アイスクリームでダイエット!選び方は?食べるタイミングは?

ダイエット、スポーツ

「アイスクリームを食べて痩せられるなんて、そんな夢のようなダイエットがあるの?」…あります!アイスクリームを食べるだけで、簡単にダイエットが出来ちゃうんです。

アイスクリーム好きには、またとないダイエット方法ですよね。とは言っても、ただ単にアイスクリームを食べていればダイエットが成功するというわけではありません。

アイスクリームの種類、食べる時間帯によってダイエットの効果が目に見えて変わってきます。ほんの少しのポイントさえ意識してアイスクリームを食べていれば、簡単にダイエットが出来ちゃいますよ。

ダイエットに適しているアイスクリームや1番痩せる時間帯、アイスクリームダイエットのポイントをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アイスクリームダイエットをするのに適しているのはどんなアイス?

「アイスクリーム」と一括りに言っていますが、アイスクリームは4種類に分類されます。

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓

4種類のアイスクリームの中で、ダイエットに適しているのはどの種類だと思いますか?

カロリーが低そうな「氷菓」と思われがちですが、大きな落とし穴なんです!実はハーゲンダッツや牧場しぼりのような「アイスクリーム」が1番ダイエットに適しているんですよ。

その理由を解説していきます。

「アイスクリーム」がダイエットに適している理由は?

アイスクリームは原材料にしっかりと乳製品を使用していますが、アイスミルクやラクトアイスは乳製品が少なく、植物性脂肪や糖分などを代用してアイスクリームの風味や食感を再現しています。

そのため、ラクトアイスとアイスミルクはアイスクリームに比べてカロリーが高いアイスクリームなんです。

氷菓はカロリーだけを見ると比較的低いのでダイエットに良いと思われがちですが、乳脂肪分がほとんど含まれていないので、満足感が得られないというデメリットがあります。氷菓だけでは物足りないので、アイスクリームダイエットにはあまり向いていません。

アイスクリームはカロリーが高いのですが、乳脂肪分は栄養が豊富なのでダイエットに適していると言われています。

購入するときはアイスクリームの容器に載っている「種類別」の欄を見て、「アイスクリーム」と表記されているアイスを選びましょう。さらに「乳脂肪分が12%以上」のアイスクリームがおすすめです。

スポンサーリンク

アイスクリームを種類別に徹底比較!

アイスクリームを種類別に分けても、実際そこまで違いがあるようには見えないですよね。では、一体何が違うのか比較していきましょう。

アイスクリーム

(100gあたり)

  • カロリー:180kcal
  • 乳固形分:15%以上
  • 乳脂肪分:8%以上

乳固形分と乳脂肪分が一番多く含まれているのが「アイスクリーム」です。

乳成分が多いのでミルクの風味がとても感じられます。代表的なアイスはハーゲンダッツやピノ、MOW、牧場しぼりなどです。

アイスミルク

(100gあたり)

  • カロリー:167kcal
  • 乳固形分:10%以上
  • 乳脂肪分:3%以上

アイスクリームよりも乳成分が少ないのですが、脂肪分を補うため植物性脂肪が配合されていることがあるのが「アイスミルク」です。

アイスミルクの種類によっては、アイスクリームよりもカロリーが高い場合があります。代表的なアイスはジャイアントコーンや雪見だいふく、チョコモナカジャンボなどです。

ラクトアイス

(100gあたり)

  • カロリー:224kcal
  • 乳固形分:3%以上
  • 乳脂肪分:-

アイスミルクと同じように乳由来の成分は少ないですが、その代わり植物性脂肪が多く使われている「ラクトアイス」。低カロリーというわけではないので注意が必要です。

代表的なアイスはス-パーカップやパナップ、爽、パピコ、クーリッシュなどです。

氷菓

(100gあたり)

  • カロリー:129kcal
  • 乳固形分:3%未満
  • 乳脂肪分:-

果汁を凍らせたアイスキャンディーやシャーベットのことを「氷菓」としています。代表的なアイスはガリガリ君やスイカバー、アイスボックスです。

ダイエットをするのに、食べるタイミングはいつがベスト?

アイスクリームダイエットをするとき、食べるタイミングは「朝・昼・夕」どのタイミングがベストなのでしょうか?

正解は、「朝」です。朝にエネルギーを摂ることで脳が活発に働いてくれます。そのため、午前中からエネルギッシュに活動できます。仕事でも家事でも、集中力が持続して効率よく回せるんですよ。

朝ごはんの置き換えとしてアイスクリームを食べるのがおすすめです。夜は代謝が悪くなるので、朝に食べられなかった日は15時までに食べておくと効果的です。

食べる量は1回に80〜120gを目安とします。

アイスクリームダイエットといっても食べ過ぎは禁物です。そして身体が冷え過ぎないように、暖かい食べ物や飲み物と一緒に食べるようにしましょう。

合わせて読みたい

そうめんダイエットの口コミは本当か?その実態を分析してみた
夏になると食べたくなるそうめん。これが最近「そうめんダイエット」としてちょっとした人気を出しています。きっかけはある有名な女性歌手がそうめんダイエットで痩せた!ということを公表したかららしいです。そうめんって美味しいですし、もし本当に痩せる効果があるなら嬉しいですよね。今日は、そうめんダイエットの効果や真偽をお話していきます。

アイスクリームダイエットで気を付けるポイント

アイスクリームの味は「バニラ」が最適

アイスクリームにはたくさんの味がありますが、バニラアイスに含まれる「バニリン」がダイエットにとても効果的なんです。

バニラ以外の味のアイスクリームには、糖質や乳脂肪以外の脂肪が多く含まれています。そのため、どうしても乳脂肪分が少なくなるので注意が必要です。

含まれているカルシウム量もバニラアイスの方が多いので、なるべくバニラアイスを選ぶと良いですよ。

コーンのついたアイスは食べない

説明しなくても分かる通り、コーンがつくことでカロリーが増えてしまいます。なので、アイスクリームを食べるときはカップを選びましょう。

食べるのは1日1つ

あくまでもダイエットなので、アイスクリームをたくさん食べれば痩せるというわけではありません。もちろん、食べ過ぎれば逆効果です。

1日1つのアイスクリームを朝、食べることで初めてダイエットとして成り立ちます。食べる量も意識しましょうね。

温かい飲み物と一緒に食べる

身体を極端に冷やさないように温かい飲み物と一緒に食べましょう。

飲み物は、糖分などの無いノンカロリーの物にしましょう。ハーブティやウーロン茶など、ダイエット効果がある飲み物は特におすすめです。

お腹が弱い人は要注意

朝食を摂るとお腹を壊してしまったり、急に冷たいものを食べるとお腹を壊してしまったりする人には、アイスクリームダイエットは向いていません。

体質的に冷たいものの刺激に弱い人にとって、逆効果になる可能性もありますので、まずは体調の優れた日に試してみるのも良いですね。

こちらもオススメ♪

永遠のテーマ!「ダイエット」関連記事まとめ
ダイエットは女性にとって永遠のテーマですよね。ウォーキングやプールなど、気になりませんか?そんな気になるテーマを集めてみました。どうぞゆっくりご覧ください^^

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝、アイスクリームを食べるだけで良い簡単で幸せなダイエット「アイスクリームダイエット」、アイスクリームに低カロリーなナッツやドライフルーツをトッピングして楽しむのも良いですね。

我慢し過ぎず楽しみながらダイエットを乗り越えていきましょう!是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました