メルカリでの売り方のコツは何?少しでも多く儲けるにはどうする?

生活全般

最近話題となっているフリマアプリ「メルカリ」。テレビCMでもよく見かけるようになりましたよね。

ネットオークションとは違い、自分で売りたい金額を設定できたり、フリーマーケットでの売り方に近い感覚でやり取りできるメルカリならではの手軽さが人気の秘訣でもあります。

不用品だとしても、売るからにはより多く儲けたい!誰もがそう思っていますよね。私もその1人です。せっかく出品したのに、なかなか売れずに結局安い値段設定をしてしまったり…。メルカリで売れたとしても、儲けまで出すことって結構難しいんですよね。

安い値段設定にしてばかりいては、配送代や手数料で全然儲けがなくなってしまいます。そうならないためにも、メルカリの売り方を工夫していきましょう。

この記事では、メルカリの売り方のコツや、多く儲けるためのポイントをご紹介していきます。これを読んで、断捨離をしながら儲けられる方法を習得しちゃいましょう。

スポンサーリンク

メルカリの売り方で一番大事なコツとは一体何なのか?

商品の紹介文を丁寧に書きましょう。

メルカリで出品する商品のほとんどが「中古品」となります。新品であったとしても、一度他の人の手に渡った商品ですよね。

そんな、保証のない商品を購入するにあたって、安心して購入出来るかどうかは重要なポイントのひとつです。購入を検討してくれている相手を安心させるためには、商品の紹介文を丁寧に書くことが大切です。

ただし、丁寧に書くことと、長ったらしく書くことは全くの別物です。商品の基本的な情報に加えて、使用方法や使用感など知りたいであろう情報を的確に紹介しましょう。

商品の写真をきれいに撮りましょう。

商品の写真は、購入を検討している相手が商品の見た目を判断する唯一の手段となります。そのため、「商品全体が見えにくい写真」などは、「買いたい!」という気持ちにはなりません。

そして、商品だけでなく、壁または床など商品の背景となる箇所が汚れていたり、不衛生だと認識された場合、それもまた買う意欲が失せてしまうものです。

そうならないためにも、「清潔な背景」「自然光での撮影」「(ほつれやタグなど)詳細部分まで写っている」など、自分自身が購入者の立場に立ったとき、どういった情報を写真で知りたいか考えることが大切です。

価格設定のハードルを上げ過ぎないようにしましょう。

メルカリで商品を出品するときに、キーポントとなるのが「価格設定」です。

「儲けたい」「高値で売りたい」とばかり考えてしまい、商品に見合わない金額を設定していては、売れる商品も買ってもらえません。

大切なポイントは、「自分が購入するならこのくらいの価格かな。」ということです。そして、商品の相場もリサーチしておくと、今後の出品に役立つことでしょう。

商品が売れない場合は「再出品」してみましょう。

「再出品」とは、メルカリに一度出品した商品を削除してから、改めて出品し直すということです。

「なぜ、こんな手間のかかったことが大事なコツなの?」と疑問に思う方もいると思います。実は、メルカリで販売されている商品の50%が24時間以内に購入されているんです。びっくりですよね。

メルカリのしくみとして、商品の表示方法が「新着順」となっています。そのため、購入を検討している相手の目につきやすい「新着商品」であればあるほど、売れやすい傾向にあるんですね。

そのため、一度出品した商品を改めて再出品することで新着商品へと変わり、売れる確率がグンとあがります。5~10日経っても売れない場合は、再出品してみても良いのではないでしょうか。

商品検索のキーワードを工夫しましょう。

メルカリに限らず、ネットで何か欲しい商品を購入する場合、あなたはまず何をしますか?まず初めにすることと言えば、「商品検索」ですよね。

メルカリでも商品検索は頻繁に使われる機能です。その商品検索に上手くヒットするように、キーワードを工夫することが上手な売り方のポイントとなります。

メルカリで商品を出品するときに、商品の情報だけではなく、色やブランド名、商品カテゴリーなど、さまざまなキーワードを「#(ハッシュタグ)」を付けて入力しておくことで、より多くの相手に商品を見てもらうことができますよ。

メルカリの売り方で儲けるために気を付けるべきポイントとは?

出品する時期や時間帯を意識しましょう。

メルカリは、新着順に商品が表示されます。そのため、「売れやすい時期や時間帯の新着順」に商品が表示されていれば、必ずと言って良いほど売れるんです。

スポンサーリンク

では、売れやすい時期や時間帯はいつなのでしょうか?

売れやすい時期は、クリスマスなどの「イベントシーズン前」や多くの人がお休みの「日曜日」、そしてお給料が入ってお財布がゆるい「月末」です。売れやすい時間帯は、夕食や入浴後の「21時〜22時」、そして就寝前の「22時~0時」です。ですので、商品を出品するときは時期や時間帯を意識してみましょうね。

価格設定は、「3,000円未満」がねらい目です。

メルカリユーザーの平均年齢は思ったよりも若く、中でも女性がとても多いんです。特に女性は価格設定にとても敏感ですよね。

そして、フリマアプリであるメルカリを利用しているということは、「中古品でも良いから安く買いたい。」と思っているユーザーがほとんどです。

そのため、価格を3,000円以上に設定してしまうと、急に高額に感じてしまう傾向があります。

メルカリの最低価格は300円ですが、儲けのことも考えると「500円~2,000円」ほどがベストな価格設定となります。

「発送方法」を工夫しましょう。

メルカリで出品した商品が売れた場合、販売手数料という手数料が掛かります。

販売手数料は、出品金額に関係なく10%が掛かることになっているんです。例えば、1,000円の商品が売れた場合、100円が販売手数料として掛かるため、手元に残る金額は900円となる計算です。

そのため、売り方だけでなく、少しでも発送方法を安くすることで、余計な出費とならないよう工夫する必要があります。

メルカリで出品するときに配送料の負担を「着払い(購入者負担)」に設定している場合は気にする必要はありませんが、「送料込み(出品者負担)」と設定している場合はその商品に合った発送方法を選んで、少しでも損をしない工夫をしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?メルカリでの売り方のコツや、より多く儲ける方法が分かれば、あとは実際に商品を出品するのみです!これらの売り方を意識して、たくさん儲けちゃいましょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました