カップ焼きそばが電子レンジで生麺風になる?その方法とは?

食べ物

ランチや疲れちゃった日のお手軽ご飯として、沢山の人から長年愛されているカップ焼きそば。あなたも食べたことありますよね?

カップ焼きそばが初めて販売されたのは何年かご存知ですか?それはなんと1975年!もう40年以上も前なんですね〜。

すっかりお馴染みのカップ焼きそばですが、最近新しい食べ方が発見され、SNSを始めテレビでも取り上げられるなど、若者を中心にすごい人気となっています。

注目すべきはその食感。あのインスタントらしいあの麺が、生麺風に変化するんです!

「どうやって作るの?」と気になったあなた!これからあっと驚く作り方と、オススメのカップ焼きそばをご紹介しますよ。

スポンサーリンク

電子レンジを使って「カップ焼きそば」を生麺風にする方法☆

新食感カップ焼きそばを作るにあたって通常の作り方と違うのは、レンジで調理をするということ。レンジですよ?明らかに今までの作り方には出てこなかったまさかの家電です(笑)

ではさっそく、生麺風に仕上げるために必要な材料と、その調理方法をご紹介しますね。

《材料》

  • カップ焼きそば  お好みの商品
  • お湯      カップに書いてある量
  • 電子レンジ    500Wもしくは600W

以上!たったコレだけなんです。生麺風にするのに特別な材料はレンジだけ。レンジ以外はいつも通りですよね。

実は生麺風にする秘密は作り方にあるんです!それがこちら。

《作り方》

  1. 表示通りのお湯をカップに入れ、待機時間は1分少なくする。
  2. 時間になったら湯切りをして、容器ごとレンジで500W〜600Wで2分加熱する。
  3. レンジの窓が水蒸気で曇ってきたらもうすぐ出来上がりの合図。
  4. 加熱が終了したら取り出して、いつも通りソースを絡めて完成です。

※カップが熱くなっているかもしれないので気をつけてくださいね。

ポイントは

  • お湯を入れた後の待機時間を1分少なくする。
  • レンジのワット数&加熱時間を守る。

この2つです。

今はコンビニやスーパーのイートインコーナーにもポットとレンジはあるので、お仕事がある日でもお買い物ついででも作れちゃいますね。

合わせて読みたい

https://makeyouhappy.info/2388.html

電子レンジで生麺風にするのにオススメのカップ焼きそばとは?

いつものカップ焼きそばが生麺風になるだけでも十分美味しいのですが、ここでは更に美味しく食べられるオススメのカップ焼きそばを紹介します。

まるか食品株式会社 ペヤングソースやきそば

「カップ焼きそばと言ったらコレ!」と圧倒的人気商品です。昔ながらのカップ焼きそばだからこそ、通常と生麺風に仕上がった時の違いがわかりやすいのがポイント。感動しますよ〜。

エースコック モッチッチ

元々麺がモチモチしているのですが、さらにモチモチ食感になります。モチモチ好きな人って結構多いですよね?今流行りの焼そば専門店のような食感が楽しめちゃいますよ。

日清焼そばU.F.O.

関西で生まれたこの焼きそばの特徴はなんと言ってもソース。関西らしく濃いめのどろソースで後引く美味しさなのです。

マルチャン 俺の塩味

旨味だしがきいている他にはない海鮮塩味。ずっとソース味を食べていて飽き気味な人やソース味が苦手とい人にオススメ。私は結構好きです。

日清焼そばU.F.O. 湯切りなし五目あんかけ風焼そば

カップ焼きそばには珍しい湯切りがいらない商品なので、場所を選ばず調理できる優れもの!

しかも野菜と海鮮の旨味がきいている五目あんかけ風でなので、これが生麺風に変化したらお財布に優しい本格中華が楽しめますね。

スポンサーリンク

明星 低糖質麺 はじめ屋 こってりソース焼そば

女性を中心に注目されている糖質オフがカップ焼きそばでも可能になりました!こってりしたソースなのに嬉しい糖質50%オフ。インスタントなのに罪悪感無く食べられるなんて…進化って素敵(笑)

こちらもオススメ♪

https://makeyouhappy.info/2234.html

まとめ

いかかでしたか?あっと驚くほど少ない材料で簡単な作り方だったでしょ?

いつもの作り方だと良くてしっとり、残念な状態だとべっちょりしてしまいがちですが、レンジで高温加熱することにより水分が一気に蒸発することで、カップ焼きそばとは思えないモチモチの生麺風が楽しめるのです。

試しにやってみた〜って人もあまりの美味しさにすっかりハマっています。一度この調理法の焼きそばを食べてしまうと、普通の作り方の麺だと物足りなくなってしまのだとか。

ぜひあなたも色々試して、お好みの生麺風カップ焼きそばを見つけてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました