髪につけたワックスの落とし方。キチンと落とさないと大変なことに!

美容・髪型

ヘアセットには欠かせないワックス。スタイルに合わせていろんな種類がありますよね。でも、髪につけたワックスがシャンプーしても落としきれてないかも、と思うことありませんか?ありますよね…。

シャンプーした後も、なんだか髪がゴワゴワしたり、指通りが悪かったり…。髪に良くなさそうで不安ですよね。そんなあたなに、今回は髪につけたワックスの正しい落とし方をご紹介します!

きちんと落とさないと髪にどんな影響があるのかもあわせて解説しちゃいますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

髪の毛についたワックスをキレイに落とす方法

それでは早速、髪についたワックスをきれいに落とす手順を説明していきます。

ただシャンプーするだけではなく、シャンプー前のひと手間や、シャンプーのやり方など、少しの工夫でワックスの落としやすさが、かなり違ってきますよ!

1.まずぬるま湯で前洗いを

髪を濡らしていきなりシャンプーするのではなく、この段階でなるべく髪についたワックスを洗い落とすことで、この後のシャンプーの効率がグッとあがります。

ポイントはぬるま湯でしっかりと洗い流すことです。ぬるま湯の温度ですが、具体的に38度くらいがいいでしょう。

ワックスの油分が落としやすく、かつ頭皮に負担をかけない理想的な温度が38度くらいになります。体温よりやや高めの温度ですね。

2.コンディショナーで髪をある程度ほぐしておく

キープ力の高いワックスを使用した髪ってゴワゴワしていますよね。ぬるま湯で洗い流してもギシギシ、ゴワゴワしていてとても洗いにくいと思うことはないですか?

そんなときは、コンディショナーをシャンプーの前に髪になじませることで、髪が柔らかくほぐれやすくなりますよ。コンディショナーに含まれる油分が、ワックスの油分と馴染んで、ワックスが落ちやすくなるのです。

髪がほぐれたら、しっかりとすすいで、コンディショナーを洗いながしてくださいね。

3.シャンプーでワックスをしっかり洗い落とす。

ここで、ようやくシャンプーです。しっかりとワックスを洗い落とします。

ポイントはよく泡立てることと、指のはらを使ってやさしくマッサージするように洗うことです。シャンプーは泡立てずにそのままつけると摩擦によって髪の毛への負担が大きくなってしまいます。しっかり泡立てることで、頭皮や髪への負担を軽減してくれます。

また、ゴシゴシ爪を立てて洗うことも頭皮へのダメージが大きくなってしまいます。爪は立てずにやさしく、だけどもしっかり洗いましょう。

4.よくすすぐ

洗い終わったら、しっかりシャワーですすぎます。ここでシャンプーが残っていると、髪や頭皮を傷めてしまう原因になります。洗い残しのないよう、しっかりすすいでください。

5.トリートメントをつけて仕上げる

すすぎが終わったら、トリートメントをつけます。毛先を中心に、もみ込むようにして髪になじませます。このとき、毛穴のつまりの原因になりますので、頭皮にはつけないよう注意してください。最後に軽く流して終了です!

髪の毛にワックスを残しておくと起こるデメリット

ワックスの主成分は油です。髪の表面を油分で覆うことで、髪と髪をくっつけて、まとまりやすくしたり、ツヤを出させたりします。特にシリコン油分は、スタイリング力が強く、髪にくっつきやすく落ちにくい性質があります。

このため、シリコン油を含むワックスが残ったままの状態が続くと、髪にまだらにシリコンのコーティングができてしまい、手触りの悪い髪になってしまいます。

スポンサーリンク

また、シリコンが髪から剥がれるときに、髪のキューティクルも一緒に落としてしまうので、髪へのダメージが大きくなってしまうのです。

この他に、界面活性剤も含まれていて、これは油分を乳化させてワックスの性質を維持したり、スタイリングしやすくするために使われます。

界面活性剤は、油汚れをおとす洗剤にも含まれているのですが、ワックスの洗い落としが不十分で、頭皮にこの界面活性剤が残ってしまうと、頭皮の保湿に必要な油分まで必要以上に落としてしまい、乾燥やフケの原因になってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、髪につけたワックスの落とし方についてご紹介しました。

ヘアセットには欠かせないワックスですが、しっかり落とさないと大切な髪に相当なダメージを与えてしまうことになります。正しいケアを知り、健康な髪でオシャレを楽しんでくださいね♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク