プールウォーキングの消費カロリーがすごい!地上の運動とどう違う?

ダイエット、スポーツ

もうすぐ薄着になる季節!…ということで、ダイエットの季節がやってきましたね。

夏に人気のプールは、遊ぶだけじゃなくダイエットにもぴったりなんです。しかも、がっつり泳がなくても、ウォーキングするだけでかなりのカロリーを消費することができちゃうんです。

でも、「聞いたことはあるけど、実際プールでウォーキングすると、どのくらいカロリーを消費できるの?」「地上を歩くより、本当に効果がある?」なんて疑問がありませんか?

そうですよね。わざわざプールへ行ってウォーキングするんだから、本当に地上でやる運動よりカロリーを消費できるのか気になりますよね。

そんなあなたに、プールでのウォーキングでどのくらいカロリーを消費できるのか、地上での運動と比べてどのくらい差があるのかをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

プールウォーキング30分あたりの消費カロリー

プールに入ると短い時間でもすごく疲れますよね。これは、水中だと空気よりも10倍上の抵抗を受けるからなんです。

「じゃあプールでちょっとウォーキングをすれば、すぐに効果が出るの?」と思いますよね。そうであってほしいんですが、ウォーキングを始めてすぐに効果が出るわけではありません。

脂肪が燃焼しはじめるのは運動を始めてから約20分後からです。だから、効果を期待するなら30分は頑張ってウォーキングを続けましょう。

では、頑張ってプールでウォーキングを30分続けた場合、どのくらいのカロリーを消費するのか気になりますよね。身長や体重にもよりますが、100~120kcalは消費することができるんです。

これはおよそ食パン1枚分のカロリーに当たります。朝食で食べた食パン分のカロリーを、30分のプールウォーキングで消費できちゃうんです。

もちろん、ウォーキングの時間を長くすれば、消費カロリーは増えていきます。1時間ウォーキングを続けると、200~240kcalも消費できるんですよ。

地上で歩いた&走った場合の消費カロリー

プールウォーキングで消費できるカロリーだけでは、本当に地上よりダイエット効果があるのかわかりませんよね。地上で歩いた場合の消費カロリーと、走った場合の消費カロリーを比べてみましょう。

地上で歩いた場合の消費カロリー

地上で30分歩くと、消費するカロリーは40~70kcalです。

歩く速さによって消費するカロリーは変わってきます。速く歩く方が、よりたくさんカロリーを消費することができます。

地上をゆっくり歩くより、プールでウォーキングする方が、およそ3倍もカロリーを消費できるんです。

地上で走った場合の消費カロリー

地上で30分走ると、消費するカロリーは130~160kcalです。

これも走る速さによって消費するカロリーは変わってきます。プールでウォーキングするより、少し消費できるカロリーが多いですよね。

でも、普段運動をしていないなら、30分走るのはかなり大変!膝や腰への負担も大きくなり、ケガの原因にもなりかねません。

日頃から運動をしていたり体力に自信があるなら、地上で走る方がカロリーを消費できます。でもケガなどのリスクもあるので、プールでウォーキングする方が短い時間で楽にダイエットできるんです。

合わせて読みたい

プールで水中ウォーキング!陸上よりもダイエットに効くって本当?
「ダイエットに成功してスタイル良くなりたい!」私がずっと願い続けている事なんですが…なかなか実現しません。今度こそしっかり体を動かしてダイエットしたい!そこで次に始めたのが水中ウォーキングです。泳ぐのはそんなに続かないですが、水中で歩くだけならあまり大変じゃないし、程よい疲労で達成感も感じられます。

プールウォーキングの効果を上げるコツはある?

せっかくなら、もっと効率よくカロリーを消費したいですよね。そこで、プールでウォーキングするときに効果を上げるコツを3つご紹介します。

プールの前にストレッチ&筋トレ

まず、プールに入る前にしっかりストレッチをして身体をほぐしましょう。「プールの中で足がつっちゃった~」なんて嫌ですよね。

もし余裕があれば、筋トレをしておくとさらに効果的。しっかり身体を動かして、脂肪が燃焼しはじめてからプールに入ってウォーキングをすると消費カロリーがグンとアップしますよ。

スポンサーリンク

正しい姿勢をキープする

プールでウォーキングするときの姿勢は、地上でウォーキングするときと同じ。正しい姿勢でウォーキングすると、バランスよく筋肉をつかうので消費カロリーもアップしますよ。

背筋をピンっとのばして、おなかをひきしめましょう。腕を大きく振って、歩幅は大きめが効果的。しっかり正しい姿勢をキープすることを意識してくださいね。

歩き方を工夫する

慣れてきたら、歩き方を変えてみましょう。ダイエットしたい部分を意識して負荷をかけるようにすると効果が上がりますよ。

ひざを高く上げると太ももに、腰をひねるとウエストに、水を蹴るように足を上げるとヒップアップに効果大!あなたが気になる部分に負荷をかけてみてくださいね。

こちらもオススメ♪

プールダイエット!失敗しない為に、どのくらいの頻度でやるべき?
今年こそ、プールダイエットで痩せたいって思っているそこのあなた。せっかくやるなら存分に効果を発揮させたいですよね。効果を発揮させる為には、メニューも大事ですがもっとも重要なのは【通う頻度】なんです。どのくらいの頻度で通えばいいのか?初めてプールダイエットに挑戦する人向けのおすすめメニューも一緒に紹介しますので、是非参考にしてください。

まとめ

プールでウォーキングすると、地上で歩いたり走ったりするより効率よくカロリーを消費することができます。

しかも、プールの中は浮力があるので膝や腰への負担が少なく、水圧がかかるので足のむくみ解消にも効果が期待できるんです。

運動が苦手でも、泳げなくても大丈夫。水中を30分歩くだけで、全身バランスよくダイエットしちゃいましょう。

ただし、無理は禁物。あなたの体と相談しながらペースをつかんでいってくださいね。

プールウォーキングは続けると痩せやすい体になっていきます。ダイエットに成功してスリムになった姿を想像しながら、がんばって続けましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました