祖谷のかずら橋はスリル満点!アクセス方法と駐車場情報

お出かけ

徳島県の観光といえば、鳴門の渦潮と阿波踊り、そして「祖谷のかずら橋」を思い浮かべる人が多いのでは。

日本三大秘境といわれる徳島県西部の祖谷地域にあるかずら橋は、実は2つあるって知っていますか?今回は、比較的アクセス便利な「祖谷のかずら橋」をご紹介します。

スポンサーリンク

祖谷のかずら橋へのアクセスと駐車場情報

祖谷(いや)のかずら橋
〒778-0102
徳島県三好市西祖谷山村善徳162−2

祖谷のかずら橋は徳島県西部の中心地、池田町から車で40分くらいのところにあります。

「日本三大秘境」のひとつといわれる祖谷地域ですが、祖谷のかずら橋まではくねくねの山道ながら片側一車線あり、比較的車でのアクセスは便利です。

祖谷のかずら橋周辺の駐車場

祖谷のかずら橋周辺には、駐車場が3か所ありました。一番大きな「かずら橋夢舞台」、夢舞台の向かい側、かずら橋のすぐ近くの3つです。

夢舞台は駐車台数も多くお土産屋さんなどが併設されていて、駐車料金は500円でした。

夢舞台の向かいは400円、かずら橋のすぐ近くが300円で一番安いですが、駐車台数が少ないため(停められるのは10台程度だと思います)ほとんど利用できないと思います。

祖谷のかずら橋観光の料金と所要時間

祖谷のかずら橋を渡るには料金が大人550円、子供350円必要で、かずら橋の入り口に料金所があります。

かずら橋は橋を渡るだけなので、混雑状況にもよりますが所要時間は10分程度でしょうか。周辺の観光や休憩なども含めて、滞在時間は1時間程度みておけば十分かと思います。

祖谷のかずら橋って?

祖谷のかずら橋はその名のとおり、天然のシラチクカズラを編んで作られた橋です。もともとは屋島の戦いで源氏に敗れた平家の落人が祖谷に隠れ住み、追手がきたらいつでも橋を落とせるように作ったもの。

昔は祖谷地域に何か所かありましたが、今でも残っているのはこの祖谷のかずら橋とさらに山奥にある「奥祖谷二重かずら橋」だけです。二重かずら橋は秘境感ばつぐんのところにあり、「酷道」で有名な国道439号線を通ります。祖谷のかずら橋からでも車で40分~50分程度かかります。

天然のシラチクカズラで編まれた…というと、強度が心配になりますが3年に一度架け替えられていて、直近では2018年の始めに架け替えられています。

祖谷のかずら橋はワイヤーなどで強度がアップされているので、安心して渡ることができますよ。

一歩踏み出すと後悔するほどの怖さ

かずら橋を渡り終えた夫がつぶやいた一言は、「なんで金払ってこんな罰ゲーム受けたんや…」でした(笑)。

私は子供のときに何回か来たことがあり怖かった記憶があるのですが、大人になった今なら大丈夫!と思ったら大間違いでした。だって、足もとがこれ。

祖谷のかずら橋

橋の板と板との隙間、わかりますか?大人でも気を付けないと足を踏み外しそうなくらいにスカスカなんです。ワイヤーで補強されているとはいえ、サイドのかずらは頼りない感触でつかむとしなります…。渡り終えるまで生きた心地がしませんでした。

ちょうど紅葉シーズンで普段より観光客が多く、団体さんと重なったため渡る人が多かったので、ものすごく揺れたのも恐怖ポイント。私の後ろにいた若い男性グループでさえ、最初ははしゃいでいたのに渡るうちに無言になる始末。

ちなみに、かずら橋の高さは川から14メートルあります。カメラやスマホなどを落とすと、確実に回収不可能なので注意してください。

合わせて読みたい

徳島にもある妖怪まつり!三好市山城町の妖怪まつりをご紹介します
徳島県の三好市山城町の妖怪まつりに行ってきました。廃校になってしまった小学校を使って毎年11月に開催されています。妖怪まつりってなんとなく京都のイメージが強いですが、徳島県でもあるんですよ。手作り感が満載でユニークな妖怪達が登場してきてとても楽しかったです。今回はそんな妖怪まつりのアクセス方法や見どころをご紹介します。

祖谷のかずら橋は紅葉の名所!

祖谷は徳島県有数の紅葉の名所です。たしかに紅葉はすごくきれいでした。ただ、かずら橋を渡りながら紅葉を楽しむ余裕はないので、渡る前や渡った後に紅葉を楽しんでくださいね。

祖谷のかずら橋は紅葉の名所

かずら橋周辺の紅葉シーズンは毎年10月下旬から11月中旬頃で、徳島県では紅葉が早いところです。

かずら橋夢舞台の駐車場からもどこまでも連なる四国山地の山々の紅葉が楽しめるし、祖谷の手前の大歩危小歩危も紅葉の名所として有名ですよ。

かずら橋を楽しんだあとは

かずら橋夢舞台でも徳島県の郷土料理「でこまわし(みそ田楽)」や祖谷名物の祖谷そばを食べられますが、おすすめのお店があります!

かずら橋から車で10分程度のところにある「祖谷美人」というそば屋さん、ここのテラス席には名物の小便狸がいます。

そば屋さんのテラス席に小便狸

祖谷渓谷の断崖に立つ小便小僧の写真を見たことがある人もいると思いますが、かずら橋からちょっと遠いので観光の都合で行けない場合もありますよね。

祖谷渓谷に豪快に水を放出する狸像もなかなかよかったです。本家は水なしですが、狸は給水ホースつきでエンドレスに放出していますよ。

祖谷美人でもでこまわしやあめご(アマゴ)の塩焼きが食べられます。祖谷そばと郷土料理のセットメニューが豊富で、予算は1,500円~2,000円程度です。

祖谷そばと郷土料理のセットメニュー

こちらもオススメ♪

道の駅大歩危は妖怪屋敷が面白い!大歩危峡の景色も楽しめる
徳島県の大歩危峡は景色が楽しめる以外に、妖怪屋敷としても有名で数多くのユニークな妖怪達にお出迎えされます。山城町はこなきじじいのふるさとでもあり実際にこなきじじいの像があります。私は、ちょっと不思議な雰囲気もあるこの街へ行ってきたので、アクセス方法や駐車場、見所スポットを写真付きでご紹介します。

まとめ

「徳島県の観光名所といえばかずら橋!」というほどのメジャースポットではありますが、県西部にあり少しアクセスが不便なところです。

その分、都会ではなかなか見ることができない山深い場所の絶景が見られるのが祖谷観光の魅力。「日本三大秘境」といわれる祖谷地域の中では比較的アクセスしやすいので、気軽に秘境体験ができておすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました