飛行機で耳が痛くならないための対策法!効果てきめんの方法はコレ。

からだ

こんにちは。実家への帰省や親せきの結婚式、仕事での出張などで飛行機に乗る機会って誰にでもありますよね。

飛行機に乗るときに何が嫌って、「耳が痛くなる」ことじゃないですか?私も本当にこの耳の痛みがネックで、極力飛行機は乗らないように生きてきました。

でも飛行機に乗ることを避けられない場合もありますよね。そんなあなたのために、なるべく耳が痛くならないようにするための予防法や治し方と、そもそもの原因をご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

鼻炎で鼻が弱い私が教える、飛行機で耳が痛くならない方法。

飛行機に乗ると、地上と上空との気圧差のせいで耳に不快感や痛みを感じます。

軽症の場合は、耳の詰まる感じや軽い痛みを感じる程度で数分から数時間で治まります。しかし、体調が悪く風邪をひいていたりアレルギー性鼻炎であったりすると重症化しやすいです。

そこで、なるべく痛くならないように予防法をお教えします。

・つばを飲み込んだり水を飲む
・耳抜きをする
・耳栓を使う
・あくびをする
・飴をなめる
・風邪やアレルギーの場合は病院で薬をもらう

などです。

軽症であれば、つばや水を飲み込む、あくびをする、飴などをなめることによって痛みも治まります。

これをやってもだめなら鼻をつまみ、口を閉じてゆっくり耳に空気を送る「耳抜き」をしましょう。耳がポンっと抜ける感じがするまで何回かするといいですよ。

しかし、耳抜きはやりすぎると鼓膜が破けてしまう危険性があるので、耳抜きをするのであればゆっくり行いましょう。

筆者の場合は、小さいころから鼻炎やら花粉症やらアレルギーやらを持っているせいで、鼻に関してはびっくりするくらい人より弱いです。

なので、飛行機に乗ればあっという間に耳が変な感じになって、数分後には地獄のようなフライトが始まります。着陸時には耳を押さえてうずくまるほど痛みを感じるので、もう二度と飛行機には乗りたくないです。

しかし、新婚旅行でどうしても飛行機に乗らなくてはならなくなったときに、調べまくって見つけた方法「耳栓をする」を試したところ、すごい効果を発揮しました。

座席についたらすぐ耳栓をとにかく空気が漏れないようにしっかり奥まで装着します。

と同時に飴を口の中へ放り込みます。そして離陸して少し耳が変な感じになってきたらひたすらつばを飲み込みます。

するとあらびっくり!前回のフライトの時のような痛みがまったくないではないですか。「飛行機の旅ってこんなに楽しいんだ」と心の底から思いました。

さすがに着陸の時にはまたあの痛みが襲ってきましたが、ほんの数分だけだったので我慢できました。フライト中は耳栓のせいで会話はできないですが、そんなことよりとにかく耳が痛くなるのは嫌だったので。

きっと私の場合は病院へ行くレベルなんでしょうが、「耳栓をする」これは抜群の効果を発揮してくれますよ。根本的に鼻の治療をすることが大事だと思うので、私のように痛みが酷い方は病院で治療したり薬をもらうことをお勧めします。

また、点鼻薬を使用するのもいいみたいですよ。

中には、寝て忘れてしまおうという方もいると思いますが、こちらの方法は逆効果です。つばを飲み込む回数が減ってしまうので耳が痛くなりやすいのです。

合わせて読みたい

飛行機が欠航!ホテルにキャンセル料を支払う義務はあるの?
飛行機に乗って旅行へ行こう!となったのにまさかの飛行機が欠航。旅行へも行けなくなってしまうし、宿泊予定のホテルへのキャンセル料も発生するかもしれません。だけど、私の都合じゃないのにこの発生したキャンセル料を払うって腑に落ちないと思いませんか?飛行機が欠航した場合にホテルにキャンセル料を支払う義務があるのかについてお話します。

そもそも飛行機に乗って耳が痛くなるのはなぜ?

そもそも飛行機に乗るとなぜ耳が痛くなるのでしょうか。説明していきましょう。

耳の中には、耳と鼻の奥をつなぐ「耳管」という、普段は開いたり閉じたりして空気を通し、外の気圧と耳の中の気圧を一定に保っている管があります。

飛行機の離着陸によって気圧が急に変化すると、この管が閉じたままになり鼓膜の内側と外側の気圧の調整がうまくいかず、痛みを感じます。

スポンサーリンク

この「耳管」の構造上、気圧が徐々に下がる機体の下降時、つまり着陸の時の方が痛くなりやすいです。

また、風邪をひいていたり、筆者のようにアレルギー性鼻炎をお持ちの方は特に針に刺されるような痛みやひどい耳鳴りといった症状が出やすくなるそうです。

こうした原理によって、地上からどんどん上空へ行けば行くほど気圧は変化するので痛みを感じるのです。

こちらもオススメ♪

https://makeyouhappy.info/5126.html

まとめ

いかがでしたでしょうか。筆者は初めて飛行機に乗ったのは20歳で、県外へ合宿免許に行った時のことでした。

最悪なことに急に天候が悪くなり飛行機が少し揺れて、そのせいか知らないんですが、耳がさらに激痛になって、このまま鼓膜が破けて耳が聞こえなくなるんじゃないかと恐怖さえ感じました。

せっかく見知らぬ街へ行くことに対して心弾ませているのに、飛行機で嫌な思い出なんて作りたくないですよね。

同じような経験のある方や、そこまで酷くないけど飛行機に乗るのはなんだか憂鬱・・・という方まで様々だとは思いますが、今回の記事を参考にしていただいて、少しでもリラックスできるようになることを願っています。読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました