おみくじで凶が出たら神社に結ぶ?悪い運をはらうための正しい対処法。

趣味・教養

神社へ行くとおみくじを引く人も多いですよね。ふだんはおみくじを引かないあなたも、初詣では一年の運勢を占うためにおみくじを引くのでは?

おみくじには大吉、中吉、小吉などいろいろな運勢がありますが悪いといわれる「凶」が出た場合って、どうしたらいいのか悩みますよね。おみくじで凶が出た場合の対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

おみくじで凶が出たら結ぶ?持ち帰る?どうするのが正解?

神社でおみくじを引いたとき、結果にかかわらず神社の木などに結んで帰る人が多いと思います。

運試しとしておみくじを引くことが多いと思いますが、おみくじの結果は神社でお願いごとをしたことに対する神さまからのメッセージです。

おみくじの種類によってはとても難しい言葉で書いてあって内容を理解しにくい場合もありますが、吉凶の結果そのものよりもおみくじに書いてあることをよく読むことが大事です。

おみくじは持ち帰るのが正解

おみくじは神さまからのメッセージなので、結んで帰るよりは持ち帰って大切に保存し、たびたび読み返すのが正解。

でも、「凶」が出た場合は持っているとなんだか悪いことが起こりそうで、持ち帰りたくない…と思うかもしれません。凶の場合でもおみくじは持ち帰り、読み返して自分の行いへの戒めとするのがおすすめですが、どうしても持ち帰りたくない場合は境内に結んで帰ってもOKです。

凶のおみくじの悪い気を木に結ぶということで、悪いものをはらうという風習もあります。”結ぶ”という行為が神さまとの縁を結び、木の生命力で運気が上昇するといわれていますよ。

また、おみくじを結ぶときに利き手と逆の手で結ぶと「難しいことをやってのけた」ことにより、凶が吉に変わるともいわれます。

神社によっては木に結ぶことを禁止している場合もあるので、境内におみくじを結ぶ場所がない場合はあきらめて持ち帰りましょう。

持ち帰ったおみくじはどう扱うの?

おみくじを持ち帰った場合は、財布や手帳などに入れていつでも読み返せるように持ち歩くのがいいといわれます。何かに悩んだときや困ったとき、神さまからのメッセージを読むと落ち着いて行動できそうですよね。

持ち帰ると処分に困る…という場合もあるかと思いますが、おみくじを手放すときは神社でのお焚き上げに出すか、改めて神社を参拝したときにおみくじを結ぶなどしましょう。

おみくじはただの紙ではなく、神さまからのメッセージなのでゴミとして処分するのは不適切ですよ!

おみくじで凶が出ると今年1年どうなるの?

”おみくじは結果にかかわらず持ち帰って内容をたびたび読み返すもの”ということがわかりましたが、凶が出た場合に一年間の運勢がどうなるのか気になるところです。

初詣で凶のおみくじを引いた場合は、年の始めからどんよりした気分になりそうですが凶は悪いことばかりではないって知っていますか?

凶のおみくじ、実はラッキー?

凶のおみくじはなんだか悪いことが起こりそうな、一般的にはとても縁起の悪いものというイメージですが、実はそうではなくラッキーなものであるという考え方もあります。

おみくじの吉凶の中でも最低ランクの凶は、凶を引いたときが運勢のどん底なので、これから運が上向いていくともいわれます。

反対に、おみくじが大吉の場合はそれ以上のものがないため、これから運が下降するともいえます。初詣で大吉を引いたからといって、浮かれてばかりはいられませんね。

神さまからの励まし

凶のおみくじを引いたとき、「凶」という文字にぎょっとしますが内容をよく読むと悪いことばかりが書いてあるわけではありませんよね。

これまでの自分を振り返って反省することや、これからはこうしたほうがいいよ、というアドバイス的なことが必ず書いてあります。

スポンサーリンク

凶のおみくじをきっかけに今までの行いを改めることで、これからの運気が上向いていくでしょう。凶のおみくじは、まさに神さまからの励ましのメッセージです。

おみくじに期限はない

おみくじには”いつからいつまでの運勢”、という区切りがありません。一年間の運勢と思って引いた場合は一年間、今日の運勢と思って引いた場合はその一日がおみくじの有効期限となり、完全に自分次第です。

一年間の運勢と思って引いた場合でも、おみくじの結果は未来の運勢の予言ではないので、現在の自分の状況とおみくじの内容を照らし合わせてこれからの生活の指標にすればいいだけです。

また、おみくじはいつ処分するという期限もありません。新しいおみくじを引いたときに古いおみくじを手放す、内容が自分にあっているのでずっと持っていたいなど、やり方は自由です。

まとめ

神社に参拝するとついつい引いてしまうおみくじですが、吉凶の結果よりも実は書いてある内容のほうが大事なものなんです。

運勢はつねに上向いたり下降したりと、波があるもの。結果に一喜一憂せず、凶のおみくじを引いた場合でも落ち込まずに神さまからのメッセージとして大切にしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました