその重要さも年々増しています。

転職に有利なものや開業・講師として活躍できるものなどもあるので、資格を取る事でセールスポイントがある方がキャリアアップにも繋がるでしょうし、何より自信が付きますよね。

学生の時とは違い、仕事をしながらでは大変ですが、今後の人生において必ずプラスになるものです。
是非これを参考に、自分お仕事やスタイルに合った資格に挑戦してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
sakura

2歳と9歳の子を持つママです。下の子が食物アレルギー(三大アレルギーすべて!)なので、いかに美味しいものを食べさせてあげるか、日々奮闘しています。

sakuraをフォローする
生活全般
ぷちねっと