母の日の義母へのプレゼントは何がいい?絶対喜ばれる定番4選

イベント・行事

突然ですが、あなたと義理のお母様との関係は良好ですか?良好であっても、そうであっても、絶対無視できない記念日ってありますよね。そう、母の日。

実母よりも義理の母にこそ気を遣わなければいけない大切な日です。

結婚してすぐの時は、あなたにとっても義理のお母様にとっても、母の日はとても新鮮な感じで、「何をあげても喜んでくれる!」という感じだったでしょう。

でも、2年目、3年目・・・と年を重ねるにつれて、プレゼントもマンネリ化しちゃいますよね。今回は、義母への母の日プレゼントは何がいいか、お伝えします。

スポンサーリンク

母の日プレゼントの定番アイテム4選

母の日プレゼントといえば、次のアイテムが定番です。

お花

母の日といえば、カーネーション!というくらい、お花は定番ですよね。でも、そのプレゼントの花の種類やプレゼントの仕方は多種多様になってきていること、ご存知ですか?

種類で言えば、これまでカーネーションが定番でしたが、バラやシャクナゲ、ユリ、アジサイなども最近とても人気ですよ。

プレゼントの仕方としては、定番の花束はもちろん、プリザーブドフラワーに、鉢植え、お菓子や小物とすでにセットになっているものなど、贈る側も贈られる側もウキウキできるような工夫を施しているものが沢山あります。

 

特に今回ご紹介したいのが、「ハーバリウム」。小瓶の中に花を入れたもので、見た目涼しくてとても可愛らしいです。

手作りキットも出ているので、母の日を機会にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

「ハーバリウム作成キット」

お菓子

お菓子好きな義母さんだったら、手作りのお菓子もいいですし、有名パティシエの洋風スイーツや、本場京都の伝統和菓子などもいいですね。

でも、プレゼントとして送るのだから、できるだけ縁起がいいお菓子がいいですよね。

例えば、洋菓子だったら、バームクーヘンはその年輪から長寿や繁栄を連想させるお菓子ですし、和菓子のお饅頭は、中のあんこが厄除けに効果があると昔から言われています。

 

今回ご紹介したいのは、「治一郎」のバームクーヘンです。こちらは、私が今まで食べたバームクーヘンの中で最も美味しいと感じた商品です。

しっとりとしていて、甘さもしつこくなく、何個でもいけそうなバームクーヘンは、もしあなたが母の日に義母さんに選んであげたら、召し上がったときにいつでもあなたのことを思い出してくれそうですよね。

「治一郎のバームクーヘン」

オシャレ小物

いつもオシャレな義母さんだったら、帽子やストール、バッグ、髪飾りなどのちょっとアクセントになるオシャレ小物をあげてもいいですね。

洋服と違い、サイズがわからなくても買いやすいところがメリットです。

 

今回ご紹介したいのは、オシャレな日傘です。母の日が終われば初夏が到来し、その後梅雨到来、あっという間に日差しの強い夏がやってきます。

雨の日も晴れの日も兼用のオシャレな日傘だったら、義母さんにもとても喜ばれると思いますよ。

「レース柄 グラスファイバー晴雨兼用傘」

キッチンツール

キッチンツールは、郵送ではなく手土産として直接渡すときにおススメのプレゼントです。郵送だと、義母さんが「私に家事をもっとしろといいたいのかしら」とあまり良い印象を持たないからです。

逆に手土産だと、渡すときに「これで家事がもっと楽になりますよ」とか、「私がお邪魔した時に、これを使ってお母さんに手料理をごちそうしますね!」と一言添えるだけで、かなり印象が変わります。気を付けましょう。

また、プレゼントにおすすめしないキッチンツールがあります。それは「包丁」です。

 

なぜかいうと、包丁は物だけでなく人の縁も切るという意味を持ち、渡した相手と縁を切りたいという意味で伝わってしまうからです。もしどうしても義母さんに教えたい包丁があったときは、一緒に買いに行くようにしましょう。

さて、ここでご紹介したいキッチンツールは、圧力鍋です。あればとても重宝しますが、値段が高いので義母さんは持っていない可能性があります。ぜひプレゼントにして義母さんを喜ばせましょう。

「ティファール クリプソミニットイージー 6L 圧力鍋」

合わせて読みたい

母の日の花の花言葉は?カーネーション以外におすすめのおしゃれな花はこれ。
母の日の花といえば、カーネーションが定番ですが絶対にカーネーションじゃなきゃダメというわけでないんですよ。カーネーション以外のお花を贈るのもOKなんです。例えば、薔薇とかもOKなんですよ!じゃあ、どんなお花がいいのでしょうか?今日は、母の日に贈るお花でカーネーション以外のお花でおすすめものと意味をご紹介します。

母の日プレゼント。喜ばれる世代別プレゼントはコレ

義母さんの年齢で、あげるものも迷うと思います。確かに、40代の方と70代の方だとかなり開きがありますもんね。ここでは、世代別に喜ばれる母の日プレゼントをまとめました。

40~50代のまだまだバリバリ働く義母さん

年齢的にまだお若く、バリバリ忙しく働いていらっしゃる方が多い世代です。そんな義母さんには、お花ももちろんいいですが、ぜひ時短になるキッチンツールをプレゼントにおすすめします。

また、母の日当日は外食なんかもいいですね。普段家事に仕事にと忙しくしている義母さんの安らぎの表情が見えるかもしれません。

スポンサーリンク

60~70代の、ちょっと時間に余裕が出てきた義母さん

多くの義母さんはこのくらいの年代の方が多いのではないでしょうか。子育てもひと段落し、仕事も退職して、自分磨きや毎日の癒しを求めている方が多い世代です。

そんな世代には、鉢植えの花やオシャレ小物をおススメします。鉢植えの花なら、愛情を持って育て続けることができますし、オシャレ小物は「毎日明るく生き生き過ごしてほしい」というメッセージが伝わりそうですよね。

80代以上の、終活を始めているかもしれない義母さん

おこの年代は、他の人に知られずとも、「終活の準備」をし始めている方が多いです。例えば、エンディングノートを書いたり、所有物の整理をしているかもしれません。

そんな方に、「残るプレゼント」を渡しても、少し迷惑になるかもしれません。そのため、プレゼントは花束やお菓子をおススメします。

花束もお菓子も、楽しむ時間はもちろんあるけれど、最後は手元に残りません。嬉しい気持ち、楽しい気持ちは心に残ります。そのプレゼントの形は、80代以上の方には実はぴったりなんです。

こちらもオススメ♪

カーネーションの花言葉は母の日にふさわしい?花の色でも意味が違う?
母の日の定番といえば、「カーネーション」。お母さんに贈るという方も多いのでは?カーネーションといえば、赤い色のカーネーションを思い浮かべますが、白やピンクやオレンジといった色もあるんですよ。そして、カーネーションは色によって花言葉や意味が違うんですよ。今日は、母の日のカーネーションの花言葉と意味を色別に紹介します。

まとめ

いかがでしたか?義母さんは、実のお母さんと違って気を遣うことと思います。私もそうでした。毎回「何あげたらいいんだー?」と迷いました。

でも、義母さんに気持ちが伝わるプレゼントを選ぶのが一番大切ですよね。今回お伝えしたことをぜひ参考になさって、義母さんに感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました