パスタにスプーンは日本だけ?海外ではマナー違反ってホント?

マナー

日本でも馴染み深く、子供から大人まで大人気のパスタ。特に女性人気は高くカフェでも欠かせないメニューの一つになっています。

あなたはパスタを食べる時スプーンを使いますか?女性はスプーンを使ったほうが綺麗に巻き取れる・ソースがはねない・見た目も上品。と、使うメリットが多くあります。

デートや白い服の時は特に気になりますし、トマトソース系が跳ねるのは絶対イヤです!トマトソースって本当に落ちないんですよね。何回経験したことか…。

でも本場から見たらこの食べ方はどんな風に思われるのか知っていますか?綺麗に食べられると使っていたスプーンには意外な落とし穴があるかも!?

実際に私がイタリアに行った時の事も交えて書いてありますので、これから本格イタリアンのお店に行く・初めてイタリアに旅行する予定があるなら絶対見てくださいね!

スポンサーリンク

けっこう意外!本場イタリアでのパスタの食べ方。

イタリアの人はパスタもエレガントに食べていそうだからスプーンも使っているんでしょ?と思ったあなた!本場でパスタを食べる時にどうするのが正解なのか、なぜそうするのか見てみましょう。

パスタにスプーンは使わない

イタリアではフォークは日本で言うお箸のような存在。大人にとって使えて当たり前のカトラリー(食卓で使うフォークやスプーン等のこと)なのです。だからパスタにはフォークがあれば十分。スプーンを使いません、というより使わないで食べるのが当然なのです。

そしてもう一つの理由は、イタリアの食事マナーとして音を立てて食べるのはNG。

スプーンの上でフォークを使ってパスタを絡ませる時も少しですがカチャカチャと音がしますよね?一口食べる度にカチャカチャ鳴っていては落ち着きませんし、食事中の会話を楽しむイタリアの方達には耳障りなのです。

実際私がイタリアに行った時もパスタにはフォークしか出てこなかったですし、本格イタリアンに行った時も出てきませんでした。これが普通なのです。

スプーンを使う料理は?

日本人からすると少し驚きなのですが、リゾットを食べる時ですらフォークを使います。そしてマカロニのようなショートパスタも刺さずにすくって食べるのです。

じゃあいつスプーンを使うのか…それは基本的にスープとデザートの時だけです。

【フォークが基本】とわかっていればイタリアンのコース料理でも緊張せずに食べられます。フレンチと比べて気楽に食べられる所がまた好きなんですよね〜。

パスタの基本的な食べ方は?

フォークにパスタ2〜3本を目安で絡め、お皿の手前の部分で時計回りに巻きつけるのが正解。少なくない?と思いますよね。でもくるくる巻いていると数本のパスタはちょうどよい一口サイズになります。

巻いた時に太くなってしまう原因の一つは頂上から多めに巻きつけるから。大きくなりがちな人は、ふもとの部分から少なめに絡め取るといいですよ。

巻きつける本数が多いと上手くまとまらなくなりますし、大きく巻かれたパスタが口に入りきらないからといって途中で噛み切るのはマナー違反です。

というのも長いものを噛み切って食べるのは日本同様、縁起が悪いとされているので、出来る限り小さめの一口サイズを心がけましょう。

さらに噛み切ったものがまたお皿に戻るのは見ていて美しいものではありません。イタリアでは特に、食事中は見ていて不快な行動は避けるべきだというのが芯にあるのでこの行為も禁止です。

スープパスタが出てきたら?

さすがにイタリアでもスープパスタの時はスプーンが出て来ます。

しかし、日本のように左手にスプーン・右手にフォークと両手にカトラリーを持つのは食事に対して欲張っていると思われてしまうので、必ず片手で交互に使いましょう。

海外でスプーンを使用するとこうなる!

実際パスタにスプーンを使うのはイギリスやアメリカから来た食べ方なんです。本場でその食べ方をするとどんな風に見られるのか、実際の海外の反応を少し集めてみました。

  • パスタにスプーンを使うなんて子供か障害者くらいだよ。
  • 店員に言えばもらえるけど「あの人はフォークが使えないんだね」って思う。
  • 田舎者の証になってしまうので使わないわ。
  • 子供でも使わないよ。なんでフォークだけで食べられないの?
  • パスタにスプーンを使うなんて大罪だ。

と、かなり厳しいコメントです…。

スポンサーリンク

しかし、例えて言うなら海外から来た方が日本の伝統の寿司をフォークで食べているようなもの。本場の人からしたら違和感しか無いですが「カトラリーが上手く使えないのだから仕方ない」という見方になってしまうのはわかる気がしますね。

一緒に旅行した友人はパスタの時にスプーンが出てこないことに驚いていました。

本場からしたら当たり前のことなのですが、「どうしても食べづらい!」とスプーンを持ってきてもらうことに。店員さんは「なぜスプーンが必要なんだ?」って首を傾げながら取りに行ってくれました。

そしてスプーンを使って食べる友人を見て半笑いで肩をすくめていたので、本場からすると本当に謎の食事スタイルのようです。海外の方は反応がストレートなのでわかりやすいですね。

まとめ

いかがでしたか?日本では当たり前になっていますが、本場では「何故必要なのかわからない」といった反応になってしまいます。

これからイタリアに行く人や本格イタリアンに行くと決まっているなら、フォークのみで食べるようにしておいた方が当日も気負わず食事が出来ると思います。

もしコースでスプーンがあったとしてもスープやデザート用であることが大半なので、うっかりパスタで使ってしまわぬように(笑)

と言ってもイタリアは陽気な方が多いので、そこまできっちり構えなくても大丈夫。イタリアで忘れちゃいけないのは食事を楽しむことです!

「ちゃんとしなきゃ」と身構えて黙々と食べるのではなく、楽しく会話をしながら美味しいイタリアンを堪能しましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
sakura

2歳と9歳の子を持つママです。下の子が食物アレルギー(三大アレルギーすべて!)なので、いかに美味しいものを食べさせてあげるか、日々奮闘しています。

sakuraをフォローする
マナー
ぷちねっと