お盆やお彼岸になってくると、気になるのがお墓のお掃除ですよね。

親の世代がやってくれていた間はお気楽でしたが、代が替わって今度は自分がお墓掃除をしなくちゃいけなくなったときには、「どうしたらいいの?」「そもそもやり方がわからない!」と焦ってしまいますね。


このページでは、そんなあなたのために、お墓掃除の基本についてご紹介します。
ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

お墓掃除の方法

植木や雑草のお手入れ


お墓に植木があったり雑草が生えている場合は、墓石を洗う前にお手入れをしましょう。


植木は、植木バサミを使って葉を切りそろえます。
雑草は、100均などで売っている鎌を使って綺麗に取ります。

落ち葉などがあるときには、ほうきで掃いて綺麗にしましょう。

墓石のお掃除

洗剤はNG

お墓の石は、一見ツルツルしていますが、実は無数の小さな穴が空いており、水分を吸収しやすくできています。
なので、専門の知識のない素人が、勝手な判断で洗剤を使用すると、せっかくの墓石にシミやキズを作ってしまいかねません。
そうなると取り返しがつかないことになりますので、私たちがお掃除する時には、洗剤は使わずに水洗いでお掃除するのが基本です。


水をかけながら、上から下に向かって雑巾や柔らかいスポンジで拭いていきます。
故人の身体を拭いてあげるような気持ちで丁寧に行いましょう。

金属のタワシはNG

墓石は石ではありますが、金属のものや固いタワシなどでこすると、表面に細かいキズがつき、そのキズに汚れが付着することによって、逆に汚れが落ちにくくなってしまいます。柔らかい雑巾やスポンジを使いましょう。


彫刻の文字などの細かい部分は、毛が柔らかいブラシを使用するか、軍手の指で洗うとやりやすいです。

最後はキレイに拭き上げる

濡らしたまま放置すると、その水分に大気中の汚れが付着します。
お墓を洗ったあとは、洗車したあとの車を拭くように、綺麗に水分を拭き取ってください。

汚れの種類

墓石の汚れには、大きく分けて2種類の汚れがあります。

  • 日々の汚れの蓄積
  • 経年変化

日々の汚れ

日々の汚れにはこのようなものがあります。

  • 花立の回りの水の溜まりやすい場所にできる水垢・黒ずみ
  • 風通しの悪い場所に生えるコケやカビ
  • お酒やジュースなどの水分がしみ込んでできるシミ

これらは、こまめなお掃除をしていれば、いつまでもお墓がキレイに長持ちします。

墓石の経年変化

基本的にすべての石は経年変化をしていきます。
神社や寺院の石の灯籠などもそうですが、これは汚れとは違い、長い年月を感じさせる「わびさび」になったり、味を出す要因になるものなので、お掃除でキレイにする対象ではありません。

スポンサーリンク

金属部品のお掃除

花立や線香皿などの部品は取り外して水洗いします。花立は細長いので、柄付きのスポンジがあると便利です。


キレイになったお皿にお線香をあげ、キレイになった花立に、新しいお花を活けてあげましょう。

高圧洗浄機でお掃除するのはどうなのか?


高圧洗浄機は、水圧で汚れを落とすので、短時間で洗浄を行うことができ、おすすめです。
ただし、彫刻文字などの細かい部分や、墓石が劣化している部分などは、損傷してしまうことがあるので注意が必要です。


(参考)高圧洗浄機でお墓を洗ってみました

お墓掃除の持ち物

以上、お墓のお掃除の方法をご紹介しましたが、この方法でお掃除するための持ち物は以下の通りです。

  • 雑巾やタオル
  • 軟らかいスポンジ
  • 毛の軟らかいブラシ
  • ゴミ袋
  • ほうき、軍手、鎌、植木バサミ(必要であれば)
  • お花(生けるよう)
  • お線香、マッチ類

また、夏場の暑い時でしたら、以下のものがある方が役立ちます。

  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 帽子、飲みもの

お墓掃除の代行料金の相場

お墓が遠い場合や、小さい子がいてお掃除に行けない場合、または、ふだんのお掃除以上のクリーニングをお願いしたい場合には、代行のサービスもあります。


某代行業者の価格は以下の通りでした。参考になさってください。

お掃除代行

普段のお墓掃除の代行
11,000円より

クリーニング

普段のお掃除では落とせない頑固な汚れを綺麗にする
18,000円より

磨き直し

汚れている表面を削って綺麗にする。新品のように綺麗になるが、リフォームのように大掛かりになる
20万円より

まとめ

お墓のお掃除と言うと、仰々しく考えてしまいがちですが、要は、ふだんのお庭のお手入れのような感覚でできるものなんですね。
あまりオーバーに考えずに、気軽にこまめにお掃除をしてあげて欲しいと思います。


スポンサーリンク