こどもの日にちまきを食べる由来。柏餅との違いは?どこよりも詳しくご紹介。

イベント・行事

5月5日は端午の節句、「こどもの日」ともいいますね。鯉のぼりを立てて、かぶとや武者人形を飾って男の子の成長を祝う行事です。

女の子の節句である桃の節句の「ひな祭り」ではひなあられや菱餅を食べるのが定番ですが、こどもの日にはちまきや柏餅を食べます。

なんでこどもの日にちまきや柏餅を食べるのか、由来をご存知ですか?

スポンサーリンク

こどもの日にちまきを食べる風習の由来と意味

「端午の節句」は中国から伝わったもので、中国の故事に由来しています。「ちまき」も、その故事に登場するもの。

古代中国に“屈原(くつげん)”という、王様の側近で民衆からの信頼も厚い高名な詩人がいましたが、陰謀により国から追い出されることになってしまい、悲観した屈原は川に身を投げてしまいました。

それが5月5日のことで、屈原を慕っていた民衆がたくさんのちまきを川に投げ入れて弔ったことがはじまりといわれています。

 

屈原の命日である5月5日には毎年民衆が川にちまきを投げて冥福を祈っていましたが、あるとき屈原の霊が現れ「みんながちまきを川に供えてくれる気持ちはありがたいが、私の手元に届く前に悪い龍に盗まれてしまう。今度からは龍が苦手なれんじゅ(棟樹)の葉で米を包んで5色の糸で縛ってほしい。」と伝えました。

そのとおりにしたところ、屈原のもとに無事にちまきが届いたので、ちまきはれんじゅの葉で包んで5色の糸で縛るようになりました。

それまでのちまきは竹筒に米を入れたもので、今のちまきとはちょっと形が違うものだったようです。

 

この故事から昔のちまきは「赤、青、黄、白、黒」の5色の糸で結ばれていて、この色には「魔除け」や「厄払い」の意味があります。

この5色は鯉のぼりの吹き流しにも使われていて、魔除けをすることで「子供が健やかに育つように」という親の願いが込められています。

季節の変わり目である5月は昔から体調をくずしやすく、小さな子供は亡くなることもあったため、魔除けや厄払いの願いをこめたちまきを食べる習慣がありました。

日本に端午の節句とちまきが伝わったのは奈良時代といわれていて、平安時代には宮中行事にもなり、意外と歴史がある行事なんですよ。

こどもの日、西日本は「ちまき」で東日本は「柏餅」?

ちまきは中国から伝わったものですが、「柏餅(かしわもち)」は日本で生まれた独特のものです。

柏餅がはじめて作られた記録があるのは江戸時代初期の寛永年間(1624年~1644年)、柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないことから「子供が生まれるまで親は死なない」ことを表していて、「家系が途絶えない」「子孫繁栄」という縁起担ぎからきています。

跡継ぎの男の子を育てることが重要だった武士階級を中心に、縁起担ぎのために端午の節句に柏餅を食べる習慣が浸透しました。

あなたの地域ではちまきを食べる?

こどもの日が近くなると、スーパーにも柏餅やちまきがたくさん並びますよね。こどもの日の歌には「ちまき食べ食べ 兄さんが 測ってくれた 背のたけ」という歌詞がありますが、ちまきを食べない地域もあるようです。ちまきを食べない地域では、この歌が不思議だったかもしれませんね。

こどもの日にちまきが主流なのは、京都と京都に近い大阪や兵庫など関西地方で関東では柏餅が主流のようです。ちょうど日本の真ん中に位置する滋賀県や中部地方の愛知県では両方食べられているそうですよ。

 

柏餅はもともと武家社会に由来する、江戸で生まれた食べ物なので朝廷を中心にした公家文化の京都や関西ではなじみがない食べ物だったことが理由のひとつと考えられています。

柏の木が西日本に少ないことも関係しているかもしれません。関西にも柏餅はありますが、柏の葉は使われていなくて関東の柏餅とはちょっと葉の形が違います。

スポンサーリンク

ちまきにもいろいろある!

中国のちまきはもち米と一緒に味付けした肉やたけのこ、しいたけなどを竹の皮で巻いていぐさで縛ったものが主流ですが、日本のちまきはもともと保存食で、笹の葉や竹の皮でもち米を包んだものが原型です。

関東地方では、ちまきといえばこの具がたくさん入った「中華ちまき」が主流のようです。関西地方で食べられているちまきは、ういろうのようなプルプル食感の甘くて細長い形の餅菓子のこと。

 

東北地方では三角形のちまきが主流。山形県では、「笹巻き」という灰汁で色付けしたちまきに黒蜜ときなこをかけて食べるそうです。新潟県では、笹巻きに似た三角形の白いちまきにきなこをかけて食べるんだとか。

九州の鹿児島県では、「灰汁巻き」という灰汁でもち米を炊いたものに砂糖や黒蜜をかけて食べます。
ちまきにも地域差がいろいろとあって、おもしろいですね。

まとめ

端午の節句、「こどもの日」は男の子の健やかな成長を願う行事。こどもの日に食べられるちまきや柏餅も、魔除けや厄払いをして子供の健康を願う親心が込められています。

ちまきを食べるか柏餅を食べるかには地域差がありますが、どちらも込められた願いは同じ。こどもの日にはちまきや柏餅を食べて、子供が元気に育つようにお祝いしてあげましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク