国内旅行のためのスーツケースの選び方!知らないと損をする。

生活全般

春が近づいて、暖かい日差しが気持ちのいい季節になってきましたね。暖かくなってくると、週末や連休を使ったプチ旅行が楽しくなってきますよね。

数泊の国内旅行には、スーツケースが便利。一人でも持ち運びが楽ですし、家族旅行ならみんなの荷物をまとめて入れることもできますよね。

とはいえ、スーツケースはタイプも種類も豊富。どれを買えばいいか悩んでいませんか?

そうですよね~。わたしも迷いました。少しお値段の張る買い物ですし、できれば自分にピッタリのスーツケースの選び方が知りたいですよね。

そこで今回は、国内旅行のためのスーツケースの選び方をご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、あなたに合ったスーツケースを選んでくださいね。

スポンサーリンク

国内旅行のためのスーツケースを選びたい!選び方のポイントとは?

「国内旅行用」とはいっても、スーツケースは本当に種類が豊富で迷ってしまいます。

そこでこの項では、あなたに合ったスーツケースを選ぶための「選び方のポイント」を5つご紹介します。そのポイントとはズバリ…!

1.スーツケースのタイプ
2.大きさ
3.軽さ
4.キャスター(車輪)
5.機能性

の5つです。以下で順番に説明していきます。

1.スーツケースのタイプ

スーツケースには大きく分けて

  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ

の2つの種類があります。

ハードタイプは一般的に衝撃に強く、頑丈にできています。一方ソフトタイプは布製のものが多く、軽いことが特徴です。

国内旅行では基本的にどちらを選んでも大丈夫ですが、もし同じスーツケースを使って海外旅行も考えている場合は、頑丈なハードタイプを選んでおくのが無難でしょう。

2.大きさ

旅行にピッタリの大きさかどうかも、スーツケースの選び方の大事なポイント。国内旅行の場合、大きさは基本的に旅行の泊数で決めてしまって問題ありません。

でもこのときに気をつけてほしいのが、不必要に大きなサイズを選ばないこと。大きすぎるスーツケースは邪魔になってしまいますし、コインロッカーを探すのも一苦労ですよね。

「でもお土産をたくさん買いたい…!」という場合は、小さく折りたたむことのできるボストンバッグを、スーツケースの中に入れて行くのがオススメ。

軽くて小さい割にたくさん入りますし、行くときは荷物にならないので、わたしも愛用しています。

3.軽さ

「軽さ」は、どんな旅行用のスーツケースを選ぶときにも重要ですが、意外と見落としがち。

「大きさが一緒なら重さも同じくらいなんじゃないの?」と思ってしまいますが、実は種類によって全然軽さが違うんです!容量が同じでも、ものによっては2〜3倍くらいの重さの違いがあることも。

なにかと荷物を持って歩く機会も多い旅行では、スーツケース自体が重いと大変ですよね。いくつかのスーツケースで迷ったら、軽さを比べてみるといいかもしれません。

4.キャスター(車輪)

キャスターがなめらかに動くかどうかも、スーツケースの選び方で重視したいポイント。

特に荷物を持っての移動が多い場合には、キャスターが4輪ついていて、さらにダブルキャスタータイプ(1つのキャスターに2つのタイヤがついているもの)がぴったり。

安定感があり、動きやすいのでとてもオススメです。キャスターが動くときの音が静かかどうかも、快適な移動のためにチェックしておくとよいでしょう。

5.機能性

一口に機能性といってもさまざまですが、例えば、スーツケースの中の仕切りやポケットなどがそれにあたります。

スーツケースの中は、細かく仕切られているもの、反対にほとんど仕切られていないものなど、ヴァリエーションがかなり豊富です。

また、ソフトタイプのスーツケースの中には外側にポケットがついているものも。これはガイドブックなど、少し大きめのものを入れるのに役立ちます。

好みや使い勝手の良さによって、あなたにピッタリのものを選びましょう。

合わせて読みたい

女性のためのスーツケースの選び方!快適な旅行の為に知っておきたい6つのこと。
ゴールデンウィークが近づいてきて旅行を考えている女性も多いのでは?女性は、現地でおみやげを買ったり写真を撮ったり、おしゃれにも気を遣う為洋服や化粧品など荷物がたくさん!そこで、おすすめなのがスーツケースなんですが女性が使いやすくておしゃれなデザインなものってどんなものでしょう?今日は、女性向けのスーツケースの選び方を紹介します。

機内持ちこみできるスーツケースには制限がある?重さの上限とは?

前項では国内旅行用のスーツケースの選び方のポイントをご紹介しました。国内旅行でも遠方へ行く場合は飛行機を利用することも多ですよね。

スポンサーリンク

その場合1~2泊くらいの荷物なら、預入荷物ではなく機内に持ち込んだほうが楽チン。荷物を預けたり、到着した荷物を受け取ったりする手間が省けますもんね。

でも、どこの航空会社でも機内持ち込みできる荷物には制限があるんです。この項では機内持ち込みできるスーツケースの大きさや重さをご紹介します。

国内線の機内持ち込みできる荷物の大きさと重さ

国内線の機内に持ち込むことができる荷物の大きさと重さですが、これは航空会社や便によって異なります。
一般的には

・座席が100席以上の大型便の場合:「高さ・横幅・奥行き」
がそれぞれ「55・40・25」以内で、合計115センチ以内。合計10キロまで。

・座席が100席未満の小型便の場合:「高さ・横幅・奥行き」
がそれぞれ「45・35・20」以内で、合計100センチ以内。合計10キロまで。

となっています。

しかし、さきほども言ったように、この規定は航空会社や便によって異なります。

特に、近年人気のあるLCC(格安航空)などの場合、通常よりもサイズや重さの制限が厳しいことが多いので要注意。機内持ち込みをしようと思っている場合は、前もって規定を調べておくようにしましょう。

こちらもオススメ♪

初めてでも安心!海外旅行用のスーツケースの選び方!重さの上限は?
今年のゴールデンウィークはなんと10連休!この大型連休に海外へ旅行を計画している人も多そうですね。海外旅行へ行く時はスーツケースに荷物をまとめておくのが楽です。しかし、海外旅行用のスーツケースってどんなものがいいか迷いますよね。そこで、今回は海外旅行に適したスーツケースの選び方と機内持込できる重さについてご紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、国内旅行用のスーツケースの選び方と、国内線での機内持ち込み荷物の規定をご紹介しました。

ぜひこの記事を参考にあなたに合ったスーツケースを見つけて、旅行を楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました