コンビニで切手は買えるのか?目的別のお得な買い方を比較。

生活全般

いつも身近にあるコンビニで切手が買えると知り、かゆい所に手が届く存在のコンビニ。しかし、一言に「切手」と言っても、切手の種類は様々だし、コンビニに行っても欲しい切手がないのはイヤ…。

そうですよね。せっかく行ったコンビニで取扱いしていない切手だと言われたら、なんだか少~し恥ずかしいし、また違うコンビニで切手を買いにいかないといけないですもんね。

この記事では、そんなコンビニ別に買える切手に違いがあるのか気になるあなたに、コンビニごとに取り扱う切手の比較したものをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

コンビニ別で買える切手に違いがある!?

身近にあるコンビニだから、つい「欲しいものがなんでも揃っている」と思いがちですよね。しかし、いくら便利なコンビニといっても郵便局とは違うので、郵便局と同じように全種類の切手が揃っているとは限りません。

一言で「コンビニ」といっても今はコンビニにも種類があるので、コンビニ別で買える切手は違うのでしょうか。答えは、「違います」。

大手で有名なセブンイレブンやローソン、ファミリーマートの3社で比べてみても、取り扱っている切手は違うので、次の章でご紹介しますね。

また、同じコンビニでも場所やお店によって取り扱う切手の種類も違うので、その点もご紹介します。

コンビニ別に切手にはどんな違いがあるのか?

まず最初に断っておきますが、これからご紹介するコンビニ別の切手の種類は、「絶対に取り扱っている」という訳ではなく、在庫がない場合やそもそも取り扱っていない可能性もあります。

もしも、今すぐに切手を買いにいかなければならない状況なら、最寄りのコンビニに問い合わせをしてみるのが一番ですよ。では早速、大手のコンビニ3社で取り扱っている切手をご紹介しますね。

セブンイレブン

もっとも使われる「82円」切手はもちろんですが、他は「2円、10円、52円、62円」といった最小限の切手が売られています。

しかし、公式サイトにも切手の取り扱いに関して「一部店舗を除く」という注意書きがあるので、在庫切れや取り扱いをしていない場合もあるので、事前に確認出来れば良いですね。

ローソン

大手のコンビニの中でローソンは、取り扱う切手の種類が一番多く売られています。少額の切手から高額の切手(2円~280円程)は取扱いされているので、ありがたい存在ですよね。

全店ではないのですが、レジ周辺にポストが設置されている店舗もあるので、切手を購入してその場で貼って投函までの全ての行動が、ローソンで完了することもあります。

しかし、急ぎの場合は配送時間などの確認をしておくと良いかもしれませんね。

ファミリーマート

ローソンほど多い切手の取り扱いはされていないですが、セブンイレブンと同じように「82円」切手を中心とする、よく使われる切手を最小限の種類で売られています。

大手3社で比較してみると、セブンイレブンとファミリーマートは同じような取扱いで、ローソンは切手の種類が豊富に揃っていますが、3社ともよく使われる切手はあるのでどこに行っても安心ですね。

同じコンビニでも切手の取り扱いに違いがあるのか?

どこのコンビニにもいえることなのですが、同じコンビニでも場所やお店によって取り扱う切手の種類が違うのです。なぜなら、取り扱う切手の種類は各コンビニのオーナーさんや店長さんが決めることが出来るからなんです。

スポンサーリンク

オフィス街のコンビニだと、ビジネスで使われそうな郵便物を考えて、必要になるであろう切手を揃えますよね。それが住宅街のコンビニとなれば、懸賞応募や手紙といった郵便物を考えて切手を揃えます。

このように、同じコンビニでも場所やお店によって取り扱う切手の種類が違ってくるのは、なんだか納得できますよね。

まとめ

コンビニ別で取り扱う切手の比較をしましたが、よく使われる切手はほぼ買えると知って安心しましたね。

いざという時のために、あなたのお家や職場から最寄りのコンビニに事前に問い合わせしておくともっと安心ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク