春コーデのブーツはいつまで履いてもいい?お手入れ方法も知りたい。

生活全般

お気に入りのブーツ、この冬は大活躍でしたか?だいぶ暖かくなっては来たけど、急に冷え込むこともあるし、まだまだブーツを履きたいなあって思いますよね。

でも、だんだん履いている人が少なくなってくると自分だけいつまでも履いてていいのかなぁって不安になりますよね。ブーツってどれくらいまで履けるものなのでしょうか。まとめてみましたのでご覧くださいね。

スポンサーリンク

春にブーツ、いつまで履いていいの?ブーツの種類別で考えてみよう

年が明けて2月ごろまではまだまだ寒い日が続くので余裕でブーツを履けますよね。でも3月に入るとだんだん暖かくなってきて、ブーツを履く足もちょっと暑くて汗ばむ日も出てきたり・・・

でも、お気に入りのブーツ、なるべく長く履きたいものです。

一口にブーツと言っても種類がたくさんありますよね。形や素材でも履いてておかしくない期間は変わってくるものです。

素材別まとめ

モコモコ系ブーツ

ムートンブーツやモコモコ素材のブーツ、ファーがついているブーツは、ロング、ショートにかかわらず2月いっぱい程度が目安になるでしょうね。

3月に入ってくると、見た目にも暑苦しく見えます。人気のムートンブーツなんかも、寒い季節に合う素材ですよね。

革のブーツ

これはモコモコブーツよりも長く楽しめますよ。ロングなら3月半ばごろ、ショートなら4月に入ってからも楽しめます。

形別まとめ

ブーティ

ブーティはくるぶし丈のブーツなので、ロングブーツに比べると長い期間楽しめますし、素材やデザインによっては通年楽しむことができます。

モコモコ素材は、やはり冬用。2月いっぱい楽しんで終わりにするのがオススメ。革素材なら、4月半ばごろまで楽しめますよ。

ショートブーツ

  • ムートン素材など→2月いっぱい
  • 革→3月いっぱい

革のほうが長く楽しめますが、やはりブーティに比べると冬もののイメージがありますので、これを目安にしてくださいね。

ミドル・ロングブーツ

  • もこもこタイプ→2月いっぱい
  • 革→3月なかばごろ

ショートブーツより冬物って印象が強いですね。暖かくなってくると、見た目に暑苦しくなるので、ショートブーツやブーティに切り替えるといいですよ。

ニーハイブーツ

太ももまでがっつりカバーするニーハイブーツは、素材にかかわらず2月いっぱいをめどにするといいですね。いつまでも履いていると季節感がなくなってしまいますよ。

また、街中でほかの女性の足元もチェックしましょう。ブーツの人が少ないなと感じたら、そろそろ終わりかなって目安にもなりますね。

夏でも履けるサマーブーツとは

「夏に履けるブーツはないのかしら?」というあなたにはサマーブーツなどいかがでしょう。

選ぶ時のポイントはこれ!

・足を覆う面積の少ないもの
・明るめの色
・軽い素材のもの

つま先やかかとが開いているタイプのものや、メッシュタイプの素材のものは、夏場でも楽しめます。

色も冬場に多い黒や茶色ではなく、明るいベージュやパルテル系の色を選ぶといいですね。夏にも楽しめるブーツがあるなんておしゃれさんにはうれしいですね。

ブーツのお手入れ!ちゃんとできてる?

おしゃれなブーツ、かわいいブーツもお手入れを怠ると台無し。長くきれいに保つためにはメンテナンスも必要です。

防水スプレーをする

まず、新しい間に防水スプレーをしておきましょう。汚れが付きにくくなります。帰宅したらブラシで汚れを落とす!素材の隙間に入り込んだ砂やほこりもしっかり落として。

素材にあった手入れをする

素材に応じた手入れをしましょう。革素材ならワックスやオイルを塗って布で拭く、スエード素材なら、専用のスプレークリーナーがあります。

収納時にはブーツキーパーを使う

収納するときは、型崩れを防ぐためにブーツキーパーを使いましょう。それから、乾燥材を忘れずに。

スポンサーリンク

ブーツの臭いを防ぐには?

臭いを防ぐために一度履いたら2~3日は休ませましょう。風通しのいいところで乾燥させるといいですよ。

すでに臭うなあという場合は、洗える素材なら丸洗いしちゃいましょう。洗ってしっかり天日で干して乾かしましょう。洗えない素材の場合は、消臭スプレーを使って。

10円玉は消臭効果がある?

あと・・・これはおばあちゃんの知恵袋みたいな方法ですけど、10円玉には消臭効果があるので、入れておくという方法もあります。もちろん、入れっぱなしはダメです。

それとか、丸めた新聞紙を入れておくのも型崩れも防いでくれるのでいいみたいですよ。靴が濡れた時に新聞紙を入れていると早く乾きますもんね。

まとめ

いかがでしたか?おおまかですが、モコモコのもの、長いものは冬用、革や短いものは春先までOK、と理解していればよさそうです。

また、街中の女性のファッションも参考にしてね。素材やデザインを工夫すれば、ブーツファッションを長く楽しめそうですね。

きちんと手入れをすれば、キレイなまま長く保つこともできます。

足元って結構見られているから、せっかくおしゃれをしていても汚れたブーツじゃ台無しですからね。ぜひ参考にして、ブーツを長く楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク