その1度が大違い!エアコンの電気代節約になる暖房の温度は?

生活全般

今年の冬は暖冬かも?なんて言われていますが、それでもだんだんと寒くなってきてエアコンを使う日が増えてきました。

冬場、どーしてもエアコンに頼りがちになりますが気になるのは電気代。我が家はクーラーを使う夏場よりも、冬の電気代は2倍に膨れ上がります。

「ちょっとでも冬場の電気代を抑えたい!」

同じ悩みを抱えている人は多いハズ。一緒に電気代節約のコツを学んでいきましょう。

スポンサーリンク

エアコン暖房の電気代節約になる温度は?

あなたのお家では、エアコンの設定温度は何度にしていますか?我が家ではどうしても電気代のことが頭にあるので、22~23度くらいで靴下や着る毛布を使って低め低めにキープしようとしているのですが…。

男の人って寒がりじゃありませんか!?夫が部屋にいるとどんどん設定を上げられてしまいます。

実は、政府が定めている冬場のエアコン稼働時の室温の目安は20度なんだそうです。20度ってちょっと寒めな感じがしますよね。

エアコン暖房の設定温度でこの温度が一番電気代が節約になるという温度はありませんが、設定温度を1度下げると10%の節電効果が得られます。

寒ければ意味がありませんが、設定温度が低ければ低いほど電気代もかからないということですね。

設定温度の他にもエアコン暖房の使い方で気をつけたいのが、風量の調節です。微風でかけるのが省エネなのかなと私は思っていたのですが、低い設定温度で風量も少ないとなかなか部屋があたたまらないんですよね。改めて文章にしてみると、当たり前といえば当たり前のような気もしますが…。

ズバリ、風量は自動運転にするのが一番省エネだそうです!

暖房は室温を上げようと稼働する時に電力を多く消費します。なのでエアコンをつけたらスピード勝負、短時間で一気に設定温度まで部屋をあたためてしまうと良いんです。ある程度部屋があたたまれば、あとはどうにか過ごせますもんね。

さらにエアコン暖房の設定温度が低めでも暖かく感じるために、加湿器を一緒に使用することもおすすめします。

空気が乾燥していると寒く感じ、加湿した方があたたかく感じるという裏技です。湿度を上げると風邪などの予防にもなって一石二鳥ですね。

1~2度の違いが大きくひびく!夏場に比べて冬場のほうがエアコン代が高くつくのはなぜ?

我が家では夏場より冬場のほうが電気代が倍になると最初にお話ししましたが、冬場のエアコン代が高くなるのはなぜなのでしょうか?

それは、外気と室温の差が冬場のほうが大きいからなんです。エアコンは元の空気を設定温度まで上げる、もしくは下げる時に電力を消費します。

夏場は外気温と室温の差が一番大きくなるのは日中の時間帯のみで、寝苦しい夜にクーラーを使用するにしても外気温が下がってくるので気温差は小さくなってきます。

反対に冬場は日中でもあまり気温が上がらないし、朝晩は冷え込んでより外気温と室温の差が大きくなります。よって大きな気温差を縮めようとする暖房のほうが冷房より電気を多く使うというわけです。

これを言いかえると、外気温と目標の室温となるエアコンの設定温度の差が小さければ小さいほど省エネに近づくと言えますよね?!

だから設定温度の1度2度の違いが勝負となるのです。1度で10%の節電効果があるというのも納得がいきますね。

スポンサーリンク

「だいぶ部屋があたたまってきたけど、ちょっとの違いだしまだ設定温度を下げなくても良いかな~」なんて動くのも面倒だしつい甘えた考えになってしまいがちですが、これからはもっとシビアな温度管理を心がけなくてはと反省です。

まとめ

エアコン暖房の節約につながる情報をお届けしてきました。「1度で10%省エネ」結構重い言葉ですよね~。

  • 政府推奨の設定温度は20度!
  • 外気温と設定温度の差を小さくおさえることで電気代節約!

節約を意識しすぎて風邪をひいてしまっては意味がありませんが、暖房の設定温度がたった1度違うだけでと考え、例年より1度低めで過ごすと結果が見えてきそうなので今年の冬はちょっと期待してみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク