新生活で必要な家電の費用は?ひとり暮らしの家電選びのポイントは?

生活全般

春になると進学や就職でひとり暮らしを始める方が増えてきます。そこで生活に欠かせないのが家電!今ではあって当たり前、無くては生活が出来ないレベルまできています。

でもひとり暮らしは何かとお金が掛かるもの。家電は余程のことがない限り返品交換がきかないので、慎重に選びたいですよね?

「いくら準備すればいいの?」「家電選びで失敗したくないよ〜」と思っているあなた!

この記事ではどの家電に大体いくら掛かるのか、どんなポイントで家電を選べば良いのかをご紹介します。是非、自分の新生活をイメージしながら読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ドキドキの新生活! 1人暮らし用の家電にかかる費用の相場は?

一人暮らしの家電だけに掛かる費用の相場は、大体125000円程度。これには性別や年齢はほとんど関係ないとされています。

しかし、家電は住む場所や目的によって金額は大きく変わってくるものなのです。ここでは生活に欠かせない家電からあった方が便利な家電まで、それぞれ幾ら必要なのかを見てみましょう。

冷蔵庫

20000〜50000円

一人用なら200l前後で、掛かる費用は大体40000円あれば選びやすいでしょう。しかし自炊するか外食や内食がメインになるかで必要な容量と値段が変わってきます。

洗濯機

30000〜100000円

洗濯の頻度で洗濯機のサイズが変わりますが、毎日こまめに洗うなら5kg。何日かにまとめて洗うなら6kg〜8kgはあったほうが良いでしょう。容量・縦型・ドラム式によってかなり変動します。

電子レンジ

5000〜50000円

温める機能だけなら7000円前後でOK。型落ちや機能にこだわらなければ5000円台で買える事もあります。

自炊する派でパンやケーキ等のオーブン料理を頻繁にするならオーブンレンジが必要でしょうから、30000〜50000円は準備しておきましょう。

掃除機

5000〜50000円

一人暮らしはワンルームがほとんどです。なので掃除機をかける範囲と置くスペースを考えると、スティックタイプが適しています。

しかし、コンセントに差し込んで使うコード付きよりも、充電式のコードレスにすると約4000円前後の差が出てきます。

サイクロン方式と紙パック式がありますが、これは紙パック式でも年間+1000円程度しか変わりません。

エアコン

30000〜50000円

比較的新しい物件では最初から付いていることもありますが、照明と同じく自分で準備しなくてはならない事があります。本体と取り付け工事費用を含めると1台あたり50000円はあると安心です。

節約のために扇風機でも良いですが、最近猛暑どころか住んでいる地域によっては酷暑に近いので、新生活での体調管理を考えるとエアコンは必須と言えるでしょう。

炊飯器

6000〜20000円

自炊するとしても一人なら3.5合炊きで足ります。マイコン式なら安く済みますが、IHや圧力式を選ぶなら150000円以上は出す覚悟が必要です。

テレビ

20000〜40000円

お住まいの部屋が6畳だと仮定した上で、ちょうどよいサイズは24〜32型くらい。4Kが人気ですが、ハイビジョンでも映りは問題ありませんし、この方が安く買えます。

照明

3000〜5000円

備え付けの物件が多いですが、たまに照明も準備しなくてはいけない所もあります。しかし部屋用が一つあれば十分なので、他の家電と比べて安く済む家電です。ホームセンターや家電量販店のセールで安く手に入ることもありますよ。

電気ケトル

3000〜5000円

無くても大丈夫だけど、あったら便利な家電です。たまにコーヒーやスープ程度にしか使わないならレンジやコンロを使うだけで十分足ります。

しかし、カップ麺を食べる機会が多かったりコンロが一口しか無いなら、買っておくとお湯を沸かすのに楽ですし、時短にもなりますよ。

ドライヤー

3000〜10000円

女子なら必須アイテムですよね。乾かせれば何でも良いなら3000円あれば買えますし、+αの性能を求めるなら10000円前後は必要です。

家電別に見る、1人暮らしの家電選びのポイントとは

家電は初期費用が高いので、気に入らなかったり容量が小さかった場合でも簡単には買い替えできません。

そこで、家電選びは自分の生活スタイルに合ったタイプを選ぶ事が重要なポイントになってきます。ここでは家電別に選ぶべきポイントをご紹介しますね。

冷蔵庫

新生活で節約や健康面を考えて自炊をするなら、200l以上のサイズを買わないと容量が足りなくなってしまう可能性があります。

特に今流行りの作り置きやまとめ買いで冷凍保存を予定しているなら、2ドアでも少し大きめが良いでしょう。

また自炊の予定は無くても、実家からの仕送りや食べきれなかったご飯・貰い物を入れることがありそうなら200lは欲しいところです。

「飲み物しか入れないよ〜」という人なら100l台の物でも良いですが、冷凍庫部分はおまけ程度にしか付いていない機種もあります。

夏場にアイスが欠かせず買いだめしたり、氷が必要な人は、きちんと冷凍庫として存在しているタイプを選ばないと後悔してしまうでしょう。

稼働音が気になりそうならインバータ式を選べば、寝ている間も静かで電気代も安く付きますよ。

洗濯機

生活リズムが不規則でなかなか外に干せなかったり、外に干すのが気になるなら乾燥機能付きがオススメ。

最近では縦型でも乾燥機能が付いているのもありますが、ドラム式と比べるとふんわり仕上がらない・シワが付いたまま乾く・電気代が高くなってしまう等、デメリットもあります。

しかし、ドラム式の初期費用は縦型の1.5〜2倍になるので悩むところですね。

私は7年程ドラム式を使っていますが、年数が経つにつれて脱水時の音がすごくうるさくなったり、エラーが増えてきています。(昨日も脱水だけ出来ずに苦戦)

縦型と比べると、構造上の問題もありドラム式の方が寿命は短いので、コスパも大事です。

コインランドリーが近いなら買わなくてもいいですが、特に梅雨時期や冬は天候に左右されやすいので、自宅で洗濯した方が初期費用はかかりますが長い目で見て得だと思います。

洗濯機置き場のサイズによって選べる商品が限られてくるので、しっかり測ってから買いに行きましょう。

掃除機

キャスター付きの転がすタイプよりスティックタイプの方がスッキリ収納できますし、立てかけてもオシャレなデザインが増えてきているので、一人暮らしには最適です。

スポンサーリンク

しかし部屋のサイズによってはハンディタイプとフローリングワイパーでも足りることもあるので、じっくり考えてみましょう。

ダイソンは吸引力は抜群で、ハンディタイプになる機種もあるのでとっても憧れますが、一人暮らしには金額と音が大きいのがネックですね。

電子レンジ

今や生活必需品ですし、レンジ対応の食品や調理器が多数販売されているので、自炊派もしない派も購入して損はありません。

ただ、オーブンレンジは高いですし、頻繁にオーブン機能を使っていては電気代も気になります。まずは温め機能のみを求めて安く済ませて、落ち着いた頃か買い替えの時期にオーブンレンジでも良いと思います。

ちなみに私は値段重視でターンテーブル付きを買いましたが、ガラス製のターンテーブルを落として割ってしまったため、温めはできるもののかなり温めムラが発生しました。フラットタイプを強くオススメします(笑)

エアコン

備え付けてある物件を選べば初期費用の節約になりますが、そうもいかないこともあるでしょう。

最新のエアコンはWi-Fiやスマホ対応になっていますが、便利な分かなり高いので、今は真夏と真冬を乗り切ることだけ考えて購入することをオススメします。

節約の為だけに買わないのは危険です。某RPGのように「いのちだいじに」で考えましょう。

炊飯器

マイコンが一番安く手に入りますが「美味しいご飯がいい!」という人ならIHか圧力式です。

実際一人暮らしで【買ったけどあまり使わない人が多い家電】の一つなので、ご飯を時々しか食べないならレンジで炊ける炊飯鍋を選んだ方が安く済みますし、場所も取りません。

私は以前使っていた炊飯器で煮込み料理も作っていたので、やはりあると便利ですね。

テレビ

あまりテレビを見なかったり、動画配信サイトがメイン(もしくは十分)ならあえて買わない選択肢もありです。

それだけでテレビ台が不要になりスペースは広くなりますし、20000円くらいの余裕が出来るのでメリットは大きいです。

他の選択肢としては、大手キャリア携帯会社でフルセグ搭載のタブレットも販売しているので、こちらなら手軽で安く済みます。

最近では防水機能も付いているのでゆっくり入浴しながらテレビや動画が観られますよ。

照明

安い物件ほど照明が付いていない事が多いんですよね。購入が必要な場合でも他の家電に比べて安価で済みますが、リサイクルショップでもよく販売されているので値段重視なら一度覗いてみる価値はあります。

運が良ければオシャレなデザインの掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

電気ケトル

あると便利なだけなので、必要かどうかわからない時はまずコンロやレンジを頼ってから考えましょう。
以外と鍋やレンジで事足りる場合があります。

ドライヤー

自然乾燥は風邪を引く原因にもなりますし、髪がバサバサになってしまうので安くても買っておくべき家電だと思います。私はリサイクルショップで新品を2000円で買えました!

まとめ

いかがでしたか?家電はなんとな〜く必要そうなものは浮かびますが、どれが自分に必要なのかはちょっとわかりにくいですよね。

メーカー・容量・機能でかなり金額が変わるので、余裕を持ってじっくり実物を見て選んだほうが失敗は少ないと思います。

ホットプレートやミキサーは可愛い物やSNSで映えるデザインが多くなっていますが、一般家庭でもあまり使わないですし、出番がなくてはもったいないです。まずは必要不可欠なものを揃えて、余裕が出来てから購入しましょう。

リサイクルショップは色々手頃な値段で購入できるのがメリットです。しかし保証と使用されていた期間が微妙にわからないため、いつ壊れるかわからないのはかなり不安が大きいです。

そして家電量販店と違って大きい物は運んでもらえないので、私は自分で持ち帰れる家電を買う目的で利用しています。

費用を抑え過ぎると生活しづらくなってしまうパターンもあるので、適度に節約をして新生活を迎えましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク