赤ちゃんはいつから一緒に飛行機に乗れる?子連れ飛行機の失敗談とは?

子供・育児

もうすぐ楽しい夏休みがやってきます!新しい家族が増えて、遠く離れた故郷まで初めて飛行機で帰省するという方もたくさんいますよね。

でも「まだ小さい赤ちゃんがいるけれど、一緒に飛行機に乗ることはできるの?」なんて悩んでいませんか?

わかります!私も子供がまだ赤ちゃんの頃に飛行機で海外へ行ったことがあるんです。どうなるのかドキドキしましたよ~。

せっかく計画を立てたのに赤ちゃんが乗れなかったら大変!飛行機は一度乗ってしまったら途中で降りることはできないし、ちゃんと調べて準備しておかないとママも赤ちゃんもツラいし、周りの人も困りますよね。

この記事では、0歳児を連れて海外へ行ってきた私が、赤ちゃんが飛行機に乗れる時期と赤ちゃん連れの飛行機体験談をご紹介します。

これを読んで、あなたも赤ちゃんも笑顔で飛行機の旅をしてくださいね。

スポンサーリンク

初めての飛行機移動。赤ちゃん連れはいつから一緒に乗れるの?

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?

まず気になるのは、赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか?というところですよね。

JALとANAでは、生後8日未満の赤ちゃんは搭乗できません。つまり、生後8日目以降であれば飛行機に乗ることができるんです。

ただ、生後間もない赤ちゃんを飛行機に乗せるのは、心配なことがたくさんありますよね。
ママも不安が大きいと思います。

できれば少し余裕を持って、生後1ヶ月以降に飛行機に乗るように計画を立てるのがおすすめですよ。

赤ちゃんも航空券が必要?

国内線と国際線とで異なります。国内線を使って帰省される方が多いので、国内線の場合をご紹介しますね。

JALもANAも、2歳までは大人の膝の上に乗せる場合、航空券は不要です。つまり座席を使わなければタダなんです。

まだ歩けない赤ちゃんなら、座席を取っても抱っこしかしなかった~なんてことになるかもしれません。

私は海外へ行った時、赤ちゃん用の座席は取りませんでした。8時間のフライトでも、膝の上だけで困ることはありませんでしたよ~。

合わせて読みたい

https://makeyouhappy.info/5126.html

先輩ママに聞いてみた!赤ちゃん連れの飛行機移動の体験談5選

忘れ物をして後悔…(20代ママ)

初めての飛行機に乗った0歳の赤ちゃん。準備はしていったけれど、赤ちゃんが大泣きしてしまいママはパニックに…。

「お気に入りのおもちゃを用意していったけど、もっといろんな種類のものを用意しておけばよかった」と思ったそうです。

また、「大泣きしてスタイがびしょびしょになっちゃったけど、替えを持っていなかったから濡れたままでかわいそうだった」ということも。

赤ちゃんが泣かないための対策と、それでも泣いてしまった時の対策、両方準備しておくと安心ですね。

とにかく食べさせる!(30代ママ)

「食べるのが大好き」という1歳の男の子。大好きなおやつを持参して「ずっと食べていたからご機嫌」だったそうです。

食べることが好きなら、お気に入りのおやつを持っていくのは効果的ですよね。うちの子も食べることが好きなので、飛行機に限らず出かける時はいつもおやつを持っていきますよ。

兄弟ゲンカ勃発!(30代ママ)

初めて飛行機に乗った1歳と3歳の兄弟。機内サービスでおもちゃをもらったけれど、兄弟で違う種類のおもちゃだったために取り合いのケンカが勃発!

「下の子が泣きだして、周りの目も気になるし、とってもつらかった」というママ。せっかくの機内サービスが、逆効果になってしまうこともあるんですね~。

わが家も男の子2人なので、兄弟ゲンカは日常茶飯事。違う種類のおもちゃやお菓子を与えると、かならずケンカになります。

子供が泣くと周りの方の迷惑になってしまうこともあるので、ママは気が気じゃないですよね。

待ち時間であきた(30代パパ)

子供と一緒だと、普段より余裕を持って行動しておきたいですよね。「搭乗時間よりかなり早く空港に着いたら、待ち時間が長すぎて子供があきてしまった!」というパパ。

スポンサーリンク

機内のことはいろいろ対策を考えるけれど、見落としがちなのが搭乗までの空港での過ごし方。どこでどうやって過ごすのか、考えておく必要がありますね。

私の体験談

最後に、私が10ヶ月だった息子を連れて飛行機に乗った時の体験談をご紹介します。

私も余裕を持って早めに空港に着いたんですが、飛行機のトラブルで搭乗が2時間も遅れてしまったんです。どうやって時間を潰そうか、とっても悩みましたよ~。

結局、子連れで入りやすいファストフードでしばらくのんびりした後、キッズコーナーで子供を遊ばせました。

夜のフライトだったことと、遊んで疲れたおかげで、息子は機内で着席と同時に就寝。なんとそのまま着陸まで、私の膝の上で8時間爆睡でした!

泣いたり暴れたりしなかったのは助かったけれど、8時間身動きが取れなかった私は旅行中ずっと腰痛に悩まされました…。

帰りはずっと起きていたけれど、準備したおもちゃと機内でやっていたアニメのおかげで、終始ご機嫌でしたよ。

こちらもオススメ♪

飛行機で耳が痛くならないための対策法!効果てきめんの方法はコレ。
旅行や帰省、お仕事で出張などでどうしても飛行機に乗る必要がある場合ってあります。その時に憂鬱なのが耳が痛くなることです。これ本当につらいんですよね。私は、とくに耳の痛みがひどくて飛行機が苦手でした。しかし、新婚旅行で飛行機にどうしても乗る必要があった時に実践したあることのおかげで耳の痛みが改善されたので早速お話します。

まとめ

JAL・ANAの場合、生後8日目以降なら赤ちゃんも飛行機に乗ることができます。でも新生児を飛行機に乗せるのはちょっと心配なので、生後1ヶ月以降に計画を立てるのがおすすめですよ。

機内だけではなく、空港での過ごし方も考えておきましょう。しっかり準備をして、楽しい思い出を作ってくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました