転職で初めての一人暮らし!1か月の生活費と初期費用はいくら必要?

生活全般

いままで実家暮らしだったけど、転職を機に一人暮らしをはじめようと考えている人もいるのではないでしょうか。

「職場が実家から遠くなった」
「そろそろ自立しないとな…」

理由は色々あると思いますが、はじめての一人暮らしをする場合、その費用は一体どのくらいかかるのかって不安になりませんか?わかります。今まで実家暮らしだと、家賃の相場すらよくわからなかったりしますよね。

そこで今回は、社会人の一人暮らしにかかる費用についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

一人暮らしをするのにかかる費用とは?生活費の平均はズバリ!

はじめて一人暮らしをする人は、生活費に一体いくらくらいかかるのかって、ちょっと想像しにくいですよね。いざ始めてみたら、思いのほか生活費がかかって毎月カツカツ生活…なんてことになっては大変です。

一人暮らしの社会人が、いったい毎月どのくらいの生活費を使っているのか気になるところだと思います。
ここでは、社会人のひと月の生活費の全国平均の内訳をご紹介します。ご自分の給料と照らし合わせてみて、ぜひ参考にしてみて下さい。

家賃 66,000円

家賃は手取り月収の1/3が目安だといわれています。この他に、駐車場代や共益費がかかることもあります。

食費 20,000円

自炊するか、外食メインかによって前後します。自炊すれば1万円以内に抑えることも可能ですが、外食メインだとこの金額では厳しいかもしれません。

光熱費 7,000円

電気・ガス代のことです。電気や家電のつけっぱなしなど、こまめにチェックすることで節約できます。

水道代 3,000円

水道代は2か月にまとめて請求される場合がほとんどです。シャワーや洗い物で水を出しっぱなしにしない、洗濯に風呂の残り湯を使う、など小さなことの積み重ねが節約につながります。

日用品・医療費 3,000円

普段の生活に必要な身の回りの消耗品にかかる費用です。また、医療費は、1回病院にかかれば薬代と合わせて数千円ということがほとんどなので、思いがけない出費となります。日ごろからの体調管理が節約のカギとなりそうです。

通信費 11,000円

インターネットやスマホにかかる費用です。

交際費 10,000円

友人との付き合いに必要な費用です。飲食代や、遊び代、また恋人がいる人はデート代もこちらに含まれます。

被服代 20,000円

社会人になると、スーツやネクタイ、シャツなどが必要ですよね。それらのクリーニング代などもこちらに含まれます。

どうですか?全国平均なので、都市部か郊外かによっても実際は多少前後すると思いますが、なんとなくの数字が把握できたのではないでしょうか。

一人暮らしを始める時にかかる初期費用はコレだ!

はじめて一人暮らしをするときに気をつけたいポイントは「初期費用」です。いざ、一人暮らしをするとなると、その家賃に目がいきがちですが、これら以外にもかかるお金があることを頭に入れておかなければなりません。

ここでの初期費用とは、賃貸契約にかかる費用全般のことを指します。一般的にみて、「家賃の6倍」が相場と言われていますよ。具体的には以下のような費用が掛かります。

敷金(家賃の0~2か月分)

その物件の大家さんに預ける保証金のようなものです。その物件を解約して出ていくときに、破損や汚れがあれば、そのお金を使って修繕されます。その差額は退去後、返金されます。

礼金(家賃の0~2か月分)

その物件の大家に支払われる謝礼金です。こちらは、解約後の返金はありません。

仲介手数料(家賃の0.5か月~1か月分)

不動産会社に支払われる手数料のことです。法律でその割合が決められていますので、上記の金額より高くなることはありません。

スポンサーリンク

日割り家賃

月の途中から入居する場合は、1か月の賃貸料を日割りした額で支払います。

共益費(家賃の5%~10%)

その物件の共有部分や建物の維持管理のために支払う費用です。駐車場の管理や、外灯・エレベーターなどの電気代、ゴミ処理などに充てられます。地域によっては、「管理費」とよばれることもあります。

火災保険(2年契約で2万円程度)

賃貸契約の際、必ず加入を要求されます。災害時や、万が一、自分の部屋で火事を起こしてしまった場合などの損害保険です。

どうですか?ざっとみただけでも、かなりのまとまった費用が必要になりますね。
契約によっては、敷金・礼金不要といった物件も今はよく見られます。そういった物件を選ぶのも、初期費用を節約するコツになりますね。

ただし、そういった物件は、立地条件や設備がイマイチだったりすることもありますので、もちろん事前にしっかり確認することは必要です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、一人暮らしの生活費や初期費用についてご紹介いたしました。ぜひ今回の記事を、新生活スタートの参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク