うちの旦那もしかして?モラハラ夫の特徴とみんなの対策

夫婦、恋人

あなたは、「モラハラ」という言葉を知っていますか?モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略称です。

目に見える身体的な暴力ではなく、言葉や態度による精神的な苦痛を相手に与える言動のことで、DV(ドメスティック・バイオレンス)の一種なんです。

一般的に、DVと比べると外傷などないため、第三者が発見したり、確認することが難しいのも特徴です。そして、モラハラを受けた本人でさえ、モラハラを受けている自覚がない場合もあります。

では、どういったことをされたら「モラハラ」に当てはまるのか、特徴となる言動やモラハラ対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「モラハラ夫」の特徴とは?こんな言動があったら要注意!

最近では、結婚した途端にモラハラ夫化するパターンが多く確認されています。長い付き合いだったとしても、「元々の性格」と判断されてしまい、気付きにくいのも現状です。

離婚の原因として上位にあがる「モラハラ」の特徴をご紹介します。

・人付き合いの基本は「使える・使えない」で考える
・基本的に人を信用しない
・いつも自分が最優先
・自分の間違いを認めない
・お店で突然クレーマーに変身することがある
・妻の向上心や楽しみを否定する
・妻の大切なものを壊す(捨てる、傷つける)
・嫉妬深く、束縛が激しい
・妻を、実家や飲み会などに行かせない
・妻をしつこく責める
・自分を正当化する(責任転換する)
・結婚後または妊娠、出産後に豹変した
・妻を長時間にわたって無視する
・平気で噓をつく

合わせて読みたい

新婚なのに旦那が嫌い!結婚生活を上手に続ける方法はあるのか?
新婚なのに、旦那が嫌い!!何でだろう?こんなはずじゃなかったのに…なんて不安になっていませんか?実は、結婚直後に旦那嫌いになってしまう人は、意外と多いんです。嫌いになってしまうのには、新婚ならではの理由があったりします。今回は、新婚さんの旦那が嫌いな理由と結婚生活を続けるコツについてまとめました。

妻たちのモラハラ夫対策は?つらかったら本格的な相談も

「モラハラ」に悩んでいる家庭の多くは、さまざまな対策や相談によって解決していきます。どのような解決策があるのか、ご紹介します。

夫を立ててみる

家庭内で、「自分が一番上の立場や優位にいないと気が済まない」のがモラハラ夫の特徴です。

そのため、少しでも妻が優位な立場に立ったり、自分が見下されるようなことがあれば、文句を言わずにはいられません。そんなときは、まず夫を立てることから始めてみましょう。

あくまで「対策」のひとつとして行うことなので、表面的で構いません。夫を立てることで、「自分が優位に立っている」と思い込み、以前よりもモラハラの回数が減ります。

ただ、いくら表面的とは言え、我慢をしながら夫を立てるのは疲れてしまいますよね。夫がいない時に、ストレスを発散するようにして下さいね。

夫からの暴言は受け流す

「束縛」や「嫉妬心」が強いのも、モラハラ夫の特徴です。束縛や嫉妬心が強ければ強いほど妻を支配したくなり、暴言を吐くようになります。

そんな夫からの暴言は、聞き流してしまいましょう。いちいち気にして、全てを受け止めていてはキリがありません。

暴言が始まったら、聞いているフリをして、頭の中では別のことを考えるなど、出来るだけ受け流して気にしないようにしましょう。

信頼出来る人や専門機関に相談する

家庭内の問題であるモラハラは、外部の人間に相談するのは内容的にも勇気のいることですよね。

しかし、モラハラ夫と毎日同じ屋根の下で生活している妻にとって、一人で抱え込むには限界があります。とても勇気がいることですが、親族や友人にモラハラについて、少しでも構わないので話してみましょう。

身近な存在ゆえの適切なアドバイスをくれたり、あなたのために動いてくれるでしょう。そして、あなた自身も誰かに話すことでストレスの発散になりますし、味方がいると考えるだけで心強くなります。

また、モラハラに悩む女性の多くが、地域の専門機関で相談に乗ってもらっています。つらい場合や親族・友人にも相談しにくい場合は、無理をせず専門機関で相談に乗ってもらいましょう。

離婚・別居をする

離婚や別居となると、お互いの生活環境が変わったり、親族も関わってくることなので、自分ひとりの判断ではなかなか決めるまでに時間と勇気がいりますよね。

ですが、モラハラが一向に改善される兆しがない場合や、モラハラに耐えられなくなったら、離婚や別居も視野に入れるようにしましょう。

お子さんがいる場合は、お子さんのことを最優先に考えると離婚を避けたい場合が多いと思いますが、モラハラ夫とこれからも暮らすということは、お子さんにも少なからず悪影響を及ぼします。そして、妻、母親、一人の女性として、モラハラ夫のためにずっとつらい思いをして生きていく必要は全くありません。

スポンサーリンク

離婚や別居という選択肢を選んでも、今までモラハラに耐えてきたのですから自分を責めず、むしろ「今までよく頑張ってきた!」と褒めるぐらいの気持ちでいてください。

モラハラが行われていた証拠を残しておく

特に、離婚を考えている方は、夫から日常的にモラハラが行われていた証拠を残すことをおすすめします。

日記に詳細を記録しておいたり、ICレコーダーに録音をしたり、ビデオに録画しておいたり出来れば決定的な証拠になります。スマートフォンの録音アプリを使うのも良いですね。

日記に記す場合はいつ、どこで、夫がどのようなことをしたのか事細かに書いておきましょう。モラハラとは関係のない日常の出来事についても書いてあったり、何年も日記を付けていたりすると尚良いです。

また、夫から受信したモラハラと思われる内容のメールを保存しておくのも良いですよ。つらい内容を目にすると嫌な気持ちになり、すぐに削除したくなってしまうと思いますが、モラハラの決定的な証拠となりますのでしっかり保存しておきましょう。

ある程度見切りをつける勇気も必要

「いつかモラハラが無くなるんじゃないか。」と、期待を抱く方も中にはいらっしゃいますが、モラハラは長年培われてきたものなので、全くの「ゼロ」に改善する見込みはほぼ無いのが特徴です。

将来を見据えて、モラハラ夫には必要以上に期待をしないようにするなど、ある程度の見切りをつけることも大切です。

こちらもオススメ♪

産後、夫にイライラするのはいつまで続く?イライラの原因と対処法
かわいい赤ちゃんの寝顔や笑顔は癒されますね。毎日のお世話はすごく大変ですが励みになります。しかし、産後、旦那に対してはイライラして仕方がない・・・。その気持ちよくわかります。出産前は仲良しだったのに、ちょっとした言動や態度でもイラついてしまいます。産後に夫に対してイライラする原因と対策を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?モラハラ夫の特徴や言動を見て、心当たりがあったあなたは要注意です。解決策を練って、ひとりで抱え込まずにまずは相談をしてみましょうね。是非、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました